モデルで学ぶ 原価管理とコストダウン

受付終了 研修番号 17-112 場所 直方校
期間 2017年7月3日(月曜)~2017年7月5日(水曜)/3日間 受講料 31,000円 定員 30名
対象 管理者、新任管理者

開催場所

中小企業大学校 直方校

研修のねらい

「結果につながるコストダウン活動」

 国内のみならず、安価な輸入製品等との競争が激化する中、コスト競争に打ち勝つため、製造現場にはさらなるコストダウンが求められています。
 本研修では、原価計算とコストダウンのポイントを学び、自社のコストダウン活動の改善のための実践力を高めるために、製造現場をモデル化した教材を使い、演習を交えて学んでいただきます。

こんな方におすすめ

・工場長や製造部門の責任者・管理者の方
・コストダウン活動に取り組む企業の方
・原価管理の基礎を学びたい方

カリキュラム

月日 時間 科目 内容 講師(敬称略)
7月3日(月曜) 9時10分~
9時30分
開講式・オリエンテーション
9時30分~
12時20分
企業活動と
原価管理
企業経営とお金の流れについて解説し、決算書と原価管理の役割について、演習を交えて学んでいただきます。

・原価の持つ意味
・生産現場におけるコスト管理の重要性
有限会社
ジェイエスティー

代表取締役   
城ヶ崎 豊海
13時20分~
17時30分
コストダウンの
進め方
コストダウンの着眼点や、コストダウンの実施、定着について、事例を示しながら学んでいただきます。

・コストダウンのアプローチ方法
・現場改善とコスト低減のつながり
7月4日(火曜) 9時00分~
12時20分
コストダウン実践
ケースメソッド
モデルケースを使ったグループ演習により、原価計算の実務を習得し、材料費や労務費などのコスト構造を把握し、IE等を活用したコストダウン策の実施とその効果の確認までのサイクルを演習を交えて学んでいただきます。
 
・原価計算と原価管理
・原価計算を用いたコストダウンポイントの抽出方法(演習)
13時20分~
17時30分
7月5日(水曜) 9時00分~
12時20分
自社課題解決
(演習)
講義、演習で理解したコストダウンの知識を使い、自社のコストダウン活動の計画を立案していただきます。

・IE等によるコストダウン手法の使い方
・気をつけたいコストダウンの落とし穴
・自社におけるコストダウン活動の改善(演習)
13時20分~
16時30分
16時30分~
16時40分
終講式

※初日の講義終了後、受講者交流会を予定しています。
※カリキュラムにつきましては、都合により一部変更する場合がございますので予めご了承ください。

講師紹介

城ヶ崎 豊海(じょうがさき とよみ) 有限会社ジェイエスティー 代表取締役

  大手ゼネコンで工事施工管理、品質管理、QS管理、設計変更管理を経て、1991年に(有)ジェイエスティーを設立し、代表取締役に就任。ISO9001/14001、OHSAS18001 システム構築支援なども専門分野としている。特に建設業の現場管理や下請受注が中心の企業に対する営業指導経験も豊富。中小企業大学校直方校では工場管理者養成コースのゼミナール講師も務めている。

宿泊のおすすめ

直方校での研修受講は貴重な社外ネットワーク構築の機会となります。研修に集中して取り組むためにも、当校の寮へのご宿泊をお勧めいたします。

関連コース

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 直方校
〒822-0005 福岡県直方市永満寺1463-2
電話:0949-28-1144
FAX:0949-28-4385
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/nogata/
E-mail:no-kenshu@smrj.go.jp