旭川校内検索

No.15
経営トップセミナー1

受付中
研修日程
2018年7月19日(木曜)
~2018年7月20日(金曜)
研修期間(時間)
全2日(6時間)
受講料
16,000円
定員
30名
対象
経営者, 経営幹部
後継者
場所
旭川校

研修のねらい

道内の中小企業を取り巻く経営環境は、少子高齢化・人口減少による人材不足、現在進行形で進展しているIoT/AIによる事業環境の変化等、従来の延長線上による前例が通用しない難しい状況を迎えています。このような不確実な時代においては、持続的成長・発展のためのシナリオを描き、成果を実現するための具体的な取組みを実行することが求められています。
本セミナーでは、「食・農・流通」分野で活躍する道内外の経営者・ビジネスリーダーを招いて、北海道ブランドの強みと地域を活かした商品・サービスの魅力づくりについて講演いただくとともに、変化する市場を捉えるための情報発信、販路開拓の具体的なノウハウについて学びます。

研修の特長

  1. 道内外の経営者・ビジネスリーダーから、成功要因・失敗談のお話を直接伺い、質疑により理解を深めます。
  2. 変化する市場への情報発信・販路開拓の具体的なノウハウが得られます。
  3. 5年・10年先を見据えた自社のビジネスモデルのヒントが得られます。

カリキュラム

7月19日(木曜)

13時15分
2階教室前で受付を開始します

13時45分~
開講式・オリエンテーション

14時00分~17時00分
<実践事例1>十勝発!世代をつなぐ・地域をつなぐ経営

講師: 株式会社藤丸(藤丸百貨店) 代表取締役 藤本 長章
有限会社十勝しんむら牧場 代表取締役 新村 浩隆
<コーディネータ>一般社団法人地球MD 代表理事 山本 聖

内容:
  • 地域を活かし、地域と繋がる経営で業績の回復を図る。「十勝の地域商社」を目指す藤丸百貨店のマーチャンダイジング戦略
  • 食べる人のための農業を実践し、次世代に継承し続ける十勝しんむら牧場「のりしろ経営」※
  • ディスカッション・質疑
※「のりしろ経営」
経営者が長い年月を経て培ってきた企業・事業を(先代からの教えを含めて)次の世代に引き継ぎ、未来へ繋げていく「継承的経営スタイル」。

17時20分~18時20分
<教養講座>ロビーコンサート 北海道の様々なシーンで生の音楽を届けている奏楽の心温まる音楽の夕べ

講師: アンサンブル・グループ奏楽(そら)

内容: リラックスした雰囲気の中で、北海道の隅々に生の音楽を届けているアンサンブルグループ奏楽による演奏(クラシックの名曲から映画音楽、POPSなど)を鑑賞いただきます。

18時30分~20時00分
懇親会
内容: 受講者同士の懇親と情報交換

7月20日(金曜)

9時00分~12時00分
<実践事例2>変化する市場に対応した販路開拓

講師: 株式会社五味商店 代表取締役社長 寺谷 健治
全日空商事株式会社 デジタルマーケティングカンパニー ECビジネス事業部 地域創生チーム リーダー 今本 光夫
<コーディネータ>一般社団法人地球MD 代表理事 山本 聖

内容:
  • 消費者ニーズに合致する逸品を探し出し、磨きをかけて食品流通に乗せる五味商店の目利きに学ぶ「市場に受け入れられる商品・売れない商品」の違いとその理由
  • 大手航空会社マーケティングに学ぶ「販路開拓のためのメディア活用と宣伝・広告」
  • ディスカッション・質疑

12時00分~
終講式

講師プロフィール

藤本 長章
(ふじもと ながあき)
株式会社藤丸(藤丸百貨店) 代表取締役

1953年帯広市生まれ。学習院大卒。伊勢丹に入社し、新宿店勤務を経て、78年、曽祖父の長蔵氏が創業した藤丸に入社。87年から社長。日本百貨店協会の理事。(株)まちづくり元気おびひろ 代表取締役社長などを務める。

新村 浩隆
(しんむら ひろたか)
有限会社十勝しんむら牧場 代表取締役

1971年上士幌町生まれ。新村牧場(創業昭和8年)の4代目。酪農学園大学卒業後、1年間、別海、ニュージーランド、オーストラリアにて放牧酪農を学ぶ。帰国後、新村牧場へ就農。繋ぎ飼育から放牧酪農に転換。2000年4月ミルクジャム製造、販売。同6月 有限会社十勝しんむら牧場設立。代表取締役に就任。2005年4月牧場のショールーム「クリームテラス」をオープン。農林水産大臣賞、コープさっぽろ農業賞、HAL農業賞他受賞多数。農商工連携88選選出。

寺谷 健治
(てらや けんじ)
株式会社五味商店 代表取締役社長

食品スーパー勤務を経験し、1981年に五味商店入社。新会社化に伴い社長に就任し、大手百貨店、大手食品商社の他、高質スーパー80社以上の得意先と900社を超える仕入先に拡大させた。全国の食品加工事業者から消費者ニーズに合致する逸品を探し出し、それを食品流通に乗せることに注力している。

今本 光夫
(いまもと みつお)
全日空商事株式会社 デジタルマーケティングカンパニー ECビジネス事業部 地域創生チーム リーダー

1991年全日空商事入社(担当:旅行営業部*現在のANAセールス株式会社(2002年分社))本社企画部にて主に旅行商品の企画を担当。2005年、広告メディア事業部でANAフリーペーパー「SORANA」の編集責任者を経て、当時会員数2000万人を超えるANAマイレージクラブ会員対象のマイルマーケティング業務で「マイルが貯まる・使える」サービスを担当。現在は、2014年インバウンドプロジェクトを経て、ANA訪日サイト「ANA EXPERIENCE JAPAN」を立ち上げ、ANAグループ訪日事業に携わっている。

山本 聖
(やまもと さとし)
一般社団法人地球MD 代表理事

1968年、神奈川県川崎市生まれ。元小田急百貨店商品統括部マーチャンダイザー。郊外店舗と都心店舗の衣料品全般の仕入担当者として従事。特に小売業主体のマーチャンダイジング(MD)による自主編集・単品売場型の差異化商品開発を中心に担当。国内外問わず、外資大手に負けない専業ブランド開発を産・官・学機構と連携しながら具現化に努める。全国の地域・中小企業の支援活動を推進。大型集客交流イベント等を通じた地域活性化事業に取り組んでいる。

アンサンブル・グループ奏楽
(そら)
中小企業大学校 旭川校 演奏メンバー ※演奏者は変更となる場合があります。

札幌交響楽団のオーボエ奏者で楽団を永きにわたり牽引している岩崎弘昌と北海道内で活躍中の若手演奏家によって2008年に結成された演奏団体。出演メンバーは、70名を越え、アンサンブルから小編成のオーケストラまで様々な形で音楽を届け、地域での演奏、学校訪問、福祉施設での慰問演奏なども積極的に行い各地で好評を得ている。いつでもどこでも音楽を!をテーマに、クラシックの名曲から、映画音楽、ポップス、日本の歌などジャンルを越えて生の音楽を届けている。

岩崎 弘昌
(Hiromasa Iwasaki)
アンサンブル・グループ奏楽(そら) 札幌交響楽団副首席オーボエ奏者

滝川出身。国立音楽大学卒業と同時に札幌交響楽団に入団。ハンブルク国立歌劇場管弦楽団の研究員として研鑽を積む。2001年の札響英国公演では、その演奏がグラモフォン誌で称賛される等、首席オーボエ奏者としてオーケストラを牽引している。後進の指導にも力を入れており、2008年に若手演奏家支援のためのアンサンブルグループ『奏楽(そら)』を結成。

小林 瑠衣
(Lui Kobayashi)
アンサンブル・グループ奏楽(そら) ヴァイオリン

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。ヴァイオリンを土方恭之、V.ディ.パスクァーレ、内田 輝の各氏に師事。2001年札幌市民芸術祭新人音楽会に出演、奨励賞受賞。奏楽では、モーツァルト協奏曲連続演奏会や、ジョイントリサイタルに出演するほか、中心メンバーとして道内外の各地に音楽を届けている。また、世界の民族音楽等を独自のアレンジで演奏する「世界旅行音楽団 つきのさんぽ」のリーダー兼ヴァイオリニストとして幅広く活躍中。

立花 雅和
(Masakazu Tachibana)
アンサンブル・グループ奏楽(そら) フルート

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。フランス・パリ・エコールノルマル音楽院へ留学。同音楽院にて演奏家上級ディプロムを2年連続プリミエ・プリ・ユナニミテ(全会一致の1位)で取得。さらに同校コンサーティスト科を経て日本へ帰国。ハイメスコンクール第2位入賞。札幌市民芸術祭新人音楽会に出場、奨励賞を受賞。フランスUFAM国際コンクール・アンサンブル部門にて第2位を受賞。奏楽では、モーツァルト協奏曲連続演奏会や吹奏楽セミナーでの指導など、中心メンバーとして活動を続けている。

渡辺 文
(Aya Watanabe)
アンサンブル・グループ奏楽(そら) チェロ

国立音楽大学付属高校、同大学音楽学科卒業。クラシックの素養を生かしながら、ポップスやジャズなどジャンルフリーな活動をする。自身のライブや、アーティストのサポートなど全国各地で演奏。レコーディング経験も多く、ストリングスアレンジから携わることも多い。また、出身地の三原市よりふるさと大使に任命され、観光ビデオ出演や同市でコンサートを開催する。アンサンブルグループ奏楽では、モーツァルト協奏曲連続演奏会やニューイヤーコンサートなど、数多くのコンサートに出演している。

前田 朋子
(Tomoko Maeda)
アンサンブル・グループ奏楽(そら) ピアノ

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業、同大学大学院修士課程修了。ピアノを薄井豊美、水田香の各氏に師事。奏楽では、モーツァルト協奏曲連続演奏会やジョイントリサイタル、チカホミュージックライブなど、道内外各地で幅広い演奏活動を行っている。また、北海道教育大学岩見沢校、札幌校にて後進の指導にもあたっている。

備考

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

お問い合わせ

中小企業大学校旭川校
Tel: 0166-65-1200
Fax: 0166-65-2190