14-14「中小製造業の多能工化の考え方・進め方」

内容

10月1日から10月2日、10月31日と、2日プラス1日の3日間、荒井耿介講師による「中小製造業の多能工化の考え方・進め方」の研修を実施しました。

 多能工化の必要性と進め方についての講義の後、グループ演習により、多能工育成計画作成の完成度を上げる手法を学びました。インターバル期間に作業スキルアップ作成という課題が与えられ、最終日に全員が課題発表を行いました。
 

研修風景

受講者の声(アンケートより)

  • 多能工について知ることが出来勉強になりました。物語や例を用いてとてもわかりやすかったです。
  • グループで話し合うことによっていろいろな考え方や企業でどのように行っているのか知ることが出来良い交流になりました。
  • 最初に前回の内容を再確認しさらにフォローが加わったことで理解が深まりました。仕事の時間不足が悩みでしたので、無駄についての講義が役立ちそうです。
  • グループトークを交えながら多能工化の進め方について学び自分の思いつかない様な進め方もたくさん聞けたので持ち帰り実践したいです。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp