三条校内検索

No.21
会社と人が成長する組織づくり

受付終了
研修日程
2017年10月18日(水曜)
2017年10月19日(木曜)
2017年11月21日(火曜)
2017年11月22日(水曜)
研修期間(時間)
全4日(30時間)
受講料
42,000円
定員
20名
対象
経営者, 経営幹部
場所
三条校

研修のねらい

不透明な事業環境が続くなかで、企業が存続、発展を遂げるためには、限られた経営資源を効果的に活用し、自社の戦略を着実に実行することで、会社としての目標を達成していく必要があります。そのためには、経営の道しるべともいえる自社の戦略を社員一人ひとりに浸透させ、会社と人が同時に成長していく仕組み、組織づくりをすることが重要です。
本研修では、経営の視点で自社を考え、組織を効率的に動かす仕組みづくりとその実行方法について、演習を交えて学びます。

カリキュラム

10月18日(水曜)

8時50分~
オリエンテーション

9時00分~17時30分

講師: 片岡 幸彦 (株)日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 人事・組織コンサルティンググループ シニアマネジャー

内容:  経営戦略と連動した組織づくりの考え方と進め方
会社と人が同時に成長するために必要となる、自社の戦略と連動した強い組織を作るための考え方、進め方について学びます。

  • 戦略の構築と展開の進め方:戦略ドメインの設定と基本戦略策定
  • 戦略実行に必要な事業システムを構築する際の着眼点:強みを活かした組織づくり
  • 戦略策定後のPDLC(Purpose,Design,Learning,Change)のチェンジマネジメントサイクルの考え方と運用方法
  • 経営者・経営幹部に求められる役割とあり方

組織の動かし方【演習】
組織を動かすために必要となる理念・組織ミッションを起点とした一貫性のある組織運営のあり方やそのリーダーの役割やメンバーに対するモチベーション、関係性強化のコミュニケーションのあり方などについて、事例や演習相互学習を通じて学びます。

  • 顧客を起点とした組織ミッション(目的)、業務体系、業績指標の構築
  • 支援型リーダーシップのあり方と参画型組織運営 

17時50分~
受講者交流会
内容: 受講者の皆さんの交流を深めていただきます 

10月19日(木曜)

9時00分~17時30分

講師: 片岡 幸彦 (株)日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 人事・組織コンサルティンググループ シニアマネジャー

内容: 経営戦略と連動した組織づくりの考え方と進め方
会社と人が同時に成長するために必要となる、自社の戦略と連動した強い組織を作るための考え方、進め方について学びます。

  • 戦略の構築と展開の進め方:戦略ドメインの設定と基本戦略策定
  • 戦略実行に必要な事業システムを構築する際の着眼点:強みを活かした組織づくり
  • 戦略策定後のPDLC(Purpose,Design,Learning,Change)のチェンジマネジメントサイクルの考え方と運用方法
  • 経営者・経営幹部に求められる役割とあり方

組織の動かし方【演習】
組織を動かすために必要となる理念・組織ミッションを起点とした一貫性のある組織運営のあり方やそのリーダーの役割やメンバーに対するモチベーション、関係性強化のコミュニケーションのあり方などについて、事例や演習相互学習を通じて学びます。

  • 顧客を起点とした組織ミッション(目的)、業務体系、業績指標の構築
  • 支援型リーダーシップのあり方と参画型組織運営 

インターバル期間
内容: インターバル期間中に、戦略実行に求められる人財像、組織像の明確化に取り組んでいただきます。 

11月21日(火曜)

9時00分~17時30分

講師: 片岡 幸彦 (前掲)

内容:  人事諸制度構築のポイント
戦略の実行には、育成、評価などに関する人事諸制度を整え、社員の定着、成長を促し、「人材を”人財”に変える」ことが重要になります。ここでは、人財育成に必要となる仕組みや人事諸制度構築のポイントについて学びます。

  • キャリア開発を促進する資格等級制度の考え方
  • 組織として成果を上げる人事評価の仕組みと考え方
  • 評価結果を踏まえた処遇・人材育成の考え方

組織の将来像作成【自社課題演習】
ここまで学んだ知識や事例を振り返りながら、自社のありたい将来像にむけた組織体制と運営、必要な人事諸制度そして組織の持つべき価値観、行動規範をまとめます。

11月22日(水曜)

9時00分~17時30分

講師: 片岡 幸彦 (前掲)

内容:   人事諸制度構築のポイント
戦略の実行には、育成、評価などに関する人事諸制度を整え、社員の定着、成長を促し、「人材を”人財”に変える」ことが重要になります。ここでは、人財育成に必要となる仕組みや人事諸制度構築のポイントについて学びます。

  • キャリア開発を促進する資格等級制度の考え方
  • 組織として成果を上げる人事評価の仕組みと考え方
  • 評価結果を踏まえた処遇・人材育成の考え方

組織の将来像作成【自社課題演習】
ここまで学んだ知識や事例を振り返りながら、自社のありたい将来像にむけた組織体制と運営、必要な人事諸制度そして組織の持つべき価値観、行動規範をまとめます。

講師プロフィール

片岡 幸彦
(かたおか ゆきひこ)
(株)日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 人事・組織コンサルティンググループ シニアマネジャー

住友ビジネスコンサルティング(株)を経て現職。「人的資源による組織変革」を基本思想として、組織および人材マネジメント分野の課題解決の支援に従事している。「絵に描いた餅にならない」戦略にするために、社員個々人の力を発揮させる戦略実行力の強化を目指して、「ハード(制度、しくみ)」と「ソフト(運営、マネジメント)」の融合を一つのテーマとしている。 

お問い合わせ

中小企業大学校三条校 研修担当
Tel: 0256-38-0770
Fax: 0256-38-0777