経営トップセミナー2「未来への伝承」

受付終了 研修番号 15-25 場所 仙台校
期間 2016年2月4日(木曜) /1日間(6時間) 受講料 16,000円 定員 40名
対象 経営者・経営幹部・管理者等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

 企業を経営する皆様は、日々、新製品や新サービスの開発、売上の減少、コスト増加、取引先の開拓など多くの悩みを抱えながら経営を行っています。また、自社の後継者や幹部をどのように育てていけばいいのか、ということも避けて通ることのできない大きな悩みの一つだといえます。
 今回のトップセミナーでは、そのような現役世代から次の世代への事業の継承に焦点を定め、事業を継承するとは、どういうことなのか!会社を継ぐ・継がせるとはどういうことなのか!そして、その覚悟とはなんなのか!という、会社を継いでいくことの、本質論について、考えていきます。自社・自身のこれまで、現在、そして未来が見えてくる濃密な時間をご提供します。

◎このような方におすすめ

1、事業を継承することの、本質論をつかみたい方
2、会社を継ぐ・継がせることにお悩みの方、関心をお持ちの方

研修カリキュラム

月日 時間 研究テーマ 内容
2016年
2月4日(木曜)
 
10時00分~
12時30分
本質論を考える

 

●現在の経営環境と中小企業の抱える経営課題
●中小企業を中心に生じる同族間を中心とした事業の継承
●現役世代から次世代への引継
●経営の引継とは!→先代のもつすべてを受け継ぐ覚悟とは

 

      休憩 休憩
13時30分~
17時00分

 

事例を知る









自社・自身を考える


まとめ
 

実際に前社長の気持ちを受け止め、経営を引き継いだ経営者の言葉を事例企業としてご紹介します。(有限会社協栄精機 取締役社長 佐藤 正弘氏)
これまでの道のり、苦労、希望などさまざまな想いを熱く語っていただきます。また、講師と事例企業による対談で、さらなる本質についても傾聴頂きます。

ご参加の皆様によるディスカッションを行い、自身の想いをご検討頂きます。

これまでの内容を整理し、本セミナーのまとめとします。

☆昼食休憩は1時間です。
※カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

講師プロフィール

森田 雅美(もりた まさみ)
大学卒業後、経営コンサルティングファームである株式会社創造経営センターへ入社。平成20年から現職。税理士。卸売業・運送業・印刷業などをはじめとした様々な企業に対して、企業再生、経営戦略立案、経営計画策定、財務管理、人事開発等を中心とした経営診断・指導で活躍中。中小企業大学校においては財務関連コース、経営管理者研修など指導実績多数。

佐藤 正弘(さとう まさひろ)
有限会社 協栄精機 取締役社長
東北学院大学経済学部を卒業後、ゼネコンの東海興業株式会社に就職し、主に開発営業を経験。バブル崩壊後、退職し、出身地である福島県桑折町商工会への就職。県内商工会では経営指導員として約13年間、数多くの小規模・中小企業経営支援業務に携わった。ご縁により2011年8月有限会社協栄精機に入社と同時に代表取締役に就任。同社は省力化機器・精密治工具設計製作を得意とし、「設計から制御までの一貫生産」をモットーとしている。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 仙台校研修担当
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5
電話:022-392-8811
FAX:022-392-8812
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sendai/
E-mail:sen-kenshu@smrj.go.jp