70)「中小企業の会計」アドバンスコース(栃木県足利市)

受付終了 研修番号 15-70 場所 栃木県南地域地場産業振興センター(栃木県足利市)
期間 5月27日(水曜)~5月27日(水曜)/1日間 受講料 16,000円 定員 30名
対象 経営者、経営幹部(業種は不問)

サブテーマ

1日でわかる! お金を増やす会計情報の活かし方

研修の目的

 中小企業が今後も着実に成長するためには、経営環境の変化に順応し、お金を生む経営を進めることが重要です。そのためには、経営者・経営幹部自らが会計情報から自社の経営状況を把握するだけでなく、お金を生むための意思決定を行うことが求められます。
 本研修では、自社の現状を把握し、お金を増やす意思決定をするために必要な会計情報の見方、活かし方について学びます。

研修の内容

月日 時間 科目・内容 講師(敬称略)
5月27日
(水曜)
9時30分~ オリエンテーション  
9時40分

16時40分
※昼食休憩1時間含む

会計情報はどう活かすべきか?
 会計情報は何のためにあるのか?“経営のための会計”について学びます。

会計情報の見方と財務体質改善の考え方
 貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書から経営状況を把握するための見方について学びます。また、財務体質改善のための基本的な考え方についても学びます。

  • 貸借対照表の見方
  • 損益計算書の見方
  • キャッシュフロー計算書の見方
  • 財務体質改善のための着目ポイント       
損益分岐点の考え方と実践
 会計情報の実践的活用について、損益分岐点の考え方を基礎から学びます。また、目標利益を実現するために必要な売上目標の設定方法や損益分岐点を実際に活用する方法について、グループ演習等を交えてわかりやすく学びます。 
  • 損益分岐点の考え方
  • 損益分岐点の活用方法

明日から活かす会計情報
 研修のまとめとして、会計情報を経営に活かすための数値管理の重要性について振り返り、今後の経営活動の参考としていただきます。

駒井 伸俊
(株)イーバリュージャパン
代表取締役
駒井伸俊税理士事務所

 

講師プロフィール

駒井 伸俊(こまい のぶとし)
(株)イーバリュージャパン 代表取締役、駒井伸俊税理士事務所
 青山学院大学国際政治経済学部卒業。産能大学大学院経営情報学研究科修了。中央大学大学院法学研究科民事法専攻博士課程前期修了。税理士、中小企業診断士 、ITコーディネータ。
 大学在学中に学習塾を設立。卒業後、安田信託銀行(株)等を経て、コンサルタントとして独立し、2001年に法人設立、同代表取締役就任。2012年にワイン輸入米国子会社、最高執行責任者就任。2014年にカシミヤニット輸入会社、代表取締役就任。起業・経営革新支援、経営・営業戦略立案、事業計画策定、資金調達支援、リーダー養成、ロジカルシンキング等の分野で活躍。
 著書に「世界一使いやすい!勘定科目と仕訳の事典」、「考えがまとまる!フィッシュボーン実践ノート術」、「問題解決の実践とカラクリがよ~くわかる本」など。

関連コース

 決算書の読み方と財務分析の勘所
  2015年7月22日(水曜)~24日(金曜)

 後継者のための企業経営講座
  2015年7月2日(木曜)~3日(金曜)

 

お問い合わせ・資料請求・御意見等は
中小企業大学校三条校 研修担当

〒〒955-0025   新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0775    FAX:0256-38-0771
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/