14-09「経営に活かす決算書の活用法」

内容

 8月4日から8月6日において、加藤講師、岡田講師による「経営に活かす決算書の活用法」の研修を実施した。

 コースの到達目標として、1.決算書を身体でつかむ。2.10分間でB/S、P/Lがよめる。3.新入社員に10分間でB/S、P/Lを説明できる。4.3分で財務分析ができるようになる。5.会社の羅針盤をつくる。と掲げてスタートしました。
 5つの利益について、商品力(売上総利益)、営業力(営業利益)、本業力(経常利益)、総合力(税引前当期利益)、経営力(当期利益)と説明するなど、わかりやすい言葉で実施するなど、右脳を使った学習法を展開しました。
 財務分析の見方のポイントとしては、昨年と見比べ、同業者・業界標準との見比べる重要性を話すなど、熱意のある講義となりました。

 講師からは、財務分析の重要性はいわずもがなであるが、大事なのは比較だけですませるのではなく、それをもとに改善に向けての具体案を実行に移すことで、トップと同じ目線で分析を行い、自社の事業計画や経営戦略策定につなげて頂きたいとエールを送りました。


 

研修風景

お客様の声

・座学で講義を聞くだけではなく、体を使って覚えるということがとても新鮮で頭に入りやすかった。
・実践による学習で、大変実情を把握するのにより内容でした。
・財務分析や利益計画の講義などを通じて、自社経営トップの思いに近づくことができたと思う。今後は経営的視点を意識し、業務にあたりたい。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp