旭川校内検索

No.29
生産性を向上させるリードタイム短縮の進め方

受付中
研修日程
2019年2月13日(水曜)
~2019年2月15日(金曜)
研修期間(時間)
全3日(21時間)
受講料
31,000円
定員
20名
対象
管理者, 新任管理者
場所
旭川校

研修のねらい

必要なモノを、必要な時に、必要な数量だけ欲しいという顧客ニーズにより、受注の多品種化と短納期化が進んでいる昨今では、現場の生産計画が複雑化しており、これを的確に管理できる仕組みが求められるようになっています。
本研修では、多様なニーズに対応するための生産現場のリードタイム把握と短縮の方法を学ぶとともに、自社の生産計画改善策を検討し、リードタイム短縮の実現につなげます。

研修の特長

  1. 生産管理が「理屈通り」にはいかない理由を明らかにすることが出来ます。
  2. モデルゲーム演習を通じて、リードタイムの問題が発生する理由と改善策を「体感」して学びます。
  3. リードタイムと在庫の密接な関係が分かるので、在庫管理にも効果を発揮します。

カリキュラム

2月13日(水曜)

9時50分
2階教室前で受付を開始します

10時20分~10時30分
開講式・オリエンテーション

10時30分~18時30分
(昼休12時30分~13時30分)
顧客の要求に応える納期管理と工程管理の考え方

講師: 株式会社アティックフェイス 代表取締役 顯谷 敏也

内容: 中小製造業における生産管理活動の目的及び全体像と、現場リーダーの役割について学びます。
  • 生産システムと工程管理
  • 生産計画のつくり方と実現対策(サプライチェーンゲーム演習)
  • 操業計画と負荷能力調整

18時45分~20時15分
交流会
内容: 受講者同士の懇親と情報交換

2月14日(木曜)

9時00分~18時00分
(昼休12時00分~13時00分)
生産スケジュールの組み立て方

講師: 株式会社アティックフェイス 代表取締役 顯谷 敏也

内容: 自社の顧客ニーズや生産形態に適した生産計画の策定方法と、的確な生産の流れを作るポイントを学びます。
  • リードタイムと在庫管理の実際
  • 生産管理と効率管理(かんばん方式ゲームボード演習)
  • 生産管理課題改善策の検討(事例映像を使った改善演習)

2月15日(金曜)

9時00分~16時00分
(昼休12時00分~13時00分)
リードタイム短縮の具体的方策(演習)

講師: 株式会社アティックフェイス 代表取締役 顯谷 敏也

内容: 事例や演習を通じて、納期厳守・リードタイム短縮に向けた改善策検討のポイントを学びます。
  • 「5S」と「工程の流れ化」
  • 多品種少量生産への対応
  • ボトルネックコントロール(ボトルネックゲーム演習)
  • 納期遅れの要因と対策

16時00分~16時20分
終講式

講師プロフィール

顯谷 敏也
(あらや としや)
株式会社アティックフェイス 代表取締役・中小企業診断士

関西大学大学院 工学研究科 修了後、1986年 シャープ株式会社入社。プリント基板設計用CADの開発、事業立ち上げ、海外拠点間の技術データベース構築、大型液晶工場 全社立上げプロジェクトに参画。さらに、工場管理システムの開発と国内外生産拠点への導入展開、本社機構にて海外生産拠点の生産性向上支援、経営管理指導に従事する。
2012年 Attic faith設立、代表に就任。お客様との信頼を第一義に、生産現場や業務に潜む課題やロスを「見える化」し、生産管理・IE(生産工学)の手法を活かしたカイゼンとITによる仕組みで、企業の生産性アップを支援している。
現在、兵庫県立大学特任教授を務める。

備考

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校旭川校
Tel: 0166-65-1200
Fax: 0166-65-2190