No.11 新任管理者研修

受付終了 研修番号 11 場所 東京校
期間 2016年5月23日(月曜)~2016年5月27日(金曜)/5日間 受講料 42,000円 定員 40名
対象 管理者、新任管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

優れた管理職が持つ「4つ」のスキルを5日間で徹底体得!!

研修のねらい

 企業を取り巻く経営環境が著しく変化している昨今、組織の中核を担う管理者の役割は益々重要性を帯びてきております。それは単にトップと現場との橋渡し役ということにとどまらず、管理者は組織的かつ効率的な事業展開を推進する責任者という位置付けで期待されており、当然のことながらその果たすべき責任は極めて大きいと言えます。
 本研修では、管理者に求められる役割・視点について理解し、必要となるマネジメントの知識・スキルを「問題解決」「リーダーシップ」「部下指導・育成」「自己啓発」という4つの観点から体系的かつ実践的に学んでいただきます。
 また、自社における今後の行動指針・計画づくりにも取り組んでいただき、研修成果の職場へのフィードバックを目指します。
 

研修の特長

・管理者に必要とされる役割と視点について基本から学びます。
・管理者に求められる「4つ」のマネジメントスキルについて演習を交えて実践的に学びます。
・管理者としての自身の行動指針を策定します。
◆本コースで学んだ成果は、当校で実施する下記コースで活かすことができます。併せての受講をお勧めします。
「OJT実践講座」2016年7月7日(木曜)~12月8日(木曜)(全3日間)
「職場における問題解決の進め方」2016年7月26日(火曜)~28日(木曜)
 

カリキュラム

月日 時間 科目 講師 内容
5月23日(月曜) 9時20分~9時40分 オリエンテーション 当校職員  
9時40分~16時40分(昼休12時~13時) 管理者に求められる役割とマネジメントの基本 高崎 宏史
株式会社人事工学研究所
代表取締役

 
管理者は、自身の立場や役割を認識した上で組織を動かし、最大限成果を高めることが求められています。ここでは、企業から求められている管理者の役割と能力について、演習を交えながら学びます。
職場で見られる問題を捉える視点や着眼点、問題解決の考え方を実習で体験します。

・環境変化と管理者に求められる役割
・組織の基本機能と管理者のあり方
・管理者としての判断基準
・状況に応じたマネジメントのあり方
5月24日(火曜) 9時20分~16時20分(昼休12時~13時)
5月25日(水曜) 9時20分~16時20分(昼休12時~13時) リーダーシップと部下の指導・育成及び管理者の自己啓発 組織においてリーダーシップを発揮するためには部下との円滑なコミュニケーションが重要です。ここでは、部下から信頼され能力・意欲を引き出すためのさまざまコミュニケーションのあり方や理解を深めると共に管理者としての自己啓発の手掛かりをつかみます。

・リーダーシップのあり方
・状況に応じたコミュニケーション
・職場におけるマネジメントのあり方
・自己概念と自己啓発
5月26日(木曜) 9時20分~16時20分(昼休12時~13時)
5月27日(金曜) 9時20分~16時20分(昼休12時~13時) 自分らしいリーダーシップを目指して 組織において、管理者が取り得るリーダーシップの方法はさまざまです。ここでは、客観的に自分の考え方・行動の傾向を分析し、自己のリーダーシップスタイルを把握します。自身にとって相応しいリーダーシップを発揮するために必要な能力及び手法について学びます。
・自分らしいリーダーシップ
・職場における行動指針の策定と計画作り
16時20分~16時40分 修了証書の授与 当校職員  

講師プロフィール

◆高崎 宏史(たかさき ひろふみ)株式会社人事工学研究所 代表取締役

昭和35年生まれ。早稲田大学卒業後、食品メーカーで勤務後、(株)人事工学研究所に入社、企画営業部長として勤務する傍ら、研修講師としての活動にも積極的に取り組み、中小企業大学校各校での講師実績も多数。行動科学等のマネジメント研修のフィールドに加え、日本産業カウンセラー協会認定のシニアカウンセラーの資格を持ち、既存の研修スタイルに捉われない新たな視点からのアプローチ(カウンセリング分野からの情報提供、各種診断、クライアントの治療法をベースにした演習等)で高い評価を得ている。現在はコンサルタント専任になり、更なる活躍の場を広げている。キャリアカウンセラー、TAトレーナー。

平成27年度に受講していただいた方の声(受講生アンケートより)

  • 部下の指導等に使えるスキルがたくさんありました。 (小売業・20代)
  • 自分について振り返ることが出来、非常に有意義でした。(金融・保険業・30代)
  • 意識レベルを上げてもらい大いに役立った。(製造業・40代)
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

◆研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2000円程度)を開催する予定です。
◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 東京校企業研修課
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207
FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp