直方校内検索

No.117
経営トップセミナー1

受付中
研修日程
2018年7月20日(金曜)
研修期間(時間)
1日(6時間)
受講料
16,000円
定員
30名
対象
経営者, 経営幹部
場所
TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前 福岡市博多区博多駅前4丁目2番1号 ザイマックス博多駅前ビル3階

研修のねらい

「業績を伸ばす企業が実践する経営ノウハウを学ぶ!」
「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である、法政大学大学院教授 坂本光司先生によるトップセミナーです。
厳しい経営環境においても、業績を伸ばし続けている企業は何を主眼に置いて日々の経営活動を展開し、どのような共通点があるのでしょうか。そして、それはどの中小企業にも実践できるものなのでしょうか。

本セミナーは、坂本先生が7000社以上の会社を訪問して見出すことができた「儲かっている企業」が実践している経営の共通点・ポイントについて、豊富な事例を交えながらわかりやすく解説を行うとともに、これからの時代に求められる中小企業の経営のあり方について学んでいただきます。
また、セミナーの後半では、坂本先生が提唱される「「いい会社」になるための100の指標」に基づいて、今後の自社の経営のあり方について演習を交えながら具体的にご検討いただきます。

研修の特長

こんな方におすすめ
  • 会社が成長・発展する要因を知りたい方
  • 業績と経営管理のつながりを理解したい方
  • 今後の自社のあり方を検討したい方

カリキュラム

7月20日(金曜)

9時50分~10時00分
開講式・オリエンテーション

10時00分~13時00分
(昼休 13時00分~14時00分)
「いい会社」をつくる視点と実践術

講師: 法政大学大学院 政策創造研究科  教授 坂本 光司

内容: 厳しい経営環境の中でも業績を伸ばし、「いい会社」とされる会社とは、どのような会社なのか、どのような経営スタイルなのかについて、事例を交えて具体的に学んでいただきます。
  • 「いい会社」になるための条件
  • 企業経営の目的と責任
  • よい商品・サービスを生み出す源泉とは
  • 「いい会社」になるための100の指標

14時00分~17時00分
「いい会社」の事例研究 (演習)

講師: 株式会社イマージョン 代表取締役社長  藤井 正隆

内容: 「「いい会社」になるための100の指標」についてグループ演習を交えながら理解を深め、自社をよりよい企業に成長させていくための自身のリーダーシップや行動計画についてご検討いただき、研修の成果としてお持ち帰りいただきます。
  • 「いい会社」の事例から学ぶ共通点
  • 業績を伸ばす企業が大切にしていること
  • 自社の経営の現状と今後の方向性を考える
  • 経営陣としての役割と行動

17時00分~17時10分
終講式

講師プロフィール

坂本 光司

坂本 光司
(さかもと こうじ)
法政大学大学院政策創造研究科 教授(研究科長)

1947年静岡県生まれ。法政大学経営学部卒業。
公共産業支援機関、浜松大学教授、静岡文化芸術大学教授などを経て、2008年より、法政大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授、および同大学院静岡サテライトキャンパス長。他にNPO法人オールしずおかベストコミュニティ理事長など、公職を歴任する。
専門は中小企業経営論、地域経済論、福祉産業論。徹底した現場派で、これまでに7500社を超える中小企業を訪問し、調査、アドバイスを行なっている。

藤井 正隆
(ふじい まさたか)
株式会社イマージョン 代表取締役社長

法政大学中小企業研究所特任研究員。
大手組織開発コンサルティング会社で、営業責任者及び総研チームを経て、マネージングコーディネーターコンサルタントとして、「事業戦略」、「マーケティング戦略」、「組織変革」のコンサルテーション及びマネジメント研修を担当。徹底した現場主義で、優良企業年間120社以上を視察訪問研究を継続中。
専門分野は経営学、行動科学、心理学をベースにした組織開発コンサルテーション、経営人財育成、ミドルマネジメント育成。

備考

  • カリキュラムにつきましては、都合により一部変更する場合がございますので予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校 直方校
Tel: 0949-28-1144
Fax: 0949-28-4385
Mail: no-kenshu@smrj.go.jp