直方校内検索

No.131
経営戦略策定ゼミナールコース

受付中
研修日程
2019年2月4日(月曜)
2019年2月5日(火曜)
2019年3月4日(月曜)
2019年3月5日(火曜)
研修期間(時間)
全4日(24時間)
受講料
35,000円
定員
20名
対象
経営者, 経営幹部, 管理者
場所
直方校

研修のねらい

「個別指導でより実践的な経営のシナリオを作る」
企業が永続的に発展し続けていくためには、経営環境の変化を見据えながら将来のあるべき姿を描き、この理想が実現するためのシナリオとなる経営戦略を策定し、着実に実践していくことが重要です。
本研修では、経営戦略の重要性や考え方などを理解したうえで、経営の専門家の個別指導を受けながら、自社の経営の実情を踏まえた実践的な戦略の立案に取り組んでいただき、研修の成果としてお持ち帰りいただきます。

研修の特長

こんな方におすすめ
  • 自社の経営戦略を検討したい方
  • 新しい経営の方向性を考えたいと思う経営者の方
  • 専門家から経営戦略のアドバイスを個別にもらいたい方

カリキュラム

2月4日(月曜)

12時40分~13時00分
開講式・オリエンテーション

13時00分~20時00分
(昼休 17時00分~18時00分)
企業経営の基本

講師: 経営コンサルティング波多野事務所 代表 波多野 卓司

内容: これからの時代に求められる中小企業のあり方や経営の方向性について、事例を交えて学んでいただきます。
  • 信頼される企業経営のあり方
  • 経営理念の重要性
  • 経営ビジョンの描き方
  • 経営環境の変化とその読み方
  • 中小企業の経営戦略の事例

2月5日(火曜)

9時00分~16時00分
(昼休 12時00分~13時00分)
経営戦略の作り方

講師: 経営コンサルティング波多野事務所 代表 波多野 卓司

内容: 会社の未来像をどのように描き、その実現シナリオ=戦略を明確にしていく視点や手順について、演習を交えながら実践的に学んでいただきます。
  • 経営戦略の意義と重要性
  • 経営戦略の全体像と策定手順
  • 社内外における経営環境の分析
  • ビジネスモデルの構築
  • 利益を生み出す仕組み(インターバル期間の課題)

3月4日(月曜)

13時00分~20時00分
(昼休 17時00分~18時00分)
自社の経営戦略づくり

講師: 経営コンサルティング波多野事務所 代表 波多野 卓司

内容: インターバル期間に自社で取り組んだ課題についての振り返りを行うとともに、顧客満足の視点から具体的に練り上げていただきます。
  • インターバル課題の振り返り
  • 自社の経営課題とその解決策の検討
  • 活かすべき強みとその探し方
  • 顧客満足を向上させる仕組みづくり

3月5日(火曜)

9時00分~16時00分
(昼休 12時00分~13時00分)
自社の経営戦略の立案

講師: 経営コンサルティング波多野事務所 代表 波多野 卓司

内容: 研修のまとめとして、講師のアドバイスを受けながら、戦略作りに取り組んでいただき、成果物としてお持ち帰りいただきます。
  • 経営戦略の取りまとめと発表
  • 戦略を成果につなげるマネジメント術
  • 講師からのアドバイス

16時00分~16時10分
終講式

講師プロフィール

波多野 卓司
(はたの たくじ)
経営コンサルティング波多野事務所 代表

メーカーにて生産技術・商品開発などに従事したのち、1994年経営コンサルティング波多野事務所を設立。全国での創業支援・企業支援・組織開発等に携わり、熱意溢れる精力的な指導で数多くの成功事例を生んでいる。また、柔軟な思考で人材開発やマネジメント・マーケティング等の幅広い分野で経営支援の実績を有している。
中小企業大学校各校においても数多くの講座を担当し、直方校ではその誠実な人柄と熱心な研修で高い評価を得ている。

備考

  • 初日の講義終了後、受講者交流会を予定しています。
  • インターバル期間に自社課題に取り組んでいただきます。
  • カリキュラムにつきましては、都合により一部変更する場合がございますので予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校 直方校
Tel: 0949-28-1144
Fax: 0949-28-4385
Mail: no-kenshu@smrj.go.jp