広島校内検索

No.35
顧客を見抜く営業のリスク管理

受付中
研修日程
2018年12月13日(木曜)
~2018年12月14日(金曜)
研修期間(時間)
全2日(13時間)
受講料
22,000円
定員
20名
対象
経営幹部, 管理者
営業部門の統括者・管理者等
場所
広島校

研修のねらい

この研修では、取引の開始、継続、中断などの判断の目安について、財務的視点からの判断や営業活動の中で捉えた取引先の変化や兆候をどのように判断し対応していくのか、演習やグループ討議などを通じて学んでいただきます。

研修の特長

  • 取引リスクの管理に関する視野を拡大
  • 財務的視点による取引リスクの見方を理解
  • 営業活動で捉えた情報の意味や活かし方を理解

カリキュラム

12月13日(木曜)

9時00分~9時10分
開講式・オリエンテーション

9時10分~12時00分
営業管理者が行う取引リスクの管理

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容: 企業を取り巻くリスク
  • 企業を取り巻く多くのリスク要因の中で取引リスクを中心に紹介するとともに、多くの留意事項があることを理解する

(この研修でいう「取引リスク」とは商取引において発生するリスクをいう)

取り組んでいるリスク対応(グループ討議)
  • 営業として取り組む取引リスク要因をグループ別に分担し・討議し、発表することでリスク対応の視野を広げるともに、その共有化を図る

13時00分~17時10分
財務的な視点でみるリスク対応 

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容: 財務的な視点からの新規取引開始や取引の拡大・縮小などに関する是非の判断
  • 流動性、収益性、成長性、経営効率に関する分析の手法と、是非の判断を行なう際の視点について、ケーススタディを交えて学ぶ 

17時30分~19時00分
受講者交流会

12月14日(金曜)

9時00分~12時00分
取引リスク調査の実務

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容: 取引リスクの調査レポート作成演習
  • 財務的な視点からの分析や営業現場から得た状況分析などによる取引リスクを基に、判断結果と理由を記述した客観性のある調査レポートを作成する(演習)

13時00分~16時00分
営業管理者の具体的役割

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容: リスク回避行動計画作成(To Do List)
  • リスク回避のために管理者として取り組むべきことの再確認
  • 検討結果に基づく行動計画の策定

16時00分~16時10分
終講式
内容: 修了証書の交付

講師プロフィール

川上 正人
(かわかみ まさと)
株式会社流通プランニング研究所 代表取締役

青山監査法人勤務を経て、平成5年に中小企業診断士事務所を開業する。
現在、中小企業基盤整備機構中国本部にて経営支援アドバイザーを務め、また中小企業大学校の講師として「販路開拓」「経営革新」をテーマとした講演、研修及び各支援機関にて成長戦略策定等のコンサルティングに従事している。
新規顧客獲得や既存関係の維持・強化など営業力支援に特化した専門家で、成功した企業を支援した実体験に基づいて「販路開拓の原理原則」「顧客管理の原理原則」を考案し、早期かつ高確率で結果を出すために最低限必要な取組みを、わかりやく紹介することで定評がある。

お問い合わせ

中小企業大学校 広島校 研修担当
Tel: 082-278-4955
Fax: 082-278-7201