No.12 トップセミナー(1)業績向上型人事制度

受付終了 研修番号 12 場所 東京校
期間 2016年5月24日(火曜)/1日間 受講料 16,000円 定員 30名
対象 経営者・経営幹部・後継者・管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

社員のやる気度、爆発!人事・評価制度改革!!

研修のねらい 

 人事制度を単に「評価や昇給・賞与を決めるための制度」とするだけではなく、「真に社員を成長させ、業績を向上させるための制度」にできれば、社員の納得感は高まり、モチベーション向上に繋がります。また、社員の成長が組織の成長に直結し、経営戦略の実現が円滑に進みます。これらは、「業績向上型人事制度」によって、自分たちの力で現実のものとすることができます。
 この研修では、経営者の頭の中にある、「どんな社員に育って欲しいか」 を「見える化(可視化)」することで、本来的な意味での人事制度の構築ができることを、講義、事例を通じて学びます。自社にカスタマイズされた人事制度を自社で作り上げ、自社で更新し、成果を出していくための考え方、方法論の概略を学ぶことのできる研修です。

研修の特長 

・経営者の頭の中を「見える化」して人事制度を構築するための考え方・方法をご紹介します。
・社員が成長することで、業績が向上する、中小企業に最適な評価制度・人事制度の仕組みが理解できます。
・経営戦略とそれを実現するため「人」の行動(戦術)が結びつき、成果を生み出す仕組みが理解できます。

◆本コースで学んだ成果は、当校で実施する下記コースで活かすことができます。併せての受講をお勧めします。
「業績向上型人事制度構築シリーズ2.社員と組織を成長させる戦略的人事マネジメント」2016年7月19日(火曜)~2016年9月6日(火曜)(全4日間)

カリキュラム 

月日 時間 科目 講師 内容
5月24日(火曜) 9時20分~9時40分 オリエンテーション 担当職員  
9時40分~12時40分 人事制度の意義と活用の仕方―業績向上型人事制度とは― 松本 順市
株式会社ENTOENTO
代表取締役
これまでの人事制度の問題点を整理し、なぜ、業績向上型の人事制度が必要であるのかを学びます。また、業績向上型人事制度の全体像や効果についても学びます。
13時40分~15時40分 社員を成長させる人事制度活用事例(ディスカッション) 長島 睦
株式会社メディアラボ
代表取締役

(コーディネーター)
松本 順市 (前掲)
実際に、業績向上型人事制度を活用されている企業の事例をご紹介し、適用のプロセスやどのような効果が生じるのかを紹介します。
その後、人事制度の構築についての質疑応答、ディスカッションを行い、実践のためのヒントを学びます。
15時40分~16時40分 効果的な人事制度構築のためのステップ 松本 順市 (前掲) 業績向上型人事制度を構築するための流れについて具体的に学びます。
16時40分~16時50分 修了証書授与 担当職員  

講師プロフィール

◆松本 順市(まつもと じゅんいち) 株式会社ENTOENTO 代表取締役
 

「3K」産業と呼ばれる魚屋の業界にあって、サービス残業130時間から業界初のサービス残業ゼロ完全週休2日制を実現。社員の成長を支援する人事制度を構築し、店頭公開を経て東証2部上場を実現。
現在、人事コンサルタントとして、社員が成長する仕組みづくり(人事制度)構築を行い、過去10年間で572社の実績は日本一の人事制度構築支援数を誇る。成功率は業界平均の20倍の99.5%。
著書にはいわゆる成果主義の弊害を排し、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめた『成果主義人事制度をつくる』(鳥影社)とすべての社員を育てるコツをまとめた『上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか?』(ナナ・ブック)、『「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる』(幻冬舎)、若手社員の成長を支援する『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』(中経出版)がある。

平成27年度に受講していただいた方の声(受講生アンケートより)

  • 実際の具体的な話、メリットや、導入時の苦労などよくわかった(建設業・30代)
  • 成果を上げた社員をどう評価すれば良いのか?という考えしかなかったが、社員の成長にフォーカスした評価にするという仕組みにすることという所が参考になった。(建設業・40代)
  • 評価シートを独自に作成したいと思っていた時なので、成長シートについては大変参考になった。具体的で判りやすいご説明だったので、ありがたい気持ちで受講する事ができた。(サービス業・40代) 
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 東京校企業研修課
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207
FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp