三条校内検索

No.44
物流改善の考え方・進め方

受付中
研修日程
2019年10月16日(水曜)
~2019年10月18日(金曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
31,000円
定員
30名
対象
経営者, 経営幹部
・倉庫業、トラック運送業、物流戦略を見直したい製造業者
場所
三条校

研修のねらい

人手不足が深刻化する一方、IoTやAIをはじめとした技術革新やeコマースによる物流量の拡大といった経営環境が変化する中で、自社の業務改革や原価管理体制を強化し、収益力を高めるとともに、サプライチェーンの中での自社の位置づけを考察し、将来のあるべき姿を検討する必要があります。
本研修では、物流業界を取り巻く環境の変化と今度の動向を理解した上で、業務効率化に向けた現状把握として物流コストの算出方法を学びます。
また、管理と改善の視点から自社の物流改善の方向性を検討します。

研修の特長

  • 事例を通じて、ICT活用や働き方改革への対応の仕方を学びます。
  • 実務で使える物流コストの計算方法を学びます。
  • 自社の物流改善の方向性の検討に取り組みます。

カリキュラム

10月16日(水曜)

8時50分~
オリエンテーション

9時00分~17時00分

講師: 森高 弘純 近代経営システム研究所 代表

内容: 物流業界を取り巻く環境の変化
物流業界を取り巻く環境の変化と今度の動向を理解した上で、物流効率化のあり方を学びます。
  • IoTやAIによる技術革新の動向
  • 人手不足と働き方改革
  • サプライチェーンマネジメント(SCM)による物流効率化
物流コストの把握方法(演習)
業務効率化のための現状把握の視点を学び、演習を交えて物流コストの算出方法を学びます。
  • 物流業務の効率化の考え方と進め方
  • 物流の原価計算と物流コストの把握法
  • 物流・在庫のマネジメントの実践法

17時20分~
受講者交流会
内容: 受講者の皆さんの交流を深めていただきます。

10月17日(木曜)

9時00分~17時00分

講師: 森高 弘純 近代経営システム研究所 代表

内容: 物流コストの把握方法(演習)
業務効率化のための現状把握の視点を学び、演習を交えて物流コストの算出方法を学びます。
  • 物流業務の効率化の考え方と進め方
  • 物流の原価計算と物流コストの把握法
  • 物流・在庫のマネジメントの実践法
物流業務の改善の進め方
ICT活用や働き方改革による物流事業・業務の改善に取り組む中小企業の事例を交えて、物流業務改善の進め方と効果検証の仕方を学びます。
  • 物流事業・業務の改善事例
  • ICT活用や働き方改革への対応
  • 現状分析と目標設定の考え方
  • KPI(重要業績評価指標)の活用方法

10月18日(金曜)

9時00分~17時00分

講師: 森高 弘純 近代経営システム研究所 代表

内容: 物流業務の改善の進め方
ICT活用や働き方改革による物流事業・業務の改善に取り組む中小企業の事例を交えて、物流業務改善の進め方と効果検証の仕方を学びます。
  • 物流事業・業務の改善事例
  • ICT活用や働き方改革への対応
  • 現状分析と目標設定の考え方
  • KPI(重要業績評価指標)の活用方法
自社の物流改善の検討(演習)
研修のまとめとして、自社の物流事業・業務の現状を整理して、今後の改善の方向性を考えます。
  • 自社の物流事業・業務の現状確認
  • 今後の改善の方向性(課題と対策)

講師プロフィール

森高 弘純
(もりたか ひろずみ)
近代経営システム研究所 代表

1956年福岡県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、(株)ビジネスコンサルタント、(株)ユニティを経て、1983年にコンサルタントとして独立。
専門分野は、中小中堅企業の経営管理、経営戦略、生産管理、原価計算、情報システム。
コンサルティング実績は、全日本トラック協会、日本貨物運送協同組合連合会、その他民間運送事業者他多数。情報処理システム監査技術者。
物流経営士資格認定講座の講師としても活躍中。

お問い合わせ

中小企業大学校三条校 研修担当
Tel: 0256-38-0770
Fax: 0256-38-0777