No.6 海外販路開拓のための英文契約と貿易の実務

受付終了 研修番号 6 場所 中小機構本部9階会議室(東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル9階)
期間 2016年8月23日(火曜)~2016年8月25日(木曜)/3日間 受講料 28,000円 定員 30名
対象 海外事業の管理者、事業責任者とその候補者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

海外取引実務が丸わかり!これが「海外販路開拓のいろは」だ!

研修応募要項

応募条件

英語での演習を一部予定しているため、基礎的な英語力〈※)を有していることが望まれます。

※英語力の目安:海外で買い物ができ、食べたいものがオーダーできる。

 持参物

自社の企業紹介パンフレット、商品・製品カタログなど

英和辞典、和英辞典、ノートパソコン(希望により貸出をいたします。) 

研修のねらい

 海外との取引を計画する企業にとって、事業を進める上で不可欠なのが「TPP等の国際ビジネスルールを始めとする海外取引の知識や英文での契約行為、プレゼンテーション」です。
 本研修では、海外取引を担う実務責任者に必要となる基礎知識を習得していただくとともに体験型のカリキュラムを採り入れ、「自分にもできる!」といった自信をつけていただきます。今後も益々グローバル化していくと考えられる経営環境の中、企業の成長と発展を担う実務責任者の方は是非、本研修をご活用いただき、円滑な海外取引による自社の発展につなげてください。
 

研修の特長

(1)海外販路開拓(輸出・展示会出展等)の流れと手続き
(2)海外取引契約の基本の習得と英文契約書作成演習
(3)輸出業務を中心とした貿易実務の基本

会場

中小機構本部(東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル9階)

カリキュラム

月日 時間 科目 講師 内容
8月23日(火曜) 9時40分~10時00分 オリエンテーション 東京校職員 ・研修プログラムの概要説明
・事務連絡
10時00分~13時00分 海外販路開拓の進め方
─TPPの現状をふまえて─
秋島 一雄
株式会社IAC
代表取締役
中小企業診断士
(1)販路開拓を行う意味
(2)販路開拓の実際、海外取引の形態
(3)販路開拓を進める上での留意点
(4)TPPなどの経済連携及び関税の考え方と支援策
14時00分~17時00分 はじめての英文契約 赤坂屋 潤 ※
表参道パートナーズ
法律事務所
弁護士

高草木 智 ※
表参道パートナーズ
法律事務所
弁護士
(1)英文契約の概要
(2)契約交渉ロールプレイ(交渉過程の疑似体験)
(3)英文契約書特有の文言・条項の解説
(4)契約条項の深読み
8月24日(水曜) 9時40分~11時10分
11時10分~14時40分
(昼休み12時10分~13時10分)
モデル英文契約書の解説 分野別のモデル英文契約書の概要を選択制により学ぶ
モデル契約書:売買契約または販売店契約/代理店契約
14時40分~16時40分 【演習】
英文契約書の作成
(1)英文契約書の草案作成
モデル契約書を活用し、グループに分かれてディスカッションした契約条件に基づき、契約書のドラフト(草案)を作成する。
(2)まとめ
8月25日(木曜) 9時40分~11時40分 海外販路開拓の方法と実際 秋島 一雄(前掲) 海外販路開拓の方法と実際
展示会、商談会の活用法
パートナーの見つけ方と獲得の実際
事例研究
12時40分~16時40分 【演習】
海外販路開拓演習
秋島 一雄(前掲)

中高 英明
株式会社ストラテジー・
ラボラトリーズ
代表取締役
中小企業診断士

川井 久
株式会社New Beginnings Japan
代表取締役社長
 
海外販路開拓のロールプレイ
行動計画の検討
16時40分~16時50分 修了証書授与 東京校職員  
※講師が変更になりました。

講師プロフィール

秋島 一雄(あきしま かずお) 株式会社IAC 代表取締役 中小企業診断士

1985年、総合商社に入社し、米国ダラス、インドネシア、タイに駐在。2006年4月に、中小企業診断士として独立し、秋島ビジネスコンサルティング設立。2006年9月に、株式会社IACを設立。商社時代のグローバルビジネスの豊富な経験をもとにした、グローバル人材育成のコンサルティングや研修に定評がある。現在も定期的に海外を訪問しており、海外の最新情報をタイムリーに研修に取り入れている 

赤坂屋 潤(あかさかや じゅん) 表参道パートナーズ法律事務所 弁護士

上智大学法学部、一橋大学法科大学院卒業。2011年西村あさひ法律事務所入所。国内外の企業の資金調達、M&A、ベンチャー法務その他一般企業法務を担当。アジア諸国における開発案件(中国・ベトナム・フィリピン・インドネシア・ラオス・ミャンマー・インド・バングラディシュ等)、外資系ファンドによる日系企業への投資案件など国際ファイナンスに関するアドバイスのほか、上場企業同士の共同株式移転、合併、買収をはじめとする各種M&A取引にも幅広く従事。今年、独立し、中小企業の支援に特化した表参道パートナーズ法律事務所を開設。

高草木 智(たかくさぎ さとし) 表参道パートナーズ法律事務所 弁護士

上智大学法科大学院卒業。2013年弁護士登録以降、中小製造業・物流業のM&A/各種の法律相談、ジョイント・ベンチャー等の海外取引、相続を含む事業承継、不動産賃貸に伴う取引・ トラブル対応、一般企業法務などを専門に活動。その他、セミナーも数多くこなす。
今年、独立し、中小企業の支援に特化した表参道パートナーズ法律事務所を開設。

中高 英明(なかたか ひであき) 株式会社ストラテジー・ラボラトリーズ 代表取締役 中小企業診断士

1992年、NEC入社。携帯電話事業部門にて海外向け製品の営業・企画を担当。その後、米Motorola日本法人やインド系ITサービス会社等を経て、経営コンサルタントとして独立。主に企業の海外進出コンサルタントやグローバル人材育成研修講師として活動中。英国レスター大学経営大学院修士課程修了(MBA)。長年の海外業務経験で得た知見を分かりやすい形で展開する研修スタイルに定評がある。現在も定期的に海外を訪問しており、海外の最新情報をタイムリーに研修に取り入れている。また、TOEIC満点を複数回取得(2009年、2014年)しており、語学力強化研修も得意メニューとしている。

川井 久(かわい ひさし) 株式会社New Beginnings Japan 代表取締役社長  中小企業診断士 ITコーディネータ

2001年、IT企業に入社し、大手鉄鋼メーカーのシステムエンジニアリングを担当。2007年に中小企業診断士を取得後は、グループ企業の再編・M&Aなどを歴任する。2011年にはソフトウェアのオフショア開発先として、ベトナム現地法人を設立、役員に就任。2014年に株式会社NewBeginningsJapanを設立し代表に就任する。海外進出・創業・経営管理などをテーマに、自身の中小企業での経験に基づく研修や個別企業支援を行っている。
 

平成27年度に受講していただいた方の声(受講者アンケートより)

  • 実際の経験に基づいてお話しされていた内容で、まさに今直面している課題についての対策を学ばせていただきました(製造業・20代)
  • 非常に説明がわかりやすく丁寧で大変勉強になった。英語、和訳共にテキストも用意していただけたので理解しやすいのも良かった。(製造業・20代)
  • 今までは英文契約書に対して不安を持ちながら読んだり、深読みするべきポイントがよくわかりませんでしたが、モデルを見ながら解説していただいたことで、全体の流れや読む際の留意点を把握でき良かったです。(製造業・20代)
  • 海外展示会など実際に現地の方とビジネスをしていく上での留意点などとても勉強になりました。具体的な例も多く教えていただき分かりやすかったです。 (製造業・20代)
  • 海外展示会へ出展する予定がこれからあるので、オーディエンスに自社製品の魅力を分かりやすくアピールする方法を実践を通じて学ぶことができて大変良かったです。(製造業・20代)

備考

◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。
◆本研修の実施場所は、中小機構本部9階会議室(東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル9階)になります。場所をお間違いにならないようご確認ください。なお、お問い合わせは、下記の中小企業大学校東京校(東大和市)にてお受けいたします。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード
お問い合わせ・資料請求・御意見等は
中小企業大学校東京校企業研修課

〒207-8515   東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207    FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/    E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。