05)製造現場のポカミス防止対策

受付終了 研修番号 15-05 場所 三条校
期間 5月27日(水曜)~5月28日(木曜)/2日間 受講料 25,000円 定員 35名
対象 管理者、新任管理者(組織(全社・部門・課等)活動としてポカミス退治に取り組まれる立場の方)

サブテーマ

不良発生を防ぎ品質向上とコスト削減へ

研修のねらい

 製造現場では、優れた人や最新の設備を揃えていても、様々な人的ミスにより不良発生や作業停滞そして最悪事故といった問題が発生しています。
 しかし、人的ミスには個人の問題ではなく、例えば仕事の仕組みの問題など日々の改善により未然に防げた要因を起因とするものもあります。このため、人的ミスが起きた場合、単にミスを犯した個人の責任として処理するのではなく、「なぜ人的ミスが発生してしまったのか」その要因をしっかり分析し、組織的に再発防止に取り組むことが重要です。
 本研修では、人的ミスを指すヒューマンエラーとポカミスの区分を整理し、その予防と退治に必要な着眼点と効果的な対策の考え方を理解し、管理者(責任者)としてポカミス予防・退治策を現場へ浸透させていくための仕組みづくりまでを学びます。

研修の内容

月日 時間 科目・内容 講師(敬称略)
5月27日
(水曜)
8時50分~ オリエンテーション  
9時

18時

ヒューマンエラーとポカミス
 人的ミスを総て「ポカミス」と言っていませんか。
 ここでは、人的ミスを発生させるメカニズムの違いからヒューマンエラーとポカミスに整理し、その分析と対策立案の基本手法を学んでいただきます。

  1. ヒューマンエラーとポカミス
  2. 発生要因分析と対策の基本

 

ポカミス退治の進め方
 ポカミス退治には、「ポカミス発生を防ぐ方法」、「発生したミスを後工程に送らない仕組み」の2つの視点で考えることが重要です。ここでは、作業者の習熟度に関わらず、ムリなく、楽に、正しく、安全に作業ができることを目指したポカミス退治策について改善事例や演習を交えながら学んでいただきます。

  1. 改善事例から学ぶ!ポカミス退治の着眼点
  2. 効果的なポカミス退治策

 

ポカミス退治の仕組みづくり
≪管理者としてやるべきこととは≫

 これまで学んできたポカミス退治策を現場に浸透させるためには、組織的に取り組んでいくことが必要となります。ここでは、研修の総まとめとして、ポカミス退治の仕組みづくりと定着化、そのために必要とされる管理者の職務と役割について学んでいただきます。

  1. ポカミス退治策の現場への浸透策
  2. 管理者に求められる職務と役割

立居場 誠治
(株)IMEコンサルティング
代表取締役

5月28日
(木曜)
9時

17時

「受講者交流会」(受講者の皆さんの交流を深めていただきます)
 5月27日(水曜) 18時20分~

講師プロフィール

立居場 誠治(たていば せいじ)
(株)IMEコンサルティング(新規ウィンドウ) 代表取締役
 日本大学 生産工学部 工業化学科卒業後、大手建材メーカーで生産管理、コストダウン、品質管理などを担当。その後、経営コンサルティング会社を経て独立し、現在に至る。専門分野であるIE技術を軸とした原価低減・現場改善、ISO9000-14000認証取得等の各分野で多くの企業支援や教育研修の実績を持つ。
 著書に『技術者のための原価企画』、『理想原価への挑戦』(ともに共著)。

関連コース

 製造現場改善の進め方
  第一回:2015年4月27日(月曜)~28日(火曜)
  第二回:2015年6月4日(木曜)~5日(金曜)

 

 生産現場のコスト削減と生産性向上の進め方
  2015年6月9日(火曜)~11日(木曜)

 

 工場管理者養成コース(第4期)
  第一回:2015年7月14日(火曜)~16日(木曜)
  第二回:2015年8月19日(水曜)~21日(金曜)
  第三回:2015年9月28日(月曜)~30日(水曜)
  第四回:2015年10月26日(月曜)~28日(水曜)
  第五回:2015年11月24日(火曜)~26日(木曜)
  第六回:2016年1月25日(月曜)~27日(水曜)

 

 強い工場実現!多能工化の進め方
  第一回:2015年9月1日(火曜)~2日(水曜)
  第二回:2015年10月20日(火曜)

 

 短納期化とリードタイム短縮の実践法
  2015年11月11日(水曜)~13日(金曜)

 

 製造現場改善実践講座
  2016年1月13日(水曜)~15日(金曜)

 

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校三条校 研修担当
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0770 FAX:0256-38-0777
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/