仙台校内検索

No.19
成果を出す新規顧客開拓

受付終了
研修日程
2017年10月3日(火曜)
~2017年10月5日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(20時間)
受講料
28,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
場所
仙台校

研修のねらい

今日の経済環境において一定の売上高を確保していくためには、新規顧客へも積極的にアプローチして商談成立を実現していかなければなりません。本研修では、その“新規顧客開拓”で成果を上げるために工夫された営業手法を学び、これを戦略的に組織で実現するためのステップを理解した上で、自社用の戦略的営業ツールを検討、作成していただきます。

研修の特長

(1)顧客から選ばれるための仕組みとは
(2)ステージ別顧客への対応の仕方
(3)新規顧客との商談成立を実現するためのツール
(4)自社の営業ツール検討と作成

カリキュラム

10月3日(火曜)

9時40分~17時40分
(昼休1時間)
客から選ばれるためのしくみとは(ステージ別顧客への対応の仕方)
内容: 新規顧客との商談成立を実現するためのツール (講義)

ここでは、顧客に選ばれている企業とは、どういうものなのか?を事例を交えながら学んで頂きます。また、お客様をステージごとに分けて考え、そのステージに応じた対応の仕方を学んで頂きます。

・企業の意思決定権者へアプローチ
・決定権者の興味・関心をひくためのアプローチ方法と営業スキル
・新規顧客の心に近づき自社に興味を持ってもらう
・ニーズを的確にとらえた自社商品・サービスの効果的な「利用方法」の提案
・新規顧客と商談成立を実現するために有効となる営業ツール

10月4日(水曜)

9時40分~17時40分
(昼休1時間)
自社の営業ツール検討と作成 (演習)
内容: これまでの講義内容を踏まえて、自社のホームページなどを活用し、自社にあった営業ツールの検討と作成をしていただきます。

・自社の営業時に使用している資料(パンフレットや営業資料)を活用し、自社にあった営業ツールの検討と作成。
(プレゼン作成ソフト「PowerPoint」と画像処理ソフトを使用します)

10月5日(木曜)

9時00分~16時00分
(昼休1時間)
自社の営業ツール検討と作成 (演習)
内容: これまでの講義内容を踏まえて、自社のホームページなどを活用し、自社にあった営業ツールの検討と作成をしていただきます。

・自社の営業時に使用している資料(パンフレットや営業資料)を活用し、自社にあった営業ツールの検討と作成。
(プレゼン作成ソフト「PowerPoint」と画像処理ソフトを使用します)

講師プロフィール

吉見 範一
(よしみ のりかず)
日本営業ツール研究所 所長

神奈川県予防医学協会、東京都電機健康保険組合を経て、書籍・教材販売会社に入社。初年度からいきなり全国でトップクラスの成績を収め、その後電器部品メーカーで新規の販路開拓営業を開始。わずか半年でそれまでの顧客数を10倍にしたことから“新規開拓の神様”と呼ばれるようになる。現在では、日本で初の営業ツール専門のコンサルタントとして、講演活動、執筆、コンサルティングなどで活躍中。

備考

※カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。 

お問い合わせ

中小企業大学校 仙台校研修担当
Tel: 022-392-8811
Fax: 022-392-8812
Mail: sen-kenshu@smrj.go.jp