24)短納期化とリードタイム短縮の実践法

受付終了 研修番号 16-24 場所 三条校
期間 11月9日(水曜)~11月11日(金曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 管理者・新任管理者

研修のねらい

 「欲しいものを、欲しい時に、欲しいだけ手に入れたい。」という取引先の要求にいかに応えるか、材料や在庫の保有時間を短くし、いかにコストを下げるかについては、リードタイムの短縮が解決策の一つとなります。
 本研修では、リードタイムのうち「製造リードタイム」を中心に、生産のムダ・待ち時間を削減し「顧客の求める納期を確実に実現する生産体制」構築に向けた仕組み作りについて演習や事例を交えて学びます。

※事前課題
開講前に自社の現状について作成いただく書類がございます。詳細は受講決定の際にお知らせします。

研修の内容

月日 時間 科目・内容 講師(敬称略)
11月9日
(水曜)
9時30分~ オリエンテーション
9時40分

17時40分

自社の生産管理の全体像を理解する
 顧客のオーダーが発生してから納品までの時間短縮には製造の現場で正しい工程管理が行われ、かつ、他部門とも密接に連携することが必要です。ここでは、リードタイムが長くなる様々な要因から自社の生産管理活動の現状の問題点を、事前課題とともに再整理します。

  1. リードタイムの構造分析
  2. 自社の生産管理の再確認
    (1)生産計画の立て方とその管理機能としての生産統制
    (2)工程管理の仕組みと体系
    • 日程:日程計画⇔進捗管理
    • モノ:材料・部品計画⇔現品管理
    • 工数:余力計画⇔余力管理
  3. 協力会社・他部門(営業、購買など)との関係と協力関係を構築するには

4Mの視点から学ぶ「製造リードタイム」短縮へのアプローチ手法
 製造リードタイムはその大半が製造時間ではなく工程間などの待ち時間であり、待ち時間をいかに削減するかがリードタイム短縮の鍵となります。ここでは、生産の4要素(人、設備、方法、材料)と言われる4Mの視点から、様々なアプローチ手法を事例・演習を交えて学びます。

  1. 4Mの視点から待ち時間の削減
  2. リードタイム改善に結びつくレイアウト改善
  3. 納期管理上の問題点とリードタイム短縮の提案【事例グループ演習】

自社で目指す「リードタイム短縮」目標実現に向けて【自社課題演習】
 研修のまとめてとして、これまで講義・受講生間で学んできた事から、自社で目指す「リードタイム短縮」実現に向けて取り組むことについてまとめます。

  1. 自社の工程図やレイアウト図の改善案および活動計画書の作成

小川 正樹
(株)MEマネジメントサービス
代表取締役

11月10日
(木曜)
9時40分

17時40分
11月11日
(金曜)
9時40分

17時40分

「受講者交流会」(受講者の皆さんの交流を深めていただきます)
 11月9日(水曜)18時00分~

講師プロフィール

小川 正樹(おがわ まさき)
株式会社MEマネジメントサービス
代表取締役

 大手工作機械メーカー、日本能率協会コンサルティングを経て、1986年(株)MEマネジメントサービス入社。2012年代表取締役。
 原価管理、原価見積、生産・物流管理システムの立案、構築、実施やVE・IE・品質工学を通じて総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務が活動の中心にある。技術士(経営工学)

関連コース

 製造現場改善の進め方
  第一回:2016年4月25日(月曜)~26日(火曜)
  第二回:2016年6月9日(木曜)~10日(金曜)
 

 製造現場のポカミス防止対策
  2016年5月17日(火曜)~19日(木曜)
 

 生産現場のコスト削減と生産性向上の進め方
  2016年6月14日(火曜)~16日(木曜)
 

 工場管理者養成コース(第5期)
  第一回:2016年7月12日(火曜)~14日(木曜)
  第二回:2016年8月24日(水曜)~26日(金曜)
  第三回:2016年9月26日(月曜)~28日(水曜)
  第四回:2016年10月26日(水曜)~28日(金曜)
  第五回:2016年11月16日(水曜)~18日(金曜)
  第六回:2017年1月23日(月曜)~25日(水曜)
 

 製造現場における在庫管理の進め方
  2016年7月26日(火曜)~27日(水曜)
 

 強い工場実現!多能工化の進め方
  第一回:2016年8月29日(月曜)~30日(火曜)
  第二回:2016年10月18日(火曜)
 

 製造現場改善実践講座
  2017年1月11日(水曜)~13日(金曜)
 

お問い合せ・資料請求・御意見

中小企業大学校三条校 研修担当
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0770 FAX:0256-38-0777
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/