関西校内検索

No.47
顧客の真のニーズに応える新商品・サービスの作り方(2)

受付終了
研修日程
2018年1月25日(木曜)
~2018年1月26日(金曜)
研修期間(時間)
全2日(15時間)
受講料
25,000円
定員
20名
対象
経営幹部, 管理者
場所
京都会場(京都リサーチパーク東地区KISTIC2階 イノベーションルーム)

研修のねらい

イノベーション創出の新たな手法として世界的に注目されている「デザイン思考」。これまでの新商品・サービス開発の手法とは大きく異なるアプローチ手法です。 
本研修では、ワークショップ形式で「デザイン思考」の3つのステップ
1. 顧客の心の声を聴き、共感から真のニーズを探り(洞察)
2. 顧客が本当に欲しいものを創発し(発想)
3. 実際に試してみる(試行)
を深く体験し、顧客の真のニーズに応える新商品・サービスのつくり方を学びます。

※この研修は、(財)京都産業21との共催により実施するものです(予定)。

カリキュラム

1月25日(木曜)

9時50分~10時00分
オリエンテーション

10時00分~18時30分
デザイン思考の概要、インサイトワーク、アイデア創発ワーク
内容:
デザイン思考が求められる背景やプロセス、顧客のインサイト(潜在ニーズ)の抽出、インサイトに対するアイデア(解決策)の創発について演習を通して体感しながら学びます。
・デザイン思考の必要性と3つのステップ
・インサイトの抽出
・インサイトに対するアイデア創発
・統合思考と転換思考によるアイデアの進化

1月26日(金曜)

9時30分~12時00分
デザイン思考の概要、インサイトワーク、アイデア創発ワーク
内容:
デザイン思考が求められる背景やプロセス、顧客のインサイト(潜在ニーズ)の抽出、インサイトに対するアイデア(解決策)の創発について演習を通して体感しながら学びます。
・デザイン思考の必要性と3つのステップ
・インサイトの抽出
・インサイトに対するアイデア創発
・統合思考と転換思考によるアイデアの進化

13時00分~15時00分
アイデアをカタチにする試作ワーク
内容:
創発したアイデアについて身近にあるものを使い、アイデアをカタチにする試作ワークについて演習を通して体感しながら学びます。
 
・初期試作
・ユーザーテスト
・試作の修正・進化

15時00分~18時00分
発表と2日間のまとめ
内容:
アイデアについて発表し、フィードバックを受けながらブラッシュアップを行います。
 
・発表のためのシナリオづくり
・リハーサル
・発表、質疑応答

18時30分~18時15分
修了証書交付

講師プロフィール

櫻井 亮
(さくらい りょう)
GOB Incubation Partners 共同経営者 Co-founder

日本ヒューレッド・パッカード、企業支援等を経て、2007年よりNTTデータ経営研究所にてマネージャー兼デザイン・コンサルティングチームリーダー。2013年より北欧系ストラテジックデザインファームDesignitの日本拠点Designit Tokyoの代表取締役社長に就任。2015年1月より独立してシリアルアントレプレナー実践中。新規ビジョン策定・情報戦略の企画コーディネート、ワークショップのファシリテーション、デザイン思考アプローチによるイノベーションワークなどを手掛ける。著書:「ITプロフェッショナルは社会価値イノベーションを巻き起こせ」(プロジェクトで執筆)、「RFPでシステム構築を成功に導く本-ITベンダーの賢い選び方見切り方」など。

受講者の声

  • 思考することの難しさとインサイトを見つけることが、固定概念にとらわれがちなので頭を柔らかくすることが大変だと感じました。また、講義の中で新たな発見がありました。
  • ニーズの発見をするための良いツールと感じました。対社外だけでなく、社内的な意思決定のためのツールとして、是非とも今後使用して行きたいと考えています。
  • 一つのテーマで他のアイデアと自分たちのアイデアの違いを見て、視点の違い、視野の違いを体感できて楽しかったです。新しい体験でした。

備考

 ※カリキュラムにつきましては、一部変更することがございます。
※関西校以外で行われる研修については、会場に付属した宿泊施設はありません。受講者様ご自身でご手配をお願い致します。
※会場が1号館からKISTIC2階イノベーションルームに変更になっております。ご注意下さい。

お問い合わせ

中小企業大学校 関西校
Tel: 0790-22-5931
Fax: 0790-22-5942