経営戦略にもとづく人事制度の構築

受付終了 研修番号 15-16 場所 仙台校
期間 9月15日(火曜)~11月13日(金曜)/6日間(2日間×3回)インターバル研修(36時間) 受講料 50,000円 定員 20名
対象 経営者・経営幹部・管理者等
オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

研修のねらい

人事組織マネジメントにおいては、評価や処遇といった制度面に焦点が絞られがちです。しかし、人事組織マネジメントは、企業のなかで独立したものではなく、経営戦略に基づいて行われるべきものです。
本研修では、企業の経営戦略に基づいた人事組織マネジメントを学び、安定的な経営を継続するための人事制度の在り方や構築方法等について理解していただきます。

〇このような方におすすめ!

(1)経営戦略と人事制度のつながりを重視し業績アップに直結する人事制度作を作りたい方
(2)効果的な評価指標や評価基準の作り方、資格体系や給与制度の設計と運用等を見直したい方
(3)組織の活性化や人材育成に繋がる人事制度作り・運用を体系的に作り上げたいと考えている方                                               

 

研修カリキュラム

 

日程 研究テーマ 内容
2015年
9月15日(火曜)
9時40分~16時40分
経営戦略と人事組織マネジメント(概論) 
●経営理念やビジョンそして経営戦略に応じて求められる人材像や能力の定義
●経営戦略にもとづいた人事組織マネジメントとは
●人事制度のあり方や全体像、適切な運営方法等
●自社の経営戦略の明確化と戦略遂行に必要な組織体制
 
2015年
9月16日(水曜)
9時20分~16時20分
経営戦略の確認と展開
評価制度の構築

●自社の現状認識(自社演習)
●経営戦略と戦略課題の確認(自社演習)
●課題実行のための組織と目標・評価への展開(自社演習)
 

<インターバル> 

日程 研究テーマ 内容

2015年
10月15日(木曜)
9時40分~16時40分

業績評価と人事評価制度の構築 
●評価制度構築の考え方・進め方(自社・グループ演習)
●組織の業績評価・個人の成果、制度の設計と展開方法
(自社グループ演習)
 
2015年
10月16日(金曜)
9時20分~16時20分
資格体系の構築 ●能力評価制度の設計と展開方法(自社・グループ演習)
●資格体系構築の考え方・進め方(自社演習)
●資格体系のあり方、資格体系設計のポイント

<インターバル>

日程 研究テーマ 内容
2015年
11月12日(木曜)
9時40分~16時40分
経営戦略のリンクした給与制度の構築 
●評価結果の給与等への反映の仕方・進め方(自社演習)
●これからの給与制度の考え方と設計・構築の方法
(ケース演習)
●人事制度運営の中核となる人件費・給与管理の方法とポイント
 
2015年
11月13日(金曜)
9時20分~16時20分
人事制度の運用と人材育成の進め方 ●人事制度を活かした人材育成のポイントと進め方
●人材育成の体系化と運用・実践を行っていく上での留意点
●まとめ

※昼食休憩は1時間です。

※カリキュラムは都合により変更する場合がございますので、予めご了承ください

講師プロフィール

植田 正樹(うえだ まさき)

立教大学卒業後、三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)を経て、(株)富士総合研究所(現・みずほ総合研究所(株))入社。同研究所の上席主任コンサルタントとして数多くの中小・中堅企業の業績向上に関わる。2008年 エムストリームコンサルティング(株)設立。「会社と社員の成長を同時に実現するための実行力のマネジメント」をテーマに、全国各地の中小・中堅企業のパートナー的な立場で、経営戦略・マーケティング戦略策定・実行から組織・人事制度改革、人材教育・研修等に至るまで、きめ細かいコンサルティング活動を展開している。各地での講義・講演活動多数。特に、中小企業大学校 各校の講師、新潟大学大学院 非常勤講師として活躍。著書は、「業績向上に直結する成長企業の戦略・組織・人材」(あさ出版)他 多数。

オンライン申込み 研修カリキュラムPDFダウンロード

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 仙台校研修担当
〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4-2-5
電話:022-392-8811
FAX:022-392-8812
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sendai/
E-mail:sen-kenshu@smrj.go.jp