〈工場未来塾〉迫りくる変革への挑戦

受付中 研修番号 16-59 場所 仙台校
期間 2017年3月6日(月曜)~7日(火曜) 受講料 16,000円 定員 30名
対象 経営者・経営幹部・管理者等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

 経営力の強化、生産性の向上に向けた取り組みの起爆剤、経済成長の基盤になるとして注目されているIoT。
 モノのデジタル化やネットワーク化が急速に拡大し、産業の垣根を越えた新サービスや制御が実現しつつある中、こうした変革の流れの実像と影響、IoTの本質を知り、特にものづくりのイノベーションの方向性にどのような影響を与えるかを学び、すでに身の丈サイズのIoTを実践している中小企業の事例にふれ、経営力の強化・生産性の向上に向け中小企業が今から取り組むべきことを議論し、考えます。

研修カリキュラム

日程 研究テーマ 内容

2017年
3月6日(月曜)
13時30分~15時30分

基調講演
ものづくりビジネス改革
 

大川講師

ものづくりとIoT
・3つの価値変化 ・転換する製造業 ・新しい製造業が実現 ・マス・カスタマイゼーション
価値提供への変革
・進行する5つの変化 ・完成品メーカーが変わる ・系列が変わる ・さらなる価値創出へ
インダストリー4.0とインダストリアル・インターネット

15時30分~18時30分
事例企業に学ぶ

林講師
 
経験に頼るモノづくりからの脱却
・青梅から世界へ
・棚卸作業を毎日
・膨大なデータの活用法
・情報の一元管理による生産性の向上、リードタイム短縮 など
3月7日(火曜)
9時00分 ~12時00分


今から取り組むべきこと
 

鈴木講師
 

中小企業が今から取り組むべきこと
前日の基調講演、事例企業講演を受けて、当校工場管理者養成コースゼミ講師による講義、受講生同士のディスカッション。
ネットワーク導入、IoT導入の前段階として、自社内の環境整備の大切さに気付いてもらう。
何をしなければならないか。 

※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

講師プロフィール

大川 真史(おおかわ まさし)
株式会社三菱総合研究所 企業・経営部門 ものづくり革新事業センター 主任研究員/シニアプロデューサー
大学卒業後、IT企業勤務を経て2006年(株)三菱総合研究所 入社。専門領域は、製造業のサービス化、ユーザー起点の新サービス開発。主にBtoBの経営コンサルティングを担当。日本経団連、経済同友会をはじめ産官学の各種団体で講演を行うなど、IoTに関する調査、研究、情報発信を行っている。明治大学サービス創新研究所客員研究員、サービス学会「製造業のサービス化」SIGメンバー。
書籍「IoTまるわかり」の企画・監修・執筆、「ビジュアル解説IoT入門」の執筆。


林 英夫(はやし ひでお)
武州工業株式会社 代表取締役
日本大学生産工学部電気工学科卒。1976年武州工業(株)入社、1992年から現職。青梅商工会議所常議員、立川優申会監事、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会中小企業情報連携基盤推進委員会委員、一般社団法人首都圏産業活性化協会理事、副会長などを歴任。
1968年から赤字決算は無く適正納税を実践し、5年に一度の優良申告法人表敬は7回を数える。(立川法人会2万社中2社の栄誉)
東京商工会議所勇気ある経営大賞優秀賞、攻めのIT経営百選選定、東京都経営革新計画最優秀賞、多摩ブルーグリーン賞グリーン賞最優秀賞、はばたく中小企業300社選定。


鈴木 規男(すずき のりお)
慶応義塾大学工学部卒。ヤマハ発動機(株)を経て、1994年経営コンサルタントとして独立、コンサルティング ベル オフィスを設立。専門分野は5S、IE、生産管理等。  
国内外においてコンサルティング活動を行う他、中小企業大学校各校や日本IE協会、日本能率協会等の研修の講師としても活躍し、理解しやすく楽しい講義には定評がある。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 仙台校研修担当
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5
電話:022-392-8811
FAX:022-392-8812
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sendai/
E-mail:sen-kenshu@smrj.go.jp