地域建設業の将来戦略

受付終了 研修番号 16-55 場所 仙台校
期間 2016年6月29日(水曜)~2016年6月30日(木曜)/2日間(8時間) 受講料 16,000円 定員 30名
対象 経営幹部・管理者等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

地域に根ざしてその土台を創り、雇用を支え、地域と共に繁栄した建設業ですが、経済の熟成、高速移動手段の発達、高齢化の進展で市場は縮小し、淘汰も進んでいます。
 しかし建設業は、地域が存在する限りそれを健全に支える役割を担った「必需産業」です。生産性をたかめ、新分野を開拓し、規模・業種・業態を時代や地域に合わせ生まれ変わるため、自社の将来像を描いていただく研修です。

〇このような方におすすめ!

(1)業界の将来を案じ、改善をはかっていきたいとお考えの方
(2)自社の将来像を描いてみたい、建設業の方

内容・ポイント

(1)マーケティングの基本
(2)自社の魅力の認識(自分視点、顧客視点から)
(3)マーケティングプランの立案(演習)

研修カリキュラム

日程 研究テーマ 内容

2016年
6月29日(水曜)
13時30分~16時30分

建設業界のこれまでと将来ビジョン

阿部講師

地域の建設業界がこれまで辿ってきた道のり、これからの道筋を統計や将来推計から学び、将来ビジョンを描いていただきます。また、将来の生き残りのカギとなる生産性向上策や技能の伝え方、さらに経営の在り方についても具体的に学んでいただきます。 
16時30分~18時30分
時代の一歩先を考えた、未来へのチャレンジ

亀井講師
 

1998年にいち早く温浴事業をスタート。市場調査から設計・施工、運営、経営指導までを担うほか住宅建設事業、高齢者介護、湘南ベルマーレとのフィットサルクラブ共同運営、給食施設の受託など地域に根ざした総合生活企業グループを展開する同社の取り組みについてお話しいただきます。
2016年
6月30日(木曜)
9時00分 ~12時00分

自社の将来像を描く

阿部講師
 
前日に学んだ内容をふまえ、自社を取り巻く内部、外部の環境を客観的にとらえ、強み・弱み・機会と脅威に分けて整理します。その上で、中・長期的な自社の将来像を描き、それを実現するための課題は何かを考えます。 

☆昼食休憩は1時間です。
※カリキュラムは都合により変更する場合がありますので予めご了承ください。

講師プロフィール

阿部 守(あべ まもる)
MABコンサルティング代表 中小企業診断士、構造設計一級建築士

製造業・建設会社・住宅会社を中心に売上拡大・コストダウン・商品開発・設計などのコンサルティングや構造設計研修、住宅検査なども行っている。(一財)建設業振興基金 建設業経営戦略アドバイザー、東京国際大学非常勤講師(中小企業論・生産管理論)主な著書に「建設業界の動向とカラクリがよ~くわかる本(第2版)「住宅業界の動向とカラクリがよ~くわかる本(第2版)」「土木業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」(秀和システム)などがある。


亀井 信幸(かめい のぶゆき)
明治23年亀井組として創業し、神奈川県茅ケ崎市に本社を置く亀井工業ホールディングス株式会社 代表取締役社長。
1998年に温浴事業をスタートし、その後高齢者介護を中心とした福祉事業、湘南ベルマーレとのフィットサルクラブ運営、治療・運動・天然温泉を組み合わせたコンサルティングセンター、給食施設の受託やPB食材開発・販売など、「心のまち、夢と希望の未来にチャレンジ!」を経営理念に総合生活企業6社をグループ展開している。茅ケ崎商工会義所副会頭、一般財団法人ローカルファースト財団理事長も務める。
 

 

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 仙台校研修担当
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5
電話:022-392-8811
FAX:022-392-8812
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sendai/
E-mail:sen-kenshu@smrj.go.jp