No.36 原価管理とコストダウンの進め方

受付終了 研修番号 36 場所 東京校
期間 2015年7月22日(水曜)~2015年7月24日(金曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 生産現場の管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい 

 企業活動の基本は、顧客の真の要求をとらえた製品・サービスを開発、生産、販売し、利益を確保していくことです。
 この研修では、顧客の真の要求の1つである「原価(Cost)」をテーマとして、どのように原価意識を徹底し、コストダウンを図り、確実に利益を生み出す仕組みを構築するかを学んでいただきます。「現場でコストダウン活動をやっているがなかなか成果に結びつかない」など課題をお持ちの方が本コースを受講すると、原価計算、原価管理の考え方を体系的に理解し、コスト低減方法等のさまざまな手法を、演習やグループ討議を交えて実践的に身に着けることができます。特に、コストダウンにおいては、定石があり、例えば、工場には目に見えるロスと見えないロスがありますが、大きな成果に結びつけるには、測定して見えないロスを見えるようにし、改善に取り掛かることが肝心です。このような定石を押さえ、確実にコストダウンの効果を出すためのプロセスについても、演習を通じて実践的に学ぶことができます。また現場のコストダウン事例を多数紹介しますので、ご自分の職場にあてはめ、即実践に役立つヒントが得られます。
 3日間でコストダウンのプロとして成長し、自社に戻ってコストダウンのリーダーとして活躍することを目指して学んでいただく研修です。

(1)製造現場の原価管理とコストダウンのねらいどころ
(2)原価管理とコストダウン(IE改善トライアル演習)
(3)現場でのコストダウン活動の着眼点と事例―理想原価を目指して―

研修の特長 

・利益を確保するための原価管理のポイントが理解できます。
・コストダウンの手法と実践のためのポイントを学べます。
・コストダウンのための改善を演習形式で実践的に学ぶことができます。

カリキュラム 

月日 時間 科目 講師 内容
7月22日(水曜) 9時20分~9時40分 オリエンテーション 担当職員  
9時40分~12時00分 製造現場の原価管理とコストダウンのねらいどころ 大塚 泰雄
株式会社MEマネジメントサービス
常務取締役
コスト・利益の基礎知識と原価管理活動の全体像を学びます。
・企業活動と原価の流れ
・原価ロスとコストダウンのねらいどころ
・コストダウンの2つの側面
・効果のコストダウンテーマを見つける
13時00分~17時40分 コストダウン余地を知ることの重要性 ・原価管理をコストダウン成果につなげる
・管理のコストダウン余地を知る
・改善のコストダウン余地を知る
・ロスをつぶすには原則がある
7月23日(木曜) 9時20分~18時20分

(昼休12時~13時)
コストダウン実践演習
(IE改善トライアル演習)
大塚 泰雄 (前掲)

中島久美子
株式会社MEマネジメントサービス 
Me‐learningマネージャー
組立作業モデルを用いた机上演習をグループで行い、コストの把握と改善アプローチを体感することで、原価管理の基本ステップと改善ポイントを学びます。
7月24日(金曜) 9時20分~12時20分 演習の成果報告会と表彰 ・コストダウン効果の大きい改善内容の発表と最も安い理想原価のグループ表彰
・コストダウン実践のポイント
13時20分~16時20分 現場でのコストダウン活動の着眼点と事例―理想原価を目指して―
 
前掲 大塚 泰雄 自社でコストダウン活動を行う上での実施のポイントについて様々な事例を通して学びます。
・究極の材料費を追求する
  良品に潜んだ歩留ロスをつぶす
  不良率が高いと不良金額も大きい等
・加工費
  設備能力を目いっぱい使っているか
  生産性を倍増する3つのステップ等
16時20分~16時30分 修了証書授与 担当職員  

講師プロフィール

◆大塚 泰雄 (おおつか やすお)(株)MEマネジメントサービス 常務取締役

大手工作機械メーカーに11年勤務。開発・設計、製造、営業技術などを経験し(株)MEマネジメントサービス常務取締役。マネジメントコンサルタント。中央大学アカウンティングスクール兼任講師。
主に企業では、設計・生産技術・購買・製造部門の原価管理システムの立案・構築・実施やVE、IE、購買査定テーブルを活用した、総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務が活動の中心である。その他、公開セミナー、社内教育などの活動も行う。
主な著書には「実践原価企画」「よくわかる金型の原価管理とコストダウン」「見える化でわかる売り値と買い値」「見える化でわかるムダつぶしコストダウン」「トコトンやさしい原価管理の本」などがある

◆中島 久美子(なかじま くみこ) (株)MEマネジメントサービス Me‐learningマネージャー

コンピュータ会社勤務を経て、1998年 (株)MEマネジメントサービス入社。
マネジメント学習システム:Me-learningの運用、マネジメントソフトの開発、マネジメントソフトの企業への導入にあたりユーザーへの教育指導、ソフトマニュアルの英語翻訳等を担当。 

平成26年度に受講していただいた方の声(受講生アンケートより)

  • ムダを見つける手順を学び、会社でも役立てることが出来ると思いました。(製造業・40代)
  • グループ演習ということで、他の人の意見などを聞けて刺激になりました。(製造業・30代)
  • 多くの事例を出していただき、非常に参考になりました。(製造業・40代)
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

◆研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2000円程度)を開催する予定です。
◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 東京校企業研修課
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207
FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp