成果を出す新規顧客開拓

受付終了 研修番号 15-20 場所 仙台校
期間 11月9日(月曜)~11月11日(水曜)/3日間(20時間) 受講料 28,000円 定員 35名
対象 管理者・新任管理者・グループリーダー等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

今日の経済趨勢下において、一定の売上高を確保していくためには、既存顧客深耕や新規顧客開拓を積極的に行うことが重要ですが、社会環境などの変化により顧客に会うことがなかなか難しい現状があります。
本研修では、営業活動の前段として、顧客から選ばれるための売れるしくみづくりから、新規顧客開拓のための営業ツールである戦術までを体系的に学び、その上で、新規顧客開拓のための自社用の営業ツールを検討、作成して頂きます。

研修カリキュラム

 

日程 研究テーマ 内容
2015年11月9日(月曜)
9時40分~
17時40分
午前 顧客から選ばれるためのしくみ
とは(講義)

新規顧客開拓を行おうとしても、社会環境などの変化もあり、お客様に会うことが難しくなっている場合が見受けられます。
顧客に選ばれている企業は、どういうものなのか?
顧客に選ばれるためのしくみを事例を交えながら学んで頂きます。
 
●企業の意思決定権者へのアプローチ
●決定権者の興味・関心を引くためのアプローチ方法と営業スキル
 
午後
2015年11月10日(火曜)
9時40分~
17時40分
午前 ステージ別顧客への対応の仕方

新規顧客との商談成立を実現する
ためのツール(講義)

見込み客や新規顧客への対応は、既存顧客と同じ対応ではありません。
お客様をステージごとに分けて考え、そのステージに応じた対応の仕方を学んで頂きます。また、新規顧客と商談成立を実現するために有効となる営業ツールについても学んで頂きます。

●新規顧客の心に近づき自社に興味を持ってもらう
●ニーズを的確にとらえた自社商品・サービスの効果的な「利用方法」の提案
●新規顧客と商談成立を実現するために有効となる営業ツール
 
午後
2015年11月11日(水曜)
9時00分~
16時00分
午前  自社の営業ツール検討と作成(演習)
これまでの講義内容を踏まえて、自社のHPなどを活用し、自社にあった営業ツールの検討と作成をしてもらいます。

●自社の営業時に使用している資料(パンフレットや営業資料)を活用し、自社にあった営業ツールの検討と作成
(プレゼン作成ソフト「PowerPoint」と画像処理ソフトを使用します)
 
午後
☆昼食休憩は各日、1時間です。
※カリキュラムは変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

講師プロフィール

吉見 範一(よしみ のりかず)
日本営業ツール研究所 所長
神奈川県予防医学協会、東京都電機健康保険組合を経て、書籍・教材販売会社に入社。初年度からいきなり全国でトップクラスの成績を収め、その後電器部品メーカーで新規の販路開拓営業を開始。わずか半年でそれまでの顧客数を10倍にしたことから“新規開拓の神様”と呼ばれるようになる。現在では、日本で初の営業ツール専門のコンサルタントとして、講演活動、執筆、コンサルティングなどで活躍中。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 仙台校研修担当
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5
電話:022-392-8811
FAX:022-392-8812
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sendai/
E-mail:sen-kenshu@smrj.go.jp