経営管理者養成ゼミナール【富山県】

受付終了 研修番号 35 場所 富山県民会館 501会議室(富山県富山市新総曲輪4番18号)
期間 2017年11月17日(金曜)~2018年2月17日(土曜)/全8日間、2日間(金曜・土曜)X4回 ※金曜18時~21時、土曜9時~12時 受講料 35,000円(税込) 定員 15名
対象 経営者・経営幹部・後継者・経営管理者
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

ねらい

取り組もう!自社革新への第一歩!

 経営環境が大きく変化するなかで、改めて自社の将来のあり方を検討・整理し、具体的な経営戦略・計画を策定する力を身につけることは重要です。 このゼミナールでは、自社分析実習とグループディスカッションを通じて、自社の外部環境、内部環境の把握から将来の中期計画・年度計画・アクションプランまで作成することで、プロセスが学べ、経営管理者として必要な戦略策定力を高められます。

会場

富山県民会館(新規ウィンドウに表示) 501会議室(富山県富山市新総曲輪4番18号)

カリキュラム

第1回 自社の現状と外部環境分析

月日 時間 科目 講師 内容
11月17日
(金曜)
17時55分~
18時00分
オリエンテーション   本研修のねらいやその他受講の注意事項について、説明します。
18時00分~
19時30分
情報技術革新時代の
中小企業経営(座学)
富山大学経済学部
教授、副学部長
  内田康郎
情報技術革新が進展し社会の大きな構造変化が起きるなど、経営環境が大きく変わっていく中で、どう顧客との関係性を築いていくかなど、これからの中小企業経営のあり方について学びます。
 
19時30分~
21時00分
経営戦略と外部環境分析(座学) 株式会社MELコンサルティング
代表取締役社長
渡辺晴樹
経営戦略・計画の意義を再認識した上で、策定する際に必要となる着眼点とそのプロセスを学びます。
 1.経営理念から経営計画へ
 2.ミッションとビジョンの重要性
 3.戦略と戦術の違い
11月18日
(土曜)
9時00分~
12時00分
ゼミナール1.(自社の外部環境分析) 経営戦略・計画策定のプロセスのうち、経営理念や経営ビジョン、外部環境分析について、自社に関するワークを行い、グループディスカッションを通じて理解を深めます。
 1.自社の経営理念、ビジョンの把握
 2.マクロ環境分析(PESTEL分析)
 3.外部環境分析(ファイブフォース分析) 
 

※ゼミ2.3.に向けた宿題:⇒マクロ環境分析(PESTEL分析)と外部環境分析(ファイブフォース分析)についてワークシートを掘り下げます

第2回 自社の内部環境分析

月日 時間 科目 講師 内容
12月15日
(金曜)
18時00分~
21時00分
内部環境分析とSWOT分析・TOWS分析(座学)
 
渡辺晴樹
(前掲)
 
内部環境分析を行う上で有用なフレームワークと、SWOT分析・TOWS分析について、考え方と活用法について学びます。
 1.内部環境分析とは(経営機能×経営資源)
 2.VRIO分析(競争優位の源泉)
 3.SWOT分析、TOWS分析(クロスSWOT)の説明
 
ゼミナール2. (自社の内部環境分析の実践) 座学で学んだ内部環境分析を活用して、自社に関するワークを行い、グループディスカッションを通じて理解を深めます。
 1.内部環境分析(経営機能×経営資源)
12月16日
(土曜)
9時00分~
12時00分
ゼミナール3. (自社のSWOT分析・TOWS分析の実践) 座学で学んだSWOT分析・TOWS分析を活用して、自社に関するワークを行い、グループディスカッションを通じて理解を深めます。
 1.SWOT分析
 2.TOWS分析

※ゼミ4.5.に向けた宿題:⇒内部環境分析、SWOT分析、TOWS分析のワークシートを掘り下げます

第3回 自社の戦略フレームとアクションプラン

月日 時間 科目 講師 内容
1月19日
(金曜)
18時00分~
21時00分
基本的な戦略フレームの把握
(座学)
渡辺晴樹
(前掲)
 
経営戦略を策定する上で有用なフレームワークについて、考え方と活用法について学びます。
 1.アンゾフの成長マトリクス
 2.ポーターの3つの基本戦略
 
ゼミナール4.
(自社の戦略フレーム活用の実践)
座学で学んで戦略策定フレームを活用して、自社の戦略についてワークを行い、グループディスカッションを通じて理解を深めます。
 1.アンゾフの成長マトリクス
 2.ポーターの3つの基本戦略
1月20日
(土曜)
9時00分~
12時00分
ゼミナール5.
(自社のアクションプランの作成)
これまで作成し、深堀したワークを基に、戦略課題の抽出・順位付けを行い、課題解決に向けたアクションプラン(経営計画)を作成します。

※ゼミ6.7.に向けた宿題:⇒成長マトリクス、基本戦略、アクションプラン(経営計画)を掘り下げます

第4回 自社の経営戦略の再構築

月日 時間 科目 講師 内容
2月16日
(金曜)
18時00分~
21時00分
ゼミナール6.(まとめ) 渡辺晴樹
(前掲)
 
これまで作成してきた資料から報告書を作成し、最終チェックと成果報告に向けて助言します。
2月17日
(土曜)
9時00分~
12時00分
ゼミナール7.(成果発表) これまで取り組んできた経営戦略・計画について発表を行い、講師から助言します。
 
12時00分~
12時15分
(戦略実現ための情報提供)   (富山県・中小機構等支援機関の経営支援情報の紹介)

※カリキュラムは変更になる場合があります。

講師プロフィール

内田康郎(うちだ やすろう) 
富山大学 経済学部 教授 博士(学術)副学部長
 銀行勤務、米コロラド大学経営大学院客員研究員を経て現職。専門分野は、経営戦略論。特に国際的な競争優位と収益化の関係など、グローバル競争戦略について調査・研究を行っている。また、県内でも、中小企業家同友会の経営塾の講師や県内企業の社外取締役を務めるなど、県内ビジネスの状況にも精通。「理念と戦略の経営学」(学文社、共著)の著書の他、「IoTの進展と国際ビジネスの関係について:技術標準の業際化への取り組みを中心に」(富山大学ワーキングペーパー、No.304)など論文も多数、発表している。

渡辺晴樹(わたなべ はるき) 
株式会社MELコンサルティング代表取締役社長 中小企業診断士
 1978年株式会社マネジメントエンジニアリング研究所(現 株式会社エム・イー・エル)入社。2007年に現会社に転籍し、2010年より現職。経営診断や経営理念の立案、経営ビジョンの構築、経営戦略の策定、中長期経営計画・年度経営計画も作成及び推進支援などを専門とする。著書に、「新規事業開発実践マニュアル」(日本実業出版社、共著)、「経営戦略フォーマット爽秋総集」(日本実業出版社、共著)、などがある。とやま中小企業人材育成カレッジ、中小企業大学校東京校の講師も務める。

注意事項

受講にあたり、ノートPCをご持参いただくことが条件となります。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード
お問い合わせ・資料請求・御意見等は
中小企業大学校 瀬戸校 研修担当

〒〒489-0001   愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3401    FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/    E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。