三条校内検索

No.19
チームマネジメント強化講座(夜時間あり)

キャンセル待ち
研修日程
2018年10月2日(火曜)
~2018年10月4日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
31,000円
定員
35名
対象
管理者, 新任管理者
場所
三条校

研修のねらい

管理者には、チームメンバー一人ひとりのやる気を引き出すのはもちろんのこと、チームとしての力を最大限に発揮し、大きな成果へとむすびつけることが求められます。
この研修では、チームのメンバーが相互に認め合い、個よりもさらに高い目標を達成するために必要なチームの作り方について、講義と演習を交えながら学び、自社のチームで実践するための行動計画を作成します。

カリキュラム

10月2日(火曜)

9時30分~
オリエンテーション

9時40分~17時00分

講師: 松澤 宏一 (株)ナレッジ・ジャパン 代表取締役

内容: チームを活性化させる管理者の役割と行動
管理者として何をすべきか、考え方の理解とあるべき姿についてのイメージを持っていただき、自職場の現状確認、チームと集団の違い、モチベーションとモラールの違い、目標達成に必要なチームの構成要因などについて学びます。
【チームとは何か? —リーダーシップとは何か?】
  1. 「よいチームと悪いチーム」(事例研究) グループワーク
  2. チーム形式に必要な要素を知る 講義
  3. チームリーダーが周囲から期待されることは何か? グループワーク
  4. リーダーの「真の役割」とは、何か? グループワーク
  5. 自チームの状況を判断する 個人ワーク
  6. 「ネーム&ボール」 グループワーク

チームマネジメントの実践的な手法とチームメンバーの理解
合意形成・モチベーション管理等の手法を紹介しながら、チームのマネジメントについて体験し、演習を通じての気づきを受講者自身に置き換え「腑に落ちる」感を掴んでいただくと共に、自身のマネジメントスタイルについて再認識を行います。
共感的理解や積極的傾聴等について、ロールプレイング方法を説明、実際に経験させると共にチームメンバーのやる気を引き出すには何が必要かを学びます。
【コミュニケーションの活性化 発信力】
  1. 「遅刻厳禁」
  2. 「これまでに受けた嬉しいアプローチと辛かったアプローチ」を洗い出す グループワーク
  3. 受信力—ほめると叱る 講義
  4. DiSC(アセスメント診断) 個人ワーク
  5. 「フラフープを運ぶ」 グループワーク
  6. 価値観の相違に気づく 「わらじ物語」 グループワーク
  7. 自分の価値観の再発見 ペアーワーク
  8. 仕事に対する価値観を考える 個人ワーク
  9. 目標設定とは 講義
  10. チームリーダーとしての「目指す姿」を見出す グループワーク

17時20分~
受講者交流会
内容: 受講者の皆さんの交流を深めていただきます。

10月3日(水曜)

9時40分~19時00分

講師: 松澤 宏一 (株)ナレッジ・ジャパン 代表取締役

内容: チームマネジメントの実践的な手法とチームメンバーの理解
合意形式・モチベーション管理等の手法を紹介しながら、チームのマネジメントについて体験し、演習を通じての気づきを受講者自身に置き換え「腑に落ちる」感を掴んでいただくと共に、自身のマネジメントスタイルについて再認識を行います。
共感的理解や積極的傾聴等について、ロールプレイング方法を説明、実際に経験させると共にチームメンバーのやる気を引き出すには何が必要かを学びます。
【コミュニケーションの活性化 発信力】
  1. 「遅刻厳禁」
  2. 「これまでに受けた嬉しいアプローチと辛かったアプローチ」を洗い出す グループワーク
  3. 受信力—ほめると叱る 講義
  4. DiSC(アセスメント診断) 個人ワーク
  5. 「フラフープを運ぶ」 グループワーク
  6. 価値観の相違に気づく 「わらじ物語」 グループワーク
  7. 自分の価値観の再発見 ペアーワーク
  8. 仕事に対する価値観を考える 個人ワーク
  9. 目標設定とは 講義
  10. チームリーダーとしての「目指す姿」を見出す ペアーワーク


10月4日(木曜)

9時40分~17時00分

講師: 松澤 宏一 (株)ナレッジ・ジャパン 代表取締役

内容: チームマネジメントの実践的な手法とチームメンバーの理解
合意形成・モチベーション管理等の手法を紹介しながら、チームのマネジメントについて体験し、演習を通じての気づきを受講者自身に置き換え「腑に落ちる」感を掴んでいただくと共に、自身のマネジメントスタイルについて再認識を行います。
共感的理解や積極的傾聴等について、ロールプレイング方法を説明、実際に経験させると共にチームメンバーのやる気を引き出すには何が必要かを学びます。
【コミュニケーションの活性化 発信力】
  1. 「遅刻厳禁」
  2. 「これまでに受けた嬉しいアプローチと辛かったアプローチ」を洗い出す グループワーク
  3. 受信力—ほめると叱る 講義
  4. DiSC(アセスメント診断) 個人ワーク
  5. 「フラフープを運ぶ」 グループワーク
  6. 価値観の相違に気づく 「わらじ物語」 グループワーク
  7. 自分の価値観の再発見 ペアーワーク
  8. 仕事に対する価値観を考える 個人ワーク
  9. 目標設定とは 講義
  10. チームリーダーとしての「目指す姿」を見出す ペアーワーク

チームの行動計画の作成と決意表明
これまでに学んだ成果を自社で発揮していくためにはどのような役割と行動が必要か、計画書を作成し、全体またはグループ内で発表を行います。【チームのステージについて】
  1. 自チームが抱える問題を解決する—発表 グループワーク
  2. 「目指す姿」達成に向けての行動計画を立てる 個人ワーク
  3. 決意表明—発表 個人ワーク

講師プロフィール

松澤 宏一
(まつざわ ひろかず)
(株)ナレッジ・ジャパン 代表取締役

大手証券3年、その後大手流通会社に10年勤務し、勤務の傍らセントポールズ教育研究会設立(小学校・中学校・高等学校の補習、進学指導を中心とした学習塾経営)。学習塾拡大と日本語教育事業開始並び、コンピュータシステム開発事業開始のため、(株)ナレッジ・ジャパンを設立、代表取締役に就任。同事業に専念するため、大手流通会社を退職し、現在に至る。専門領域としては、経営学(経営戦略論・マーケティング論・組織論)や部下指導と育成、CS・ES、チームビルディング、ロジカル・ライティングなど。

お問い合わせ

中小企業大学校三条校 研修担当
Tel: 0256-38-0770
Fax: 0256-38-0777