No.37 多品種少量生産のための生産スケジュールと納期管理

受付終了 研修番号 37 場所 東京校
期間 2015年8月18日(火曜)~2015年8月20日(木曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 生産現場の管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい 

 企業活動の基本は、顧客の真の要求をとらえた製品・サービスを開発、生産、販売し、利益を確保していくことです。
 この研修では、顧客の真の要求の1つである「納期(Delivery)」をテーマとして、在庫や仕掛りを減らしながら「必要な物」を「必要な時」に「必要なだけ」製造する手法、またそのためのマネジメントをどのように進めるかを学んでいただきます。納期管理における考え方を体系的に理解し、さまざまな手法について、演習やグループ討議を交えて実践的に身に着けることができます。また、現場の納期管理事例を多数紹介しますので、ご自分の職場にあてはめ、即実践に役立つヒントが得られます。
 3日間で納期管理のプロとして成長し、自社に戻って納期管理のリーダーとして活躍することを目指して学んでいただく研修です。

(1)多品種少量生産が抱える課題
(2)課題の可視化と分析(演習)
(3)円滑な生産を阻害する要因―ムダ取りの必要性―
(4)リードタイム短縮のための改善策(演習)
(5)生産計画と生産実績の把握と管理(演習)

研修の特長 

・生産計画、生産管理について講義・演習を通じて理解していただきます。
・製造リードタイム短縮のための分析手法について、演習を通じて実践的に学べます。
・事例紹介を通じて、中小企業の製造現場の実情に合ったリードタイム短縮のノウハウを習得します。

※自社課題分析の演習があるので、一社複数名での受講をお勧めします。
※事前課題があります。詳細は受講決定後にお知らせいたします。

カリキュラム 

月日 時間 科目 講師 内容
8月18日(火曜) 9時20分~9時40分 オリエンテーション 担当職員  
9時40分~12時00分 多品種少量生産が抱える課題 葉 恒二
葉中小企業診断士事務所 代表
消費者ニーズの多様化による製品の多品種少量化と受注の多頻度小ロット化は、今後ますます増えていくものと予想されます。ここでは、そうした流れに対応することを目的に、多品種少量生産が抱える問題点を明らかにし、自社課題解決へのヒントを得て頂きます。
・課題解決のロードマップ(全体像の把握)
13時00分~17時40分 課題の可視化と分析(演習) 多品種少量生産が抱える課題に対応する第一歩としては、課題を可視化することが必要となります。そのための分析手法を学びます。
・4M+レイアウトの分析
・工程分析
・作業分析
8月19日(水曜) 9時20分~12時20分 円滑な生産を阻害する要因―ムダ取りの必要性― 生産活動が円滑に進まない理由の一つは『ムダ』の存在です。ここでは、生産活動にとってのムダとは何かについて検討を行い、ムダ取りの必要性を学びます。
13時20分~18時20分 リードタイム短縮のための改善策(演習) 生産リードタイムの短縮に向けた改善を、演習や事例研究を通じて理解・習得します。
・作業改善
・5S
・平準化
・段取改善
8月20日(木曜) 9時20分~12時20分 生産計画と生産実績の把握と管理(演習) “必要なものを、必要なときに、必要なだけ作る”という生産システムの基本機能を満たすために重要となる、生産計画・生産管理に関する基礎知識と、現場の実情に即した運用の仕方について、講義・演習を通して学びます。
・日程計画
・進度管理
・余力管理
・在庫管理と部品発注方式
13時20分~16時20分
16時20分~16時30分 修了証書授与 担当職員  

講師プロフィール

◆葉 恒二(よう こうじ) 葉中小企業診断士事務所 代表

日本発条、ポリプラスチックス(株)にて金型設計、生産管理、生産技術、加工技術開発に従事。合成樹脂の加工を専門に、一貫してものづくりの第一線で現場改善、技術開発に携わる。当校工場管理者養成コースのゼミナール講師を長期に渡り務め、受講者の課題に寄り添う指導には定評がある。

平成26年度に受講していただいた方の声(受講生アンケートより)

  • 演習を通じて普段の業務の中にたくさんのムダと改善点があることが学べた。(製造業・30代)
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

◆研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2000円程度)を開催する予定です。
◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 東京校企業研修課
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207
FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp