事業承継の考え方・進め方

受付終了 研修番号 31 場所 瀬戸校
期間 2016年8月26日(金曜)~2016年9月12日(月曜)/3日間 (21時間)※インターバル研修
・前期:8月26日(金曜)~8月27日(土曜)
・後期:9月12日(月曜)
受講料 31,000円(税込) 定員 25名
対象 ◆全業種   ◆経営者、経営幹部
オンライン申込み

ねらい

早めの準備で会社の継続繁栄を支える
   事業承継は、これまで経営者が築き上げた企業の価値を次世代に引き継ぐ、という経営上でもっとも重要な課題です。
 この研修では、企業の経営者が事業承継を考える時の心得や行うべきこと、財務・税務・法務・相続対策の具体的な方法や事業承継計画の作成の勘所等を学んでいただき、事業承継手法のポイントを習得していただきます。

コースの特色

  • 中小企業の事業承継のあり方と進め方を体系的に学べます。
  • 事業承継で押さえておくべき税務・法務などのポイントが学べます。
  • 事例などを題材にした事業承継計画作成演習で事業承継のストーリーを考えます。

カリキュラム

月日 時間 科目 講師
8月26日
(金曜)
9時20分~
9時40分
オリエンテーション
9時40分~
17時40分
事業承継の現状と対策のポイント 城所会計事務所
 所長 公認会計士
 税理士、行政書士
   城所 弘明
8月27日
(土曜)
9時00分~
17時30分
事業承継対策の具体的なノウハウと承継方法ごとの進め方
【インターバル期間】
9月12日
(月曜)
9時30分~
17時00分
事業承継計画の作成(演習) 再褐  城所 弘明
17時10分~
17時20分
終講式

科目構成

1.事業承継の現状と対策のポイント
 事業承継の現状と「何が問題で、どこから始めるか」を理解するとともに、経営者から後継者に経営をバトンタッチする場合の留意点や落とし穴など、事例を踏まえて、事業承継の対策ポイントを学びます。
   ・事業承継の問題点と戦国武将における事業承継の失敗・成功例
 ・経営・法務における事業承継対策のポイントとトラブルシューティング
   ・損益分岐点分析
 ・事業承継における会社法の活用(事例)

2.事業承継対策の具体的なノウハウと承継方法ごとの進め方 
 事業承継における相続税負担を軽くするためのノウハウを学ぶとともに、親族内・外などの承継方法ごとの進め方について、事例を踏まえて学びます。
 ・事業承継における相続税対策
 ・親族内・外などの承継方法による留意点と事例研究
 

3.事業承継計画の作成(演習)
 事業承継を進めるための計画作成方法を学ぶとともに、自社の事業承継計画の基本方針・具体的な手続き書類について作成演習を行います。また事例をもとにグループ演習にて事業承継ストーリーづくりを行います。
 ・事業承継計画作成の勘所と具体的な手続き書類作成
 ・事例による事業承継計画作成(グループ演習)

講師プロフィール

城所 弘明(きどころ ひろあき) 城所会計事務所 所長 公認会計士、税理士、行政書士
 1952年東京生まれ。1975年横浜国立大学卒業。1980年公認会計士・税理士の資格取得し、城所会計事務所を設立。現在、税務・会計等のコンサルティング活動や経営セミナー講師として活躍中。
   日本公認会計士協会事業承継専門部会の部会長、日本商工会議所税制委員会の学識委員、中小企業基盤整備機構の事業承継専門家講師など。
<著書>「社長さん必読!プロが教える事業承継の税金と法律」(東洋経済新報社)、「専門家のためのQ&A経営承継円滑化法徹底活用」(ぎょうせい)など。中小企業庁発行「事業承継ガイドライン20問20答」(平成18年10月)制作協力。

オンライン申込み

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp