仙台校内検索

No.58
経営未来塾 中小企業のためのオープンイノベーション研修

受付中
研修日程
2018年11月27日(火曜)
~2018年11月29日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
31,000円
定員
20名
対象
経営者, 経営幹部
場所
仙台校

研修のねらい

地域の中小企業者にとって、震災からの復興は、従前の事業に戻すだけではなく、新たな技術獲得や事業創出など、革新的な変化(イノベーション)と起こす機会でもあるが、自社の経営資源だけでは起こすことが難しいと感じつつも、外部の技術やアイデアの導入には躊躇してしまうのが実状であります。
本研修では、意図的かつ積極的に自社と外部の技術やアイデアを出入れさせ、その結果自社に起きたイノベーションを外部に展開し、新たな市場機会を見出すオープンイノベーションの考え方とその実践法を、事例研究を交えて学ぶとともに、自社における展開プランづくりを行います。

研修の特長

  1. 基調講演(オープンイノベーションの新潮流)
  2. 事例研究(意図的かつ積極的な開示でチャンスにつなげる)
  3. オープンイノベーションの仕組みづくり
  4. 公開の方法と留意点、自社の展開プラン検討(演習)

このような方におすすめ!

  • 自社内での技術等のイノベーションに難しさを感じている方
  • オープンイノベーションの仕組みを取り入れたい方

カリキュラム

11月27日(火曜)

9時30分~17時30分
(昼休1時間)
内容:
1.基調講演(オープンイノベーションの新潮流)
  • 改善とイノベーション
  • オープンイノベーションの定義
  • オープンイノベーションの新潮流
 
2.事例研究(意図的かつ積極的な開示でチャンスにつなげる)
  • 動画、ケース教材等を使用
  1. 展示会による公開と用途開発
  2. Webによる公開と専門知識獲得

11月28日(水曜)

9時00分~18時00分
(昼休1時間)
内容:
3.オープンイノベーションの仕組みづくり
  • 調達と流通の設計
  • 生産性向上
  • セレンディピティ(偶然をきっかけに、幸運に変える力)

11月29日(木曜)

9時00分~16時00分
(昼休1時間)
内容:
4.公開の方法と留意点
  • 知的資産や権利の防衛
 
5.自社の展開プラン検討(演習)
  • 自社におけるオープンイノベーションの進め方(目的・対象、仕組み・方法)

講師プロフィール

鈴木 たすく
(すずき たすく)
合同会社タスクマネジメント 代表社員

税理士法人勤務を経て、東日本大震災後に仙台にて独立。中小機構震災復興支援アドバイザー、商工会・商工会議所のエキスパート等の専門家としても活躍。特に資金繰り支援や財務分析、管理会計など財政面でのコンサルティングには定評があり、セミナー講師としても幅広く活躍中。「中小企業の“街のお医者さん”」がモットー。

渡辺 進也
(わたなべ しんや)
有限会社まる進 代表取締役 中小企業診断士

仙台市出身。大学在学中により父親の急逝により、19歳で家業を事業承継。その後、中小企業診断士の資格を取得する。2007年に経営革新計画の承認を受け、その計画に基づき、自社をV字回復させる。現在は、自らの経験をもとに、資金繰り、売上げアップなどの成長戦略を支援している。また、経営計画策定支援、経営改善・経営革新など支援実績を多数有している。中小機構震災復興支援アドバイザー、商工会・商工会議所のエキスパート等の専門家として活躍中。

お問い合わせ

中小企業大学校 仙台校研修担当
Tel: 022-392-8811
Fax: 022-392-8812
Mail: sen-kenshu@smrj.go.jp