No.9 トップセミナー(3)失敗しない事業承継の進め方─法務・税務を中心に、今やるべき事!─

受付終了 研修番号 9 場所 東京校
期間 2016年3月2日(水曜)~2016年3月2日(水曜)/1日間 受講料 16,000円 定員 30名
対象 経営者・経営幹部
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい 

企業が存続・発展するために事業承継は重要な経営課題の一つと言えますが、中小企業の経営者が高齢化する一方で、後継者の確保がますます困難になっています。また、多くの経営者が経営を引き継ぐまでに5年~10年はかかると考えていますが、現実的な取り組みが進んでいない企業がまだまだ多いため、事業の継続的な発展のためにも事業承継について計画的な取り組みが求められています。本研修では、経営トップの交代を中長期的な視点から円滑に進め、自社の経営活動によって生み出す社会的な価値をさらに高めていくための手順を学びます。また、承継する資産(人・物・金・知的資産)を活かして発展的な世代交代につなげるために、法務・税務面でのトラブルを回避するための知識を学びます。

研修の特長 

●今ある事業価値を未来につなげる事業承継のあり方と進め方について大まかな流れを学んでいただきます。
●事業承継の際に知っておくべき法律知識を学んでいただきます。
●税金対策のポイントを学んでいただきます。

カリキュラム 

月日 時間 科目 講師 内容
3月2日(水曜) 9時40分~10時00分 オリエンテーション 当校職員  
10時00分~12時00分 円滑な事業承継の進め方 城所 弘明
城所会計事務所
所長
公認会計士・税理士
事業を継続的に発展させていくためには、今から計画的な事業承継を考えなければなりません。そこで、自社のさまざまな経営資源(有形資産)や形にしづらいノウハウなどの財産(無形資産)まで広い視点で捉え、円滑に「経営」承継を進めていくために経営者が理解しておかねばならない事業承継に潜む問題点や計画的な事業承継対策の必要性等について実践上のポイントを学びます。

・事業承継とは何か(人・物・金・知的資産の承継)
・事業承継の現状と問題(後継者への承継、M&Aによる売却、廃業)
・事業承継の手順(フロー)
・後継者の選び方と承継方法
・事業承継計画のポイント
・失敗事例から学ぶ事業承継
13時00分~17時00分 事業承継の法務・税務対策 経営者の交代に伴って発生する法務・税務面での問題に上手に対処するために、相続・贈与などの法律知識や最新の税制について学んだ上で、どのような対策を講じていくべきかについて学びます。また、事業承継には様々な費用が想定されます。そこで、大まかな費用と資金調達方法を解説します。

・民法・相続税法等の基礎知識
・土地家屋、自社株を中心とした相続対策
・会社法、経営承継円滑化法の有効な活用方法
・事業承継に必要な費用とその資金の調達方法
・実践的な活用事例
・相続対策の落とし穴
17時00分~ 修了証書授与 当校職員  

講師プロフィール

◆城戸 弘明(きどころ ひろあき)城所会計事務所 所長 公認会計士・税理士

1952年東京生まれ。1975年横浜国立大学卒業。1980年公認会計士・税理士の資格取得。日本公認会計士協会事業承継専門部会の部会長、日本商工会議所税制委員会の学識委員、中小企業基盤整備機構の事業承継専門家講師など。<著書>「社長さん必読!プロが教える事業承継の税金と法律」(東洋経済新報社)、「専門家のためのQ&A経営承継円滑化法徹底活用」(ぎょうせい)など。中小企業庁発行「事業承継ガイドライン20問20答」(平成18年10月)制作協力。
 

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 東京校企業研修課
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207
FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp