No.23 キャッシュフローと資金調達

受付終了 研修番号 23 場所 東京校
期間 2016年9月14日(水曜)~9月15日(木曜)、2016年10月12日(水曜)~10月13日(木曜)/全4日間 受講料 35,000円 定員 25名
対象 経営幹部・管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい 

 『景気拡大期にこそ倒産件数が増える!』利益と資金(お金)の違いが分かればこの現象を理解できるようになります。つまり『勘定合って銭足らず』という現象であるが、企業存続のためには、こうした状態は絶対に避けなければなりません。そのために、資金と利益の違いを理解し計画を立てる方法を講義・演習を通して学びます。インターバル後には、利益・資金計画の策定手法に留まらず具体的かつ実践的な資金調達の方法についても学びます。
 

研修の特長 

資金繰りのポイントが理解できるようになります。
実践的な資金調達の勘所が掴めるようになります。
講義時間内にできるだけ多くの個別質問にも対応致します。

カリキュラム 

月日 時間 科目 講師 内容
9月14日(水曜) 9時40分~10時00分 オリエンテーション 当校職員  
10時00分~12時00分 利益・資金の違いを理解する 加藤 雄士
加藤税理士事務所
所長
決算書の見方のおさらいをしつつ、利益・資金の違いを理解し、それぞれのポイント・重要性を学びます。
13時00分~17時00分 利益計画・資金計画の考え方・つくり方(演習) 利益計画・資金計画の必要性及び考え方を理解するとともに、利益計画・資金計画作成のためのプロセスを演習を交えながら(身体で感じながら)学びます。講義の合間に財務(利益・資金、等)に関する個別相談(疑問点の解消・悩み相談)について実施致します。
*自社の損益計算書と貸借対照表をご持参ください。
9月15日(木曜) 9時00分~12時00分
13時00分~16時00分 資金の流れを理解する 資金を流れを理解し、円滑な資金繰りを実現するためのポイントを学びます。
インターバル期間
10月12日(水曜) 10時00分~13時00分 金融機関に頼らずともできる資金調達法 塩見 哲
ダンコンサルティング株式会社
代表取締役
利益・資金の関係をおさらいを行い、本来の資金調達は利益を生むことであることを学びます。さらに、資産や債権を資金化する方法。株主割当と第三者割当(増資)で資金調達を行う方法。少人数私募債(負債勘定)など中小企業においても資金調達可能な直接金融に関する知識についても学びます。
14時00分~17時00分 金融機関からお金を借り続ける方法 小堺 桂悦郎
有限会社小堺コンサルティング事務所
代表取締役
中小企業にとって自己資本以外の資金調達のメインは金融機関からの借り入れになります。まさしくお金を借り続けられることが企業存続のための生命線となります。貸し渋り・貸し剥がしにあわないための留意点につき過去の実例を題材に、より深く実践的に学びます。またテーマに関する研修生からの個別相談についても研修時間内において実施します。
10月13日(木曜) 9時00分~16時00分
16時00分~16時20分 修了証書授与 担当職員  

講師プロフィール

◆加藤 雄士 (かとう ゆうじ) 加藤税理士事務所 所長

関西学院大学大学院商学研究科博士課程前期課程修了後、(株)岩崎経営センターに勤務。その後、独立し加藤雄士税理士事務所を開業。現在、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士の実務家として活動中。関西学院大学大学院経営戦略研究科教授。独立後、中小企業診断士講座で、経営コンサルタント養成に約10年間たずさわった。また、全国の地方自治体、民間企業、中小企業大学校、税務大学校などで人材開発を行っている。著書に『経営に活かす 人材開発実務』(関西学院大学出版会、2010年)
 

 

◆塩見 哲 (しおみ さとし)ダンコンサルティング株式会社 代表取締役

ダンコンサルティング株式会社代表取締役。経営戦略コンサルタント(税理士)。1972年公認会計士事務所でコンピュータソフト開発とコンサルティング業務従事。1976年東京税理士会に税理士登録、ダン総合コンサルティング事務所創立。1986年ダンコンサルティング株式会社設立、代表取締役就任。『銀行に頼らない「資金調達」―中小企業が自分でできる!直接金融で貸し渋りに負けない経営体質をつくる』など著書多数に及ぶ。

 

◆小堺 桂悦郎 (こざかい けいえつろう)有限会社小堺コンサルティング事務所 代表取締役

金融機関勤務を経て、税理士事務所において資金繰りコンサルティング業務に専任。2001年末にコンサルタントとして独立。‘借りる技術・返す技術’指南の専門家として、主に中小企業経営者の立場に立った実践的なコンサルティングを行っている。著書も多数に及び2006年発売の『なぜ社長のベンツは4ドアなのか?』はシリ-ズ70万部を突破する大ベストセラーとなっている。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

◆研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2000円程度)を開催する予定です。
◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 東京校企業研修課
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207
FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp