27)製造現場改善実践講座

キャンセル待ち 研修番号 16-27 場所 三条校
期間 1月11日(水曜)~1月13日(金曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 35名
対象 管理者・新任管理者
オンライン申込み

研修のねらい

 工場が利益を生み続けるためには、製造現場のリーダーが絶えず問題意識を持って現場を見つめ、メンバーと協力しながらムリ・ムダ・ムラを1つずつ排除していくことが重要です。
 本研修では、現場改善の基本である「5S]と生産活動のムダ取りを行う「IE技法」の組み合わせによる改善手法について、豊富な事例や演習を交えて学びます。
 また、動画や写真を活用しながら自社の製造現場の問題点を発見するとともに、改善を進めていくための足掛かりをつくっていただきます。

研修の内容

月日 時間 科目・内容 講師(敬称略)
1月11日
(水曜)
9時30分~ オリエンテーション  
9時40分

17時40分

現場改善の基本的な考え方
 製造現場を取り巻く外部環境を踏まえ、現場改善を行う必要性や自社の製造現場の現状について、改めて考えていただきます。また、製造現場のリーダーに求められる役割と考えについて学びます。

     

現場改善に向けた環境づくり―「5S」と「目で見る管理」―
 講師が実際に支援した様々な事例や演習を交えながら、5Sの重要性や改善の手順について学ぶとともに、自社の問題を再確認します。

  1. 5Sの真の意味と目的 
  2. 目で見る管理と3ム(ムリ・ムダ・ムラ)の排除
  3. 改善したい自社現場の問題を再確認する 

 

現場の生産性を上げる具体的手法―「IE技法」―
 仕事をより楽に、早く、安くする「IE技法」の基本的な考え方や手法について学びます。

     

改善の効果を体感する!―収益ゲーム―
 グループで生産活動のシミュレーション演習を複数回行い、改善活動のポイントや品質、収益との関係について、頭と体を使って学びます。

     

自社の現場を改善する【自社課題演習】
 今まで学んできたことを踏まえ、自社現場の動画・写真等を活用しながら「改善テーマ」をグループ討議や講師のアドバイスにより決定し、研修後実現する改善計画書を立案していただきます。

  1. 研修後に取り組む改善テーマの選定 
  2. 現場改善の体制・手順・方法の検討 
  3. 研修後に実現する改善活動計画書の作成と発表
  4. 継続的な改善の実現に向けて 

高田 忠直
(株)ジェック経営コンサルタント
第2事業部 部長

1月12日
(木曜)
9時40分

17時40分
1月13日
(金曜)
9時40分

17時40分

「受講者交流会」(受講者の皆さんの交流を深めていただきます)
 1月11日(水曜)18時~

講師プロフィール

高田 忠直(たかた ただなお)
(株)ジェック経営コンサルタント 第2事業部 部長

 平成12年株式会社ジェック経営コンサルタント(富山県)に入社し、製造業・運輸業・倉庫業・食品加工業・飲食業など、幅広い業種で現場の声に即した「実践型」の支援を展開する。平成17年から、幅広い業種に対して、5Sを活用した企業体質改善の支援に取り組み、これまでに多数の企業で支援実績を誇る。
 管理者の成長を促しながら、現場改善活動を全社活動として定着・促進させる指導法は多くの企業で成功を上げている。

関連コース

 製造現場改善の進め方
  第一回:2016年4月25日(月曜)~26日(火曜)
  第二回:2016年6月9日(木曜)~10日(金曜)
 

 製造現場のポカミス防止対策
  2016年5月17日(火曜)~19日(木曜)
 

 生産現場のコスト削減と生産性向上の進め方
  2016年6月14日(火曜)~16日(木曜)
 

 工場管理者養成コース(第5期)
  第一回:2016年7月12日(火曜)~14日(木曜)
  第二回:2016年8月24日(水曜)~26日(金曜)
  第三回:2016年9月26日(月曜)~28日(水曜)
  第四回:2016年10月26日(水曜)~28日(金曜)
  第五回:2016年11月16日(水曜)~18日(金曜)
  第六回:2017年1月23日(月曜)~25日(水曜)
 

 製造現場における在庫管理の進め方
  2016年7月26日(火曜)~27日(水曜)
 

 強い工場実現!多能工化の進め方
  第一回:2016年8月29日(月曜)~30日(火曜)
  第二回:2016年10月18日(火曜)
 

 短納期化とリードタイム短縮の実践法
  2016年11月9日(水曜)~11日(金曜)
 

オンライン申込み

お問い合せ・資料請求・御意見

中小企業大学校三条校 研修担当
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0770 FAX:0256-38-0777
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/