14-03「プレイングマネージャーの仕事術」

内容

 5月20日から22日において、五十嵐康雄講師による「プレイングマネージャーの仕事術」の研修を実施しました。

 研修はグループ演習中心に進み、合間に講義をはさむスタイルであり座学を少なくしてグループ討議に重点を置いた進め方でした。
 全員参加型で活発な議論が交わされ、特にマネージャーとプレーヤーの違い、目的と目標の違いを講師自身の経験値で話されたことが、受講者の興味を惹いていました。

 

研修風景

受講者の声(アンケートより)

  • グループ討議が中心であったが、プレーヤーとマネージャーについて考えることが出来たため、わかりやすかった。
  • プレイヤー、マネージャーの違いを認識し、自分がプレイヤーに傾っている事を再認識できました。会社と部下がプレイングマネージャーに求める事は相反している。この橋渡し、パイプとなる難しさを実感できました。
  • 自分のモチベーションの上げ方部下のモチベーションの上げ方が参考になった。部下を知らなければ適切な指示が出せないため部下を知るための環境づくりが重要だと感じた。
  • ほめるだけではなく、上手い指導の仕方を学ぶ事が出来活用していきたいと思います。相手目線でのコミュニケーションの手法が重要と再確認でき有意義でした。

貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp