14)決算書の読み方と財務分析の勘所

受付終了 研修番号 17-14 場所 三条校
期間 8月1日(火曜)~8月3日(木曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 管理者・新任管理者

研修のねらい

 経営活動の成果を示す決算書には会社の経営実態や課題を知るための情報がたくさん詰まっています。
 決算書を的確に読み解いて、自社の課題を把握することは、管理者として今後の事業方針を判断する上でとても大切です。
 本研修では、決算書の仕組みと読み方、財務分析の手法と分析数値の捉え方、キャッシュフロー計算書の見方など、財務の基本を理解するための勘所について、事例演習を交えながら実践的に学びます。(演習は事例企業の決算書を使います。)

研修の内容

月日 時間 科目・内容 講師(敬称略)
8月1日
(火曜)
9時30分~ オリエンテーション
9時40分

17時40分

決算書を読み解くための基礎知識
 管理者として把握しておきたい経営数値の捉え方や企業会計の基礎知識、決算書の仕組みと見方などについて体系的に学びます。

  • 管理者の視点で必要な経営数値の捉え方
  • 財務会計と管理会計の違い
  • 貸借対照表、損益計算書の仕組みと見方
  • キャッシュフロー計算書の仕組みと見方

財務分析の手法と活用のポイント
 決算書の数値を用いて企業の経営状況や問題点とその原因、課題を把握するための財務分析の手法と活用のポイントについて学びます。

  • 財務分析(安全性、収益性、成長性、生産性)
  • 損益分岐点分析と活用方法
  • 分析数値の評価と課題の捉え方
  • キャッシュフローの分析と改善の考え方

 

財務分析の進め方(演習)
 ここまで学んだ財務分析の手法、分析数値に基づいた改善策の検討方法について、事例企業の決算書を使用した演習を通じて理解を深めて頂きます。
 

太田 光栄
太田光栄税理士事務所
所長
税理士

8月2日
(水曜)
9時40分

17時40分
8月3日
(木曜)
9時40分

17時40分

「受講者交流会」(受講者の皆さんの交流を深めていただきます)
 8月1日(火曜)18時~

講師プロフィール

太田 光栄(おおた こうえい)
太田光栄税理士事務所 所長 税理士

 会計事務所勤務を経て、平成11年(株)創造経営センターに入社。平成13年税理士資格取得。平成17年日本創造経営グループ内の税理士法人大和に転属。平成21年税理士として独立開業し現在に至る。運送業、化粧品卸売・小売業等の中小企業の税務会計や経営指導のほか、中小企業大学校をはじめ各方面で研修講師として活躍中。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校三条校 研修担当
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0770 FAX:0256-38-0777
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/