トップセミナー(11月)

受付終了 研修番号 19 場所 瀬戸校
期間 2016年11月15日(火曜)~2016年11月16日(水曜)/2日間(9時間) 受講料 19,000円(税込) 定員 30名
対象 ◆全業種   ◆経営者、経営幹部、後継者
オンライン申込み

ねらい

顧客に選ばれ続けるための経営戦略を考える!

 経済のグローバル化や人口減少など、我が国の中長期的な経済・社会構造が大きく変化するなか、中小企業が力強く生き残っていくためには、明確なビジョンや戦略を持つことが求められます。そして、その目指すべき経営の一つの方向性として、顧客満足度向上や消費者志向を追求する経営があると考えられます。
 本研修では、顧客満足の向上に努め、BtoB、BtoCの各分野で実績を挙げている企業の事例研究をとおし、その経営理念や経営戦略、組織づくりの手法などについて考察するとともに、中小企業がこれからの時代を生き残るための戦略に関する講義を通じて、受講企業の今後の経営戦略構築の一助となることをねらいとします。

コースの特色

  • 顧客から継続的な信頼と支持を獲得している中小企業の事例研究をとおして、その経営戦略や組織づくりの手法等について学ぶことができます。
  • 厳しい経営環境のなかで、中小企業が生き残っていくために求められる戦略や条件とは何か、そのヒントを得ることができます。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 講師
11月15日
(火曜)
12時40分~
13時00分
開講式・オリエンテーション
13時00分~
18時00分
顧客に選ばれ続けるための経営戦略とは(事例研究) 事例研究(BtoB)
 日本ウエストン株式会社
 代表取締役社長
 臼井 麻紗杜
事例研究(BtoC)
 株式会社アウンズ・ヤナギハラ
 代表取締役
 柳原 一貴
<コーディネーター>
 株式会社V字経営研究所
 代表取締役社長
 酒井 英之
18時00分~
19時00分
トーク&ライブ 鈴研音楽会
  代表 鈴木 研吾
11月16日
(水曜)
9時30分~
12時30分
特別講演
「中小企業の生き残り戦略とは!」
神戸国際大学 経済学部 
  教授 中村 智彦
12時40分~
12時50分
閉講式

科目構成

1.顧客に選ばれ続けるための経営戦略とは
  顧客に選ばれる続ける経営とは何か、顧客に選ばれる企業に共通する要素とは何かなどについて、コーディネーターからの解説の後、2社の事例研究を行います。
  事例研究後は、同じくコーディネーターから、事例に学ぶべきポイントや、顧客に選ばれ続ける企業を如何に作り上げるか等について、解説していただきます。

■事例研究(BtoB)  日本ウエストン株式会社(岐阜県岐阜市)
  同社は、工業用のウエスやタオル、手袋などのリユース・リサイクル、航空機用の特殊な高級クロスの生産・販売等を手掛け、各業界から高い支持と評価を受けている。人を活かし、物を活かし、資源リサイクル活動を通じて社会貢献に努め、お客様と社員が誇りと喜びを共創できる会社づくりを目指す。そのような取組みが評価され、2012年第2回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の「中小企業庁長官賞」をはじめ、数々の表彰実績を持つ。
  本事例研究では、お客様満足提供業として“常に必要とされる企業”を築こうとする臼井社長に、その企業づくりの全容を語っていただきます。

■事例研究(BtoC)  株式会社アウンズ・ヤナギハラ(静岡県浜松市)
  柳原新聞店を前身とする同社は、地域住民の生活をより楽しく便利にする“ホスピタリティー流通業”を目指し、新聞の販売・配達にとどまらず、カルチャーサロンの開催、地元の総菜・食品販売業者とのコラボによる夕食宅配、地元農家が生産した野菜の宅配等々、様々な事業展開を行っている。その背景には、2代目社長である柳原一貴氏が、CS(顧客満足)経営に出会い、その重要性に気付いたことが大きな転機となったという。
  本事例研究では、地域住民から愛され続ける会社を如何に作り上げてきたか、柳原社長にその戦略や秘訣を語っていただきます。

2.トーク&ライブ
  若手サックス奏者である鈴木研吾氏によるトーク&ライブを開催します。お客様に喜んでもらうため、どのような努力や工夫をしているか、トークをいただきます。また、華麗なサックス演奏を聴いて、皆様の日頃の疲れを癒していただきます。
 

3.特別講演「中小企業の生き残り戦略とは!」
  変化の激しい時代、そして、国内では人口減少社会という新しい局面を向かえる時代にあって、中小企業が力強く生き残っていくためのヒントについて、メディアでも人気があり、中小企業の実態について調査研究を重ねられている中村智彦教授にお話ししていただきます。また、講演の後半では、中村教授によるワークショップなども予定しています。
 

講師プロフィール

(事例研究コーディネーター)
酒井 英之(さかい ひでゆき) 株式会社V字経営研究所 代表取締役社長
 慶應義塾大学経済学部卒業後、情報機器メーカーに入社。2年目に企画担当したオフィス機器が、世界中のオフィスで使われるヒット商品となる。営業担当になってからは、優秀セールスマン賞を7回受賞。その後、戦略コンサルタントとして転身。三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 では経営戦略部長兼プリンシパルを9年間務める。
  世界シェアNo.1の大企業から中小企業まで、約400社のコンサルティングを行い、シェア8%の商品が70%に躍進した事例や、最後発で市場参入した企業が7年かけてシェアNo.1企業へと成長したケースなど、多くのV字回復実績を持つ。次世代経営者の育成のため、現場に入り込み成果が出るまで粘り強く指導する姿勢に、経営者・経営幹部のファンが多数。 
 

鈴木 研吾(すずき けんご)サックス奏者
 愛知県岡崎市出身。洗足学園音楽大学音楽学部管楽器科卒業。現在、鈴研音楽会代表。関東と愛知を中心に音楽分野において様々な事業を展開中。

中村 智彦(なかむら ともひこ) 神戸国際大学 経済学部 教授
 1964年東京都生まれ。1999年名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了、博士号(学術)取得。大阪府立産業開発研究所などを経て現職。専門は中小企業論と地域経済論で、現地での調査・研究を重視し、中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトにも数多く参画する。
   現在、愛知県「愛知ブランド」認定委員。日本テレビ「世界一受けたい授業」工場見学担当講師なども務める。
 

(参考)昨年度の受講者の声

 昨年度受講いただいた方々のご意見を、下記サイトからご覧いただけます。
 (URL)http://www.smrj.go.jp/inst/seto/voice/2015voice/093311.html

オンライン申込み

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp