経営診断サービス(無料)

企業診断実習で経営改善をご提案

「中小企業診断士養成課程」では、研修プログラムの一環として、経験豊富なインストラクター(中小企業診断士/経営コンサルタント等)の指導のもと、当養成課程の受講者7~8名程度で構成される実習班が企業様にお伺いして客観的に企業経営の内外環境・諸要因の現状分析を行い、「診断実習報告書」を作成して実効性の高い経営改善策等を無料でご提案いたします。

以下のようなご要望をお持ちの企業様にお勧めのサービスです。

1.店舗における顧客(来店客)のニーズを把握したい
2.製造現場の効率性向上やコストダウンを図りたい
3.自社発展のための経営戦略の手がかりが欲しい
4.今後の経営方針の参考になる経営計画を作成したい
5.自社の経営特性の客観的な分析結果を活用して経営課題の解決につなげたい 

企業診断実習の内容

1.流通業経営診断実習
対象業種:小売業又は製造小売業(店舗があり、店内・店頭にて商品を陳列販売していること)
2.製造業経営診断実習
対象業種:製造業(自社工場があり、製造ラインの製品にリピート性あり)
3.経営総合ソリューション実習
対象業種:全業種(不動産業、廃棄物処理業、遊技業などの一部の業種と夜間営業中心の業態を除きます)
があり、それぞれの実習は独立した経営診断となっており、実施期間や内容が異なります。 

企業診断のメリット

1.第三者からの経営戦略や経営課題に対する客観的な視点からの助言が得られます。
2.診断実習の報告会を通じて、全社的な経営革新などに係る取り組みの機会に資することができ、企業経営の活性化などに役立てていただくことができます。
3.顧客ニーズ調査などの各種ニーズ調査は、そのまま企業様にフィードバックされます。
 

企業診断実習の受け入れ要件

流通業の例
対象となる企業様の条件(原則)
1.業種:小売業又は製造小売業(店舗があり、店内・店頭にて商品を陳列販売していること)
2.組織形態:法人(株式会社、有限会社)かつ中小企業であること  
3.年間売上:5千万以上
前提条件(必須)
1.決算書(3期分)の借用  
2.会議室の借用(又は調達が可能なこと)
3.経営者が経営活動に前向きで、実習に協力的であること
4.来店者や店前通行者へのアンケート調査(100枚/日)が可能なこと  
5.販売データが入手又は調査できること  
6.経営者が中長期的な展開を考えていること

 

製造業の例
対象となる企業様の条件(原則)
1.業種:製造業(自社工場があり、製造ラインの製品にリピート性あり)
2.組織形態:法人(株式会社、有限会社)かつ中小企業であること
3.従業員規模:事務員+作業員が30人以上
前提条件(必須)
1.決算書(3期分)の借用  
2.会議室の借用(又は調達が可能)
3.経営者が経営活動に前向きで、実習に協力的であること
4.自社工場内にてIE手法を用いた分析(ビデオ撮影等)が可能なこと
5.売上データが入手又は調査できること  
6.経営者が中長期的な展開を考えていること

企業診断実習までの流れ

 お問合せから実習実施までの流れは、
(1)実習説明依頼   (約6か月前)
(2)実習内容・日程の説明 (約6か月前)
(3)実習受入確認 (約6か月前)
(4)実習の進め方の詳細打ち合せ (約2か月前)
(5)実習の実施 (訪問調査・報告会等 4~8日間程度)

診断実習の決定(受け入れの実施)

中小企業診断士養成課程の各期の開講準備と合わせ、研修生の数などを勘案し、お申し込み頂いた企業様の中から、診断実習の受け入れの実施をご連絡します。

ご負担について

企業診断実習にかかる費用のご負担は一切ありません。
また、受け入れにあたって薄謝ですが謝礼金をご用意しています。
経営診断サービスのご提供は、当校から公共交通機関で2時間以内の範囲に限定させていただいております。
あらかじめご了解のうえ、お申し込みください。

お問い合わせ先

独立行政法人 中小企業基盤整備機構
中小企業大学校東京校 支援研修課 企業実習担当
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話042-565-1252   FAX042-590-2686
Email:to-shindan@smrj.go.jp