東京校のご案内

中小企業大学校東京校は、中小企業の人材育成を支援します!

 中小企業大学校は、独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)が、国の中小企業施策の実施機関として中小企業の人材育成を支援することを目的に、全国9箇所に設置し、運営しています。
 中小企業大学校東京校は、昭和37年から約17万人の方々に受講いただき、中小企業大学校の中核校としての役割を担ってまいりました。
東京校では、中小企業に従事する方、中小企業を支援する立場の方に向けて、長年にわたり培ったノウハウを活かした具体的で体験的な手法により、基礎から応用力までを確実に習得することに重点を置いた研修を実施しています。

独立行政法人中小企業基盤整備機構

当校の研修活用事例紹介ムービー-J-Net21「企業未来!チャレンジ21」(新規ウィンドウに表示)

 →中小企業施策普及紙「中小企業振興」連載「人材育成の現場から―中小企業大学校受講者の横顔―」

東京校写真

東京校が実施する研修について

●広く中小企業に従事する方を対象とした研修

中小企業に従事する方ならどなたでも受講していただける研修を多数実施しています。経営や管理、技術に関することなど中小企業の発展を支える人材にとって必要な知識やスキルを、公的機関ならではのリーズナブルなコストで学ぶことができます。

研修一覧(中小企業者の方を対象とする研修)

研修に参加できる方

 

●特定の方を対象とした研修

都道府県、支援センター等の担当者、商工会議所、商工会、中央会、信用保証協会等の支援機関の担当者等の方を対象とした支援者向けの研修の他、金融機関に従事される方や、中小企業診断士、公認会計士、税理士の方など方を対象とした研修がございます。

東京校が実施している具体的な研修のご紹介(一例)

経営後継者研修

 次代の経営者を目指す経営後継者に必要な基本的能力や知識を実践的に習得していただける10ヶ月にわたる長期の研修です。

 

経営管理者研修

 自社の経営革新を推進する経営管理者に必要となる幅広い知識やマネジメントの実践法などについて、総合的かつ体系的に習得していただける研修です。

 

工場管理者研修

 生産体質強化を担うキーパーソンを養成するため、IE技法、品質管理、原価管理、工程管理を効果的に行うマネジメント方法を体系的に学んでいただく研修です。

 

中小企業診断士養成課程

 中小企業診断士第一次試験に合格した方を対象に、中小企業診断士を養成する課程です。

 

※ 東京校全体で年間100コースを越える研修を行っています。

研修一覧(中小企業者の方を対象とする研修)

研修に参加できる方

ご連絡先一覧

中小企業者の方を対象とする研修のお問合せ窓口

【企業研修課】  電話 042-565-1207 FAX 042-590-2685
※経営後継者研修、経営管理者研修、工場管理者養成研修は、(電話042-565-1284)へお問合せください。
メールアドレス to-kenshu@smrj.go.jp

 

中小企業を支援する方を対象とする研修のお問合せ窓口

【支援研修課】  電話 042-565-1170  FAX 042-590-2686
メールアドレス to-shien@smrj.go.jp

 

宿泊施設(東大和寮)のお問合せ窓口

【東大和寮フロント】  電話 042-564-1011  FAX 042-564-1010

 

その他東京校全般についてのお問合せ窓口

【業務課】  電話 042-565-1192(代表)  FAX 042-590-2684
メールアドレス to-unei@smrj.go.jp