15-82「工場管理者養成コース(第22期)」(平成27年5月13日から10月23日)

内容

工場管理に必要とされる体系的な知識及び技法を習得し、経営環境の変化に管理者としてどう対応すべきか、その職務と役割を学び、自主的な行動ができる工場管理者の養成を図るための研修を実施しました。

 

研修風景

受講者の声(アンケートより)

第1回(5月):工場管理者の役割と工場管理の基本1.

  • 他業種の実情を聞けて大変参考になりました。
    (製造業・管理者)
  • 再度ムリ、ムダ、ムラを見直す必要があると感じました。
    (製造業・管理者)

第2回(6月):工場管理の基本2.

  • 水陸両用車の実験で1回目、2回目、3回目と色んな実験をし、問題を見つけ改善改良し、目に見えて改善率が良くなったので、この実験のやり方を会社でも行っていきたい。
    (製造業・管理者)
  • 5Sの基本的な考え方が分かりました。自社の現状と照らし合わせ取り入れていきたいと思います。
    (製造業・管理者)

第3回(7月):原価意識の高揚とコストダウンの進め方

  • 他社への見学で自社の長所短所が抽出された。良い所は自社に取り入れ実施していきたい。
    (製造業・管理者)
  • グループ実習でのQCDボックス研修を通して、利益を出すために改善案を立案実施するといった事を学べましたので、活用していきたいと思います。
    (製造業・管理者)

第4回(8月):品質向上のためのしくみづくり

  • 品質管理について詳しく理解出来た。受講者の具体的な例など交えながらの講義で非常に役に立った。
    (製造業・管理者)
  • QCサークルを実施しているのでソフトが役に立ちそうで、助かります。
    (製造業・管理者)

第5回(9月):納期が守れる体質づくり

  • 主に演習問題中心で、グループで、どのようにすれば効率的にできるかという問題に取り組んだが、その方法や考え方などを自社に取り入れたい。
    (製造業・管理者)
  • 生産計画に対する色々な考え方(移動平均法、ネットワークスケジューリング、部品構成表のストラクチャー型)など自社でも参考になるような考え方がいくつもあって役立った。
    (製造業・管理者)

第6回(10月):まとめ、課題研究成果発表

  • 最後にみんなの力で一人の課題発表資料を作り上げ、ゼミの一体感が深まり、とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
    (製造業・管理者)
  • 発表資料の作成に夜遅くまでゼミナンバー一丸となって、最後の一人が完成するまで意見を出し合い、一致団結してとても有意義でした。
    (製造業・管理者)

その他(研修全体を通して)

  • 半年間ですが大変勉強になりました。この経験を活かして改善していきたいと思います。
    (製造業・管理者)
  • 半年間お世話になりました。今後も講義で学んだ事を会社で実践していきたいと思います。
    (製造業・管理者)

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp