06)実践で役立つ提案営業力強化講座

受付終了 研修番号 15-06 場所 三条校
期間 6月1日(月曜)~6月3日(水曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 35名
対象 営業部門の管理者、新任管理者

サブテーマ

企画提案力と商談力の高め方

研修のねらい

 類似商品、類似サービスがあふれる中、顧客から選ばれ使用してもらうためには、商談の場において、1)顧客の悩みや要望を把握し、2)自社の商品・サービスがどのように解決・実現に寄与するかを提案し、3)納得を引き出す必要があります。
 本研修では、顧客の悩みや要望を把握するために必要となる面談技術の習得と顧客の納得と購買意欲を引き出す企画提案書の作成方法、プレゼンテーションの仕方について、ロールプレイングを交えながら実践的に学びます。

こんな方におすすめ

  • 条件競争に悩む営業管理者
  • 類似商材があふれる中で、自社商材を使ってもらう方法を模索している営業管理者

研修の内容

月日 時間 科目・内容 講師(敬称略)
6月1日
(月曜)
9時30分~ オリエンテーション  
9時40分

17時40分

顧客志向の提案営業の進め方
 売れる営業と売れない営業の違いを分析することにより、顧客志向の提案営業の本質や実践していくプロセスについて学びます。

  1. 売れる営業と売れない営業の違い
  2. 提案営業のプロセス

 

顧客の課題を発見する情報力と面談技術
 顧客の潜在的なニーズや抱える問題の原因といった様々な情報を引き出す面談技術について、事例や演習を交えながら学びます。また、自社商材の見極めも行います。

  1. 顧客ニーズの情報収集と効果的な活用方法
  2. 顧客の心をつかむセールスヒアリング
  3. 自社商材の見極め

 

顧客が納得する課題解決提案書の作り方と
提案行動のポイント

 自社や自社商材の特性(強み・ノウハウ)を活かした課題解決提案書の作成方法を習得し、成約に繋げるための提案行動について、演習を交えながら具体的に学びます。

  1. 顧客が納得する課題解決提案書の作成方法
  2. 顧客の購買心理を踏まえた提案行動の進め方

 

課題解決提案のプレゼンテーション強化
 研修のまとめとして、課題解決プレゼンテーションのロールプレイングを行い、実践で役立つ提案力を強化します。

吉見 範一
日本営業ツール研究所
代表

6月2日
(火曜)
9時40分

17時40分
6月3日
(水曜)
9時40分

17時40分

「受講者交流会」(受講者の皆さんの交流を深めていただきます)
 6月1日(月曜)18時~

講師プロフィール

吉見 範一(よしみ のりかず)
日本営業ツール研究所(新規ウィンドウ) 代表
 神奈川県予防医学協会、東京都電機健康保険組合を経て、書籍・教材販売会社に入社。ツールを多用する独自の方法を発見し、初年度から全国でトップクラスの成績を収める。その後、電器部品メーカーで新規の販路開拓営業を開始し、半年でそれまでの顧客数を10倍にしたことから“新規開拓の神様”と呼ばれるようになる。以来、数々の業界の営業職を経験し、常にトップの成績を上げる。現在は、『対面型商談ツール』専門のセミナー講師として、日本全国の商工会議所や中小企業を中心に、講演・コンサルティング活動に携わる。

関連コース

 成約率を高める営業の進め方
  2015年5月12日(火曜)~14日(木曜)

 

 売れる営業チームの作り方
  第一回:2015年8月18日(火曜)~19日(水曜)
  第二回:2015年9月16日(水曜)

 

 営業マネジメント強化講座
  第一回:2015年9月2日(水曜)~3日(木曜)
  第二回:2015年10月6日(火曜)~8日(木曜)
  第三回:2015年11月10日(火曜)~12日(木曜)
  第四回:2015年12月3日(木曜)~4日(金曜)

 

 新規顧客開拓の考え方・進め方
  第一回:2016年1月20日(水曜)~21日(木曜)
  第二回:2016年2月25日(木曜)

 

 クレーム対応力強化講座
  2016年2月2日(火曜)~4日(木曜)
 

 

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校三条校 研修担当
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0770 FAX:0256-38-0777
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/