経営未来塾 多様性のある雇用と中小企業

受付中 研修番号 17-28 場所 仙台校
期間 2018年1月30日(火曜)~2018年1月31日(水曜)/2日間(8時間) 受講料 16,000円 定員 25名
対象 経営者・経営幹部等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

 女性や高齢者、障害者等の多様な人材の活躍促進が謳われ、いわゆるダイバーシティ経営が要請されているか、本研修では中小企業において、実際の雇用、定着、人材育成にどのように対応していくべきかを学び、雇用・人材面の経営課題克服のヒントを掴んでいただきます。

内容・ポイント

(1)国内雇用環境の概要
(2)高齢者、女性、障害者、外国人材等の戦力化に成功した事例研究
(3)自社にマッチした雇用と育成と今後の方向性の検討(演習)

研修カリキュラム

月日 時間 研修テーマ 内容
1月30日
(火曜)
13時30分~
16時30分
国内雇用環境の概要
ダイバーシティ経営とは


<国内雇用環境の概要>
 ・差し迫る外部環境の変化
<ダイバーシティ経営とは> 
  ・何のためのダイバーシティか? ・「働き方改革」との関連
 ・これまでの評価、ダイバーシティ実践に関する課題
<中小企業にとってのダイバーシティの必要性>
 ・時代の潮流から考える ・ダイバーシティの効果
<中小企業におけるダイバーシティ推進のための処方箋>
 ・進めるにあたっての考え方、取組みのステップ
 

16時30分~
18時30分
事例企業に学ぶ
(ダイバーシティ経営の事例と解説)

<経営目標と多様性について組織内部から考察>
・多様な人材を活用するに至った経緯
・多様性のある組織統制の考え方、取組
・ダイバーシティ経営の効果とデメリット(事例紹介を交えて)

<フジイコーポレーションのダイバーシティ経営に対する客観的評価と理論的解説>
※福嶋教授は、著書「地域発イノベーション5.東北から世界への挑戦」の中でフジイコーポレーションの事例を紹介しており、第三者の視点から当社の理論的解説をしていただきます。
 
1月31日
(水曜)
9時00分~
12時00分
自社にマッチした雇用と育成
今後の方向性の検討


<中小企業が今から取り組むべきこと>
前日の基調講演、事例企業講演を受けて、受講生同士のディスカッション。
自社の成長・収益性向上につながるダイバーシティ推進のための対策の検討。
 

講師プロフィール

永池 明日香(ながいけ あすか) 株式会社東レ経営研究所 コンサルタント

修士(経営学)。教育関連企業、学校法人を経て現職。人材の育成・マネジメント、語学研修プログラムの企画営業などを経験。 社会人大学院においてダイバーシティマネジメントについて研究。近年は女性活躍施策に関する調査やワークライフバランス推進に係る中小企業コンサルティングの受託業務、企業のダイバーシティマネジメント推進に関するコンサルティングに携わる。企業や自治体でのダイバーシティやワークライフバランス、仕事と介護の両立に関するセミナー講師も務める。

藤井 大介(ふじい だいすけ) フジイコーポレーション株式会社 代表取締役社長

1983年慶応義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。海外経済協力基金入社、総務部業務課に配属され、アフリカ・中南米向け経済協力円借款業務に従事。その後、当社の前身である藤井農機製造(株)代表取締役社長就任、現在に至る。


福嶋 路(ふくしま みち) 東北大学大学院 経済学研究科教授

1992年3月 東北大学経済学部経営学科卒。1997年3月 一橋大学大学院商学研究科会計学および経営学専攻博士課程修了後退学、4月 東北大学大学院経済学研究科 助教授に着任。2000年10月- 2002年9月テキサス大学IC2&レッドマコー・スクール・オブ・ビジネス客員研究員。 2013年3月 東北大学大学院経済学研究科 教授に着任 地域企業論担当 現在に至る。
 

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 仙台校研修担当
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5
電話:022-392-8811
FAX:022-392-8812
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sendai/
E-mail:sen-kenshu@smrj.go.jp