広島校内検索

No.10
可能性を切り拓く新規顧客開拓

受付終了
研修日程
2018年6月12日(火曜)
~2018年6月14日(木曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
31,000円
定員
30名
対象
管理者, 新任管理者
営業部門の管理者・リーダー等
場所
広島校

研修のねらい

この研修では、これまで見えていなかった顧客アプローチや商品の新たな用途を見出すことで新規取引に繋げる等の方法を理解するとともに、自社に合った実効性の高い新規顧客開拓への取り組み方を学んでいただきます。

研修の特長

  • 顧客が自社商品を必要とする理由と選択理由の明確化
  • 自社の顧客動向の客観的分析による新規顧客開拓の仮説立案及び検証と改善の方法を理解
  • 自社の新規顧客開拓(行動)計画の作成及び開拓意義を理解

カリキュラム

6月12日(火曜)

9時00分~9時10分
開講式、オリエンテーション

9時10分~12時10分
新規顧客開拓の本質

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容:
  • 外部環境の変化と自社への影響を知り、新規顧客開拓に取り組む必要性を理解する
  • 自社の新規顧客開拓活動の可能性に気づき、自社への貢献意欲を高める
  • 自社商品(サービス)が選ばれる理由を明確化し、自社の顧客動向を捉えながら新規顧客開拓の仮説を立て、検証・改善を行うことが、新規顧客開拓力の本質であることを理解する

13時10分~17時10分
新規顧客開拓の効果的なプロセス

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容:
  • 商品と顧客動向の棚卸しを通じて、商品の長所を明確化し、新規顧客開拓の仮説を立てる手順を理解する
  • 新規顧客開拓アプローチの仮説を、意義・リソース(ヒトモノカネ時間)・効果や連携を含めて立案する手法を理解する
  • 仮説を立て、検証・改善することにより、継続的な新規顧客開拓活動の定着を図る
  • 数々の中小企業の新規顧客開拓事例(1.新たなエリアへの展開、2.域内潜在顧客への展開、3.新たな用途等)を交える

17時30分~19時00分
受講者交流会

6月13日(水曜)

9時00分~14時00分
(昼休12時00分~13時00分)
新規顧客開拓の効果的なプロセス

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容:
  • 商品と顧客動向の棚卸しを通じて、商品の長所を明確化し、新規顧客開拓の仮説を立てる手順を理解する
  • 新規顧客開拓アプローチの仮説を、意義・リソース(ヒトモノカネ時間)・効果や連携を含めて立案する手法を理解する
  • 仮説を立て、検証・改善することにより、継続的な新規顧客開拓活動の定着を図る
  • 数々の中小企業の新規顧客開拓事例(1.新たなエリアへの展開、2.域内潜在顧客への展開、3.新たな用途等)を交える

14時00分~18時00分
自社の新規顧客開拓計画(演習)

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容:
  • これまでに学んだ知識と手法に基づき、自社の新規顧客開拓(行動)計画(年間アクションプランまで)を作成する
  • グループ討議やロールプレイング等を通じて計画書のブラッシュアップを行い、実効性を高める

6月14日(木曜)

9時00分~16時00分
(昼休12時00分~13時00分)
自社の新規顧客開拓計画(演習)

講師: 株式会社流通プランニング研究所 代表取締役 川上 正人

内容:
  • これまでに学んだ知識と手法に基づき、自社の新規顧客開拓(行動)計画(年間アクションプランまで)を作成する
  • グループ討議やロールプレイング等を通じて計画書のブラッシュアップを行い、実効性を高める

16時00分~16時10分
終講式
内容: 修了証書の交付

講師プロフィール

川上 正人
(かわかみ まさと)
株式会社流通プランニング研究所 代表取締役

青山監査法人勤務を経て、平成5年に中小企業診断士事務所を開業する。
現在、中小企業基盤整備機構中国本部にて経営支援アドバイザーを務め、また中小企業大学校の講師として「販路開拓」「経営革新」をテーマとした講演、研修及び各支援機関にて成長戦略策定等のコンサルティングに従事している。
新規顧客獲得や既存関係の維持・強化など営業力支援に特化した専門家で、成功した企業を支援した実体験に基づいて「販路開拓の原理原則」「顧客管理の原理原則」を考案し、早期かつ高確率で結果を出すために最低限必要な取り組みを、わかりやすく紹介することで定評がある。

お問い合わせ

中小企業大学校 広島校 研修担当
Tel: 082-278-4955
Fax: 082-278-7201