41)海外取引・契約実務研修

受付終了 研修番号 16-41 場所 三条校
期間 7月27日(水曜)~7月29日(金曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 30人
対象 経営者・経営幹部

研修のねらい

展示会や商談会に出店しても思うような成果を得られない方へ
結果を引き寄せるプレゼンのコツ

 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の調印により海外企業とのビジネスチャンスが拡大し、海外販路開拓の機会がさらに広がることが期待されています。国内だけでは伸び悩みがちな中小企業の業績を向上させるには、海外の市場を開拓し、販路を拡大していくことも重要な企業戦略の一つです。
 本研修では、海外販路開拓の具体的な方法と成功のポイントについて学ぶとともに、研修の後半では、講師からのアドバイスを受けながら海外企業に訴求するプレゼンテーション資料を作成し、海外企業との商談を念頭においたプレゼンテーションの演習を行うことで、海外顧客の購買意欲をかきたてる手法を体得していただきます。

こんな方におすすめ

海外への販路開拓を検討されている方

海外企業向けの展示会や商談会に出たが、思うような成果を得られない方

既に海外への販路開拓活動を行っているが、売り上げをさらに上げたいと考えている方

カリキュラムの概要

日時 科目・内容 講師(敬称略)
7月27日
(水曜)
9時30分~ オリエンテーション  
9時40分

12時40分
海外販路開拓を進めるにあたって
 中小企業を取り巻く環境や海外販路開拓を既に行っている企業の事例から、自社が海外販路開拓を行う必要性を再認識するとともに、成功のポイントについて学びます。
 ・中小企業とグローバル化
 ・中小企業の海外販路開拓の事例
 ・日本企業と取引実績のある海外バイヤーが求めること
南 勇
合資会社136中小企業診断士 代表
(中小機構 販路支援部 シニア
アドバイザー(国際化支援))
13時40分

15時40分
環太平洋パートナーシップ(TPP)協定活用のポイント
 TPP協定の概要を理解し、その活用に向けたヒントを学びます。
 ・TPPの概要と支援策について
 ・原産地規則
嶋 正和
株式会社ロジスティック
代表取締役
15時40分

17時40分
海外販路開拓のマーケティング戦略(1)
 中小企業が陥りやすい商談の失敗を回避するため、自社の製品・技術などの強みを訴求するポイントについて学びます
 ・現地の市場に関する事前調査の方法
 ・海外顧客の購買意欲をかきたてる製品(商品)と価格
 ・海外販売チャネル(販売店・代理店活用~販社設立)の構築
南 勇
(前掲)
 
7月28日
(木曜)
9時40分

12時40分
海外販路開拓のマーケティング戦略(2)
 商談の場で海外顧客との商談を円滑に進めるための、販売促進策の準備の仕方について学びます
 ・インターネット活用のポイント
 ・強みを伝える資料作成のコツ(FABE法の理解)
 ・海外の顧客に伝わるプレゼンテーション・交渉のポイント
 ・狙う展示会の選定と魅せる展示手法
13時40分

17時40分
商談会・展示会に向けたプレゼンテーション資料の作成と演習(グループ演習)
 研修の前半で学んだことをもとに、自社製品・技術のプレゼンテーション資料を作成します。また、作成した資料に基づいて講師に自社製品・技術のプレゼンテーションを行い(日本語)、その内容や方法について振り返りを行います。
 ・使用場面の抽出
  ◇自分がお客様だったら、どこで使うだろう・・・
  ◇製品がお客様にもたらす「満足」 とは、何だろう・・・
 ・「FABE」表の作成  
 ・キャッチコピーの作成
 ・プレゼンテーション資料(ビジュアル)への落とし込み
 ・ロールプレイング
  *FABE(F:feature,A:advantage,B:benefit,E:evidence)とは、1970年代に米国3M社が開発したプレゼン手法です
南 勇(前掲)

※申込人数によって、講師の人数を決定いたします。
 
7月29日
(金曜)
9時40分

12時40分

13時40分

17時40分

7月27日(水曜)18時~
受講者交流会
(受講者の皆さんの交流を深めていただきます)
 

講師プロフィール

南 勇(みなみ いさむ)
合資会社136中小企業診断士 代表
(中小機構 販路支援部 シニアアドバイザー(国際化支援))
同志社大学経済学部卒業後、商社で機械営業、事業企画、子会社の経営に携わる。平成17年8月より中小機構関東本部の「販路開拓プロジェクトマネージャー」に就任し、首都圏市場の開拓を目指す中小企業を支援(支援企業数240社超)。平成24年4月より国際化支援センター(現販路支援部)の海外販路開拓支援に転じ、海外取引に向けた製品ブラッシュアップ、出展プラン作成などの支援に注力。平成26年4月からは日本の中小企業とアジア諸国の企業CEOとの交流促進・ビジネスマッチング・フォロー支援等を行う「中小企業CEOネットワーク強化事業」に邁進している。

嶋 正和(しま まさかず)
株式会社ロジスティック
代表取締役
ボストン・コンサルティング・グループにて情報システム・ロジスティクス関連プロジェクトを経験後、フットワーク・エクスプレスに入社し、マーケティング戦略を導入。その後、ローランド・ベルガーでパートナーとしてロジスティクスの包括アウトソーシングを核とした改革コンサルティングに従事。サプライチェーン・マネジメント(SCM)を主体とした経営コンサルティング、FTA活用コンサルティング、FTAを含めた国際税制を勘案したSCMコスト・マネジメント、SCM教育等に実績がある。東京大学工学部電子工学科卒業、欧州経営大学院MBA取得。
 

関連コース

 中小企業の人事・労務対策講座
  第一回:2016年5月26日(木曜)~27日(金曜)
  第二回:2016年6月6日(月曜)~7日(火曜)
 

 後継者のための企業経営講座
  2016年6月28日(火曜)~29日(水曜)
 

 部下の戦力化を早めるOJTと人財育成
  2016年7月5日(火曜)~7日(木曜)
 

 ビジネスゲームで学ぶ!経営感覚養成講座
  2016年7月11日(月曜)~13日(水曜)
 

 経営管理者養成コース(第23期)
  第一回:2016年9月13日(火曜)~16日(金曜)
  第二回:2016年10月11日(火曜)~14日(金曜)
  第三回:2016年11月8日(火曜)~11日(金曜)
  第四回:2016年12月6日(火曜)~9日(金曜)
  第五回:2017年1月17日(火曜)~20日(金曜)
  第六回:2017年2月13日(月曜)~17日(金曜)
 

 共通のゴールを目指す!元気なチームの作り方
  第一回:2016年9月27日(火曜)~28日(水曜)
  第二回:2016年10月21日(金曜)
 

 会社と人が成長する組織づくり
  第一回:2016年11月21日(月曜)~22日(火曜)
  第二回:2017年1月10日(火曜)~11日(水曜)
 

 IT活用による経営課題解決講座
  2017年2月7日(火曜)~8日(水曜)
 

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校三条校 研修担当
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0775 FAX:0256-38-0771
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/