標準化と品質管理の進め方

受付中 研修番号 17-11 場所 仙台校
期間 7月3日(月曜)~7月5日(水曜)/3日間(21時間) 受講料 31,000円 定員 30名
対象 管理者・新任管理者・グループリーダー等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

 取引先から要求される品質レベルの高度化に対応するためには、出荷検査だけでなく、全社的な品質管理の体制構築が必要とされています。この研修では、品質を製造工程で作りこむQC(クオリティーコントロール)の考え方と、その管理の進め方を学ぶとともに、演習を通じて自社の課題解決に取り組みます。

〇このような方におすすめ!
(1)不良・クレームゼロ対策の効果的な進め方を身につけたい方
(2)品質管理・品質保証体制構築に向けた自社課題の解決策を模索している方

内容・ポイント

(1)製造部門の役割に基づく品質管理の考え方
(2)標準化の考え方と進め方
(3)標準化とQC7つ道具による改善
(4)QC7つの道具を活用した自社課題解決(演習)

研修カリキュラム

月日 時間 研修テーマ 内容
7月3日
(月曜)
9時40分~
18時10分
1. 製造部門の役割に基づく品質管理の考え方


2. 標準化の考え方と進め方


・製造部門のそれぞれの機能や位置づけについて概観し、品質管理部門の重要性を解説します。また、事実をもとに現状を把握することや、PDCAを回すなど、QC的取り組みの特徴について解説します。(TQC、TQM、ISO、など)

・ 標準化をする場合の留意点や、作業標準の事 例を示しながら盛り込むべき要素や使い方について解説します。

 
7月4日
(火曜)
9時40分~
18時10分
3. 標準化とQC7つ道具による改善

・特性要因図、パレート図、ヒストグラム、管理図、散布図、グラフ、チェックシートについて、書き方や使い方を説明した上で、実践的に活用できるよう演習を行います。(新QC7についても紹介)

 
7月5日
(水曜)
9時00分~
16時00分
4. QC7つ道具を活用した自社課題解決(演習)

・QCストーリーに従い、複数のQC 7 つ道具を使って問題解決を行うグループ演習を行うことで、自社における品質改善活動に関する取り組みえを立案し、実務の問題への対応力を高めます。また、小集団活動についても解説します。

 

☆昼食休憩は各日、1時間です。
※カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

講師プロフィール

中村 茂弘(なかむら しげひろ)
QCD革新研究所 所長

早稲田大学大学院理工学研究科卒業。日立金属(株)勤続20年、一般社団法人日本能率協会(JMA)を経て現職。ISO9001審査員補、ISO14001審査員補、JMA不良・クレームゼロ対策研究会委員主査、特許・リサイクル対策研究会主査、チームマネジメント研究会主査、技術・技能伝承対策研究会を歴任。 JMA・専任講師

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 仙台校研修担当
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5
電話:022-392-8811
FAX:022-392-8812
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sendai/
E-mail:sen-kenshu@smrj.go.jp