17)強い工場実現!多能工化の進め方

受付終了 研修番号 15-17 場所 三条校
期間 9月1日(火曜)~10月20日(火曜)/3日間
第一回:
9月1日(火曜)~9月2日(水曜)
第二回:
10月20日(火曜)
受講料 31,000円 定員 30名
対象 工場、製造部門の管理者・新任管理者

サブテーマ

職人化で受注変動に強い工場づくり

研修のねらい

 多品種少量生産、短納期化に加え納期変更、飛び込みなどにより変動が大きい生産計画をいかに限られた人員で柔軟に対応し効率よく生産していくかは、今後の労働人口の減少の点からみても重要な課題です。
 本研修では、仕事量の増減による工程間の能力と負荷のアンバランスを解決し、柔軟な生産体制を構築していく上で重要な解決策の一つである「多能工化」を会社・管理者としていかに効率的に進めていくか、一連の流れとポイントを講義・演習・インターバル期間の自社実践の3本立てで実践的に学んでいただきます。

※事前課題として、自社における多能工化の現状等を整理していただきます。詳細は受講決定の際にお知らせしいたます。

研修の内容

月日 時間 科目・内容 講師(敬称略)
9月1日
(火曜)
8時50分~ オリエンテーション  
9時

17時

多能工化を図る意義と管理者の役割
 なぜ今多能工化を推進するのか、何となく分かってはいる多能工化を図るメリットをデメリットと共に再確認し、会社として多能工化を推進する目的とそのために管理者・指導者として、自身が果たすべき役割について再確認します。

  1. 多能工化を図る目的の明確化
  2. 管理者・指導者に求められる役割と姿勢

 

単なる便利屋ではない、職人化を図る多能工化の進め方
【演習】

 多能工化を進める上で壁となる作業者の誤解(便利屋にされるだけでは)を取り除き理解を得て会社として多能工化を計画的に推進していくために必要な前準備から評価までの一連の流れについて、演習を交えて理解します。

  1. 結果に結びつく多能工化の進め方とポイント
  2. 自分の分身を育てる(教育・訓練の実践)
    P:多能工化計画の作成(現状把握「能力判定」と
      一人一人のあるべき姿の設定)
    D:多能工化の実践(指導と実践)
    C:成長レベルの確認(目標値と実績値の差異分析)
    A:フィードバック(評価)と次への改善

 

多能工化推進計画の作成(自社課題演習)
 ここまで学んできたことを踏まえて、インターバル期間に取り組むモデル職場における多能工化推進計画を作成します。

植條 英典
実践マネジメント
研究所
代表

9月2日
(水曜)
9時

17時
立案いただいた多能工化計画に基づき、インターバル期間に自社で多能工化教育・訓練を実践していただきます。
10月20日
(火曜)
9時

17時

活動の振り返りとアイデア出し
(多能工化推進計画の改善「自社課題演習」)

 インターバル期間に実践した推進計画の成果を振り返り、グループ討議や講師からの評価・助言など相互補完によるアイデア出しを踏まえて、研修後に引き続き取り組む推進計画の改善を行います。

 

研修後の実現、そして更なる向上に向けて。
そのために、すべき事は

 多能工化を図ることで、個人スキルの向上・生産性の向上以外にも様々な利点が生じます。ここでは、多能工化を図った成果をより深くしていく手法について学び、最後に自社の多能工化実現に向けて自分自身がどのような行動をとっていくべきか、行動計画を作成いただきます。

  1. 多能工化で終わらせない次のステップ
  2. 自信がすべき事(行動計画の作成)

植條 英典
(前掲)

「受講者交流会」(受講者の皆さんの交流を深めていただきます)
 9月1日(火曜)17時20分~

講師プロフィール

植條 英典(うえじょう ひでのり)
実践マネジメント研究所 代表
 中堅家具メーカーの経営企画室にて経営管理業務に従事した後、中村技術士事務所に入所。その後(株)ビジテック創設に参画し取締役に就任。2004年実践マネジメント研究所を設立。全国各地で、生産管理、工程管理、生産性向上対策、品質改善等を中心としたコンサルティング活動を行う一方、中小企業大学校をはじめとした研修・セミナー講師としても活躍中。

関連コース

 製造現場改善の進め方
  第一回:2015年4月27日(月曜)~28日(火曜)
  第二回:2015年6月4日(木曜)~5日(金曜)

 

 製造現場のポカミス防止対策
  2015年5月27日(水曜)~28日(木曜)

 

 生産現場のコスト削減と生産性向上の進め方
  2015年6月9日(火曜)~11日(木曜)

 

 工場管理者養成コース(第4期)
  第一回:2015年7月14日(火曜)~16日(木曜)
  第二回:2015年8月19日(水曜)~21日(金曜)
  第三回:2015年9月28日(月曜)~30日(水曜)
  第四回:2015年10月26日(月曜)~28日(水曜)
  第五回:2015年11月24日(火曜)~26日(木曜)
  第六回:2016年1月25日(月曜)~27日(水曜)

 

 短納期化とリードタイム短縮の実践法
  2015年11月11日(水曜)~13日(金曜)

 

 製造現場改善実践講座
  2016年1月13日(水曜)~15日(金曜)

 

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校三条校 研修担当
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0770 FAX:0256-38-0777
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/