16-09「決算書の読み方・活かし方」(平成28年8月2日~4日)

内容

 8月2日から8月4日の3日間、加藤雄士、岡田叔久の2講師による「決算書の読み方・活かし方」の研修を実施しました。

 1日目はテキストに沿って財務諸表の基本的な考え方と会計の基本説明があり、その後各自が模造紙にBSとPLの仕訳区分を書き込み、財務諸表についての考え方を覚えこむために繰り返し身体を使った演習を行いました。2日目からは1名講師が加わり2名体制での進行となり、財務諸表分析の体系と手法について講義後、持参した自社決算書(3期分)の分析に取り組みました。最終日は自社決算書分析の仕上げを行い、判明した問題点など分析の結果を「自社の方向性設定シート」に落とし込み、今後実現させるための改善計画を作成しました。
 

研修風景

受講者の声(アンケートより)

  • 説明をする、話を聞く、体で覚える、絵で覚える等、色々と行ったおかげで迅速に覚えることができました。
  • 財務諸表の読み方を座学だけでなく、体を使って記憶するなど今まで経験した事のない講義でしたので時間の経過も速かったです。
  • 第三者へ説明するするときにどうやって分かりやすくできるか、他の人のやり方をみてこんな説明の仕方があったのかなど、気づかされる事がとても多く大変勉強になりました。
  • 3年後の姿が見えるようになり、今しなくてはいけない事を実感しました。まずは出来る事からしっかりと実行し続けていきます。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp