自ら成長する部下の指導・育成法

受付終了 研修番号 27 場所 瀬戸校
期間 2016年3月1日(火曜)~2016年3月3日(木曜)/3日間(21時間) 受講料 31,000円(税込) 定員 30名
対象 ◆全業種   ◆管理者、新任管理者
オンライン申込み

ねらい

コミュニケーションは組織の基礎体力

 リーダーは、状況に応じて自ら行動を起こすことはもとより、部下を導き、自律的な人材となるための育成を行うことが求められます。この研修では、「コミュニケーションションは,企業の基礎体力」をキーワードとして、リーダーのあるべき姿を確立し、部下指導・育成を進めるための具体的な事例を挙げながらロールプレイングを通じて学んでいただきます。

コースの特色

  • 部下とともに、自らも輝きを増すコミュニケーションスキルが学べます。
  • 場面を演じる(ロールプレイング)ことを数多く繰り返すことで、無理なく職場環境の改善のための手法が身に付きます。

カリキュラム概要

月日 時間 科目 講師
3月1日
(火曜)
 
9時20分~
9時40分
オリエンテーション
9時40分~
12時40分
自ら成長し、組織を動かす条件を理解する 株式会社
クレスコパートナーズ
代表取締役社長
 内藤 京子

インストラクター
3月1日、3月2日 加藤智恵美
3月3日 川鍋佐智恵
 
13時40分~
17時40分
リーダーにふさわしい対人関係能力を身につける
3月2日
(水曜)
9時00分~
12時30分
人を育てるコミュニケーション1.─相手の真意を引き出す聴き方─
13時30分~
17時30分
人を育てるコミュニケーション2.─効果的な指導の仕方─
3月3日
(木曜)
9時00分~
16時30分
人を育てるコミュニケーション3.─やる気の引き出し方─
16時40分~
16時50分
修了証書の授与
 

科目構成

1.自ら成長し、組織を動かす条件を理解する
企業に活力を与えることのできる人財育成とは何か、また、その必要性を確認します。
・顧客満足とは
・信頼されるリーダー・管理者に必要な能力
・コミュニケーションは、組織の基礎体力

2.リーダーにふさわしい対人関係能力を身につける
組織を活性化させるには、まず基礎体力となるより良いコミュニケーション環境をリーダー自ら作ることが必要である事を認識し、そのスキルを磨きます。
【自己分析 ロールプレイング】
・交流分析による自他理解
・自分を知る⇒相手を知る⇒ふれあいの工夫をする

3.人を育てるコミュニケーション1.─相手の真意を引き出す聴き方─。
人を動かすために、相手の話をよく聴く・訊くスキルと自分の意思を正しくわかりやすく伝えるスキルを鍛えます。
【デモンストレーション ロールプレイング】─聴く力・訊く力の実践トレーニング─
・印象管理、空間管理
・共感の相槌、気持ちを理解する言葉
・効果的な質問の仕方

4.人を育てるコミュニケーション2.─効果的な指導の仕方─
【デモンストレーション ロールプレイング】─指導力の実践トレーニング─ 指導の6段階
心の準備⇒言ってみて(説明)⇒やって見せ(実演)⇒やらせて見せて(使用)⇒ほめる・叱る(評価)⇒フォロ─する

5.人を育てるコミュニケーション3.─やる気の引き出し方─
限られた経営資源の中でその活用如何で10倍にも20倍にも効果を発揮することが出来るのが、人「人財」です。リーダーは、コーチング発想でコミュニケーションをとり、上手に誉め、叱ることで、部下のやる気と能力を引き出し、「人材」から「人財」へと成長させる大切な役割を担います。
【デモンストレーション ロールプレイング】─コーチング・誉め方・叱り方の実践トレーニング─
・コーチングのコミュニケーション傾聴⇒質問⇒承認⇒提案
・やる気を引き出す誉め方・叱り方

講師プロフィール

内藤 京子 (ないとう きょうこ) 株式会社クレスコパートナーズ 代表取締役社長
日本航空を経て、研修講師となる。独自にプログラムの開発を手掛け、企業研修講師25年の実績を持つ。IT企業、大手金融、流通、運輸、通信など様々な業界で新入社員から経営幹部まで幅広く手掛ける。企業ニーズに合わせて研修内容を構築し、わかりやすく、実践的な研修は高い評価を得ている。数多くのプロジェクトリーダーを務め豊富な経験を持つ。 印象管理・ビジネスマナーに関する著作多数。著書に「DVDで学ぶできる人のビジネスマナー」「好感度120%UPの敬語と話し方」ほか、「雑学王」コメント講師としてもテレビ出演。

オンライン申込み

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 瀬戸校 研修担当
〒489-0001 愛知県瀬戸市川平町79番地
電話:0561-48-3400~3401
FAX:0561-48-2224
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/seto/
E-mail:se-kenshu@smrj.go.jp