経営革新へのチャレンジ講座

受付終了 研修番号 15-117 場所 直方校
期間 2015年9月2日(水曜)~2015年9月3日(木曜)/【2日間】 受講料 25,000円 定員 30名
対象 自己革新や経営革新に挑戦したい経営者、経営幹部、管理者、若手リーダー

「感動を生み出す“自立型人材”への飛躍」

開催場所

中小企業大学校直方校

研修のねらい

 企業が永続的に発展し続けるためには、革新的な経営活動に取り組むことによって、今までにない新しい価値・感動を提供し、顧客にとって「あなたがいないと困る」という存在になることが必要です。
そのためには、新しい経営活動の創出に果敢に挑戦する“自立型人材”が組織の先頭に立ち、経営革新のアイデアを明文化し、社内のメンバーと共有化していくことが重要な第一歩となります。
本研修は、経営革新のキーパーソンとなる“自立型人材”へと自己革新を実践していくために必要な考え方や行動などを理解したうえで、具体的な経営革新のビジョンや構想の描き方を学んでいただきます。

カリキュラム

月日 時間 科目 内容 講師(敬称略)
9月2日(水曜) 9時10分~9時30分 開講式・オリエンテーション
9時30分~12時40分 自立型人材の目ざし方 物事を前向きに受け止め、経営革新という高い理想の実現を全力で目ざす“自立型人材”への自己革新を実践していくために必要な考え方や行動などについて、事例を交えて学びます。

○自立型人材の姿勢と生き方
○知識・手法・テクニックより大事なもの
○物事を前向きに受け入れる方法
○エネルギッシュに頑張れるメンタルの強さ
○自立型人材が考える感動と革新
有限会社インタープレフ・マネジメント
代表取締役
宇治川 一清
13時40分~18時00分
9月3日(木曜) 9時00分~12時40分 経営革新のビジョン・構想づくり 自らがリーダーとなって組織をけん引し、夢や感動を提供する革新的な経営活動を実践するためのビジョンや構想を具体的に描く視点や手順について、演習を交えながら学んでいただきます。

○経営革新における自立型人材の役割
○経営活動と「他者支援」の考え方
○顧客を感動させる経営活動とは
○売れない経営から必要とされる経営へのステップ
○革新のイメージを事業化するポイント
○経営革新のビジョンと構想の描き方
13時40分~17時30分
17時30分~17時40分 終講式

※初日の講義終了後、受講者交流会を予定しておりますので、ご参加をお願いいたします。
※カリキュラムは、都合により一部変更する場合がございますので、予めご了承ください。

講師紹介(敬称略)

宇治川 一清 (うじがわ かずきよ)  有限会社インタープレフ・マネジメント 代表取締役
小規模企業のあらゆる問題に対応する総合型コンサルタントとして、全国各地の公的機関で経営者支援を中心に熱血型セミナーを実施中。得意分野は、経営テクニックと自己管理・気分のコントロールの「ハイブリッド」、売れる事業を見抜く「眼力」、社会やお客様の役に立って必要とされる「お客様学」、短時間に事業計画を作り実行する「ワークシート」「プロジェクト10」、広告宣伝手法の「お客様を育てるマーケティング」など。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 直方校
〒822-0005 福岡県直方市永満寺1463-2
電話:0949-28-1144
FAX:0949-28-4385
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/nogata/
E-mail:no-kenshu@smrj.go.jp