No.7 実践!自社経営戦略策定講座

受付終了 研修番号 7 場所 東京校
期間 2015年10月27日(火曜)~10月28日(水曜)~2015年12月15日(火曜)/2日間×1回 1日間×1回(全3日間) 受講料 31,000円 定員 25名
対象 経営者・後継者・経営幹部限定
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい 

 経営者・経営幹部は、どのように他社と差別化し競争優位性を獲得するのかという自社の戦略を明確にし、リーダーシップを発揮していく役割を担っています。
この研修では、経営の原理・原則を講義・事例を通して学ぶとともに、自社の経営戦略を実際に動かしていくために、あるべき姿を達成するためのアクションプラン(行動計画)となる『自社の経営戦略』を策定することで、より実践的な経営力の向上を目指していただきます。

(1)経営戦略の重要性
(2)経営戦略策定の手順と実際
(3)経営戦略策定演習(演習)1~3

研修の特長 

・経営戦略の必要性を理解し、策定のプロセスを専門家からの個別指導を受けながら実践的に学ぶことができます。
・自社の中長期的な経営戦略を専門家からの個別コンサルティングを受けながら策定することができます。
・インターバル期間中に専門家による個別企業訪問を受けられ、コンサルティングを受けることができます。
・希望者は、策定した経営戦略の実行にあたり、継続的な専門家派遣等の中小企業支援策を活用することができます。(別途審査あり)

◆事前課題があります。(経営戦略策定ワークシートの記入等)
◆短時間でより現実的な経営戦略の策定を目指すため、1社複数名での受講をお勧めいたします。
◆戦略立案をするので、意思決定が必要になります。意思決定できる方がご参加ください。

カリキュラム 

月日 時間 科目 講師 内容
10月27日(火曜) 9時20分~9時30分 オリエンテーション 担当職員  
9時30分~17時30分
(昼休12時~13時)
経営環境の変化と経営戦略の重要性

経営戦略策定の手順と実際

自社経営戦略策定演習1(演習)
坂本 篤彦
ビジネス・コア・コンサルティング 
代表
企業経営における経営戦略の意義を再確認し、中小企業を取り巻く経営環境の変化に応じて、どのような行動を取っていく必要があるかを考えます。
・企業経営をめぐる動向と課題
・経営計画の概念と経営計画策定プロセス
経営戦略策定の基本的な手順と各ステップのポイントについて解説するとともに、実際に自社の経営戦略を作りあげていきます。
●経営の柱と土台を築く(経営理念・ミッション・行動指針)
●コア・バリューの明確化
●自社の外部環境を把握する(PEST分析)
●自社の内部環境を把握する(3C分析)
●ドメイン(事業領域)の明確化
●マーケティング・ミックスの検討(4P分析)
●差別化の検討(価値・満足基準・感動基準)
●自社の状況を客観的に捉える(SWOT分析)
●自社の強みの深堀り(VRIO分析)
●クロスSWOT分析
●バリューチェーン分析
10月28日(水曜) 9時30分~17時30分
(昼休12時~13時)
自社経営戦略策定演習2(演習) (演習講師)
(独)中小機構 関東本部 経営支援部 
工藤 保男:統括プロジェクトマネージャー

安藤 信之:チーフアドバイザー

神保 旭:チーフアドバイザー

中小企業大学校東京校 企業研修課
小峯 孝実:人材育成アドバイザー

國方 洋伸:人材育成アドバイザー

(コーディネーター)
坂本 篤彦(前掲)
4社1班に分かれ、班での演習をして頂きます。演習講師に個別相談をしたり、自社戦略ワークシートをブラッシュアップしながら、自社戦略を作りあげていきます。
●自社戦略策定(前日に記入したワークシートのブラッシュアップ)
●個別相談
●班講師との質疑応答
インターバル期間中、希望者には、演習講師が現地訪問し、相談に乗ります。  
12月15日(火曜) 9時30分~16時00分
(昼休12時~13時)
自社経営戦略策定演習3(演習)





班に分かれ、演習講師の指導の下、インターバル期間中の宿題を報告し、再び個別相談をしながら、自社戦略を作りあげて行きます。
●インターバル中の振り返りとシェアリング
●個別相談
●班講師との質疑応答

●事例発表
16時00分~17時00分 戦略実行のポイント 坂本 篤彦(前掲) これまで作りあげてきた自社経営戦略を実行するにあたって、注意すべきポイントや、より深堀していくための方法などを学びます。
17時00分~17時30分 戦略策定・実行に係る中小企業支援策紹介 工藤 保男(前掲) 経営戦略を実行するにあたって、活用可能な中小企業支援施策をご紹介します。
17時30分~17時40分 修了証書授与 担当職員  

講師プロフィール

◆坂本篤彦(さかもと あつひこ) ビジネス・コア・コンサルティング代表

中小企業診断士、浜松大学大学院客員助教授

日本マクドナルド(株)を経て、1991年、東京商工会議所入所。ベンチャー企業の事業展開支援や中小企業のM&Aサポート事業の企画・立案および事業運営等に携わる。2002年9月独立し、ビシネス・コア・コンサルティングを設立。創業・ベンチャーの事業展開支援など実践型のコンサルティングを展開し、現在に至る。自身も中小企業の後継者としてのバックグラウンドを持ち、年に百数十回行なわれるセミナー・講演会には「元気が出る」とリピーターも多い。著書に「21世紀の『サービス業』」はこう変わる」(経営情報出版社/共著)、「販路開拓成功マニュアル」(東京商工会議所 ベンチャー支援センター)がある。

 

◆演習講師につきましては、詳細が決定後に掲載いたします。

その他

◆本コースは、インターバル期間中に貴社に演習講師が伺い、経営課題の明確化や戦略策定についてのアドバイスを実施します。

平成26年度に受講していただいた方の声(受講生アンケートより)

  • 事例を交えて説明していただけたので、分かり易かった。(情報通信業・30代)
  • 現状分析の方法が詳しく分かり、今までの当社の進め方について見直しを行いたいと感じた。(製造業・40代)
  • 改めて考え直す部分が見えてきて整理もしやすく感じた。(運輸業・40代)
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

備考

◆研修初日の講義終了後に交流会(参加任意:費用2000円程度)を開催する予定です。
◆カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。
◆当大学校の研修は、人材交流の場でもあります。名刺交換などを積極的に行って頂きたいので、名刺は定員をご確認の上、多めにお持ち下さい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 東京校企業研修課
〒207-8515 東京都東大和市桜が丘2-137-5
電話:042-565-1207
FAX:042-590-2685
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/
E-mail:to-kenshu@smrj.go.jp