15-09「みる・よむ・つかう決算書の活用法」(平成27年8月4日~6日)

内容

8月4日から8月6日の3日間、加藤雄士、岡田叔久の2講師による「みる・よむ・つかう決算書の活用法」の研修を実施しました。
 1日目は、加藤講師により、テキストに添って財務諸表の基本的な考え方と分析の仕方を学び、講義内容をペアとなって説明し合う実習を実施し、2日目から、岡田講師が加わり、2名体制で、決算書サンプル分析等の演習を実施しました。3日目は持参した自社の決算書(3期分)を用いて経営分析を行い、問題点を把握し、改善策を策定するための真剣な討議を行いました。折々で五感演習を実施し、楽しく面白い研修となりました。

研修風景

受講者の声(アンケートより)

  • 体を使って五感を刺激する教え方は大変有効に感じた。また、初日の入室から壁面に貼られた資料に圧倒されました。
  • 財務を勉強したことのない自分がたった3日間で、どれくらい理解できるか大変不安でした。ところが加藤先生の熱血指導で、楽しみながらスポンジのようにどんどん吸収することが出来ました。
  • 何度も繰り返しのおかげで言葉の意味もわかってきました。会社に戻っても繰り返し勉強していきます。
  • 2日目に「お前たちの考え方や取組みは甘いんだよ」と激励され、講師のお二人の深い愛情に感動しました。「右脳、左脳」の使い方「手足じゃんけん」「タイムマシン」と実践したいことだらけで、ワクワクが止まりません。
  • ここ数年赤字続きで心配していたので決算書を見て分析し、犯人を見つけ出し、そこを直していく事も知りました。今後3日間で得た知識を使って行動したいと思いました。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp