直方校たより

直方校たより (第17回) (2017年2月3日掲載)

直方校たよりの第17回目は、おすすめコースとして「ビジネスゲームで学ぶ企業経営」
ご紹介します。

○経営のバランス感覚と意思決定力を磨く!
・経済情勢が激しく変化し続ける中、中小企業が着実に発展していくためには、環境変化の動向を見極め、自社に最適な判断を行うための視点や考え方をしっかり持つことが重要となります。
・特に、経営の舵取りに携わる経営陣にとっては、会社の内外を広く見渡し、今後の進むべき方向性を戦略的に描いていくためのバランス感覚や意思決定力は必須の能力となります。

○是非、本コースをご受講ください!
・皆さんも、企業経営の仕組みや勘所を実践的に体感していただき、自社の経営で改善すべき点や今後のあり方を考えるための具体的なヒントを掴んでみませんか?
・本コースでは、実際の市場原理に基づいたビジネスゲームを通じて、経営活動の全体の流れや戦略的に業績を向上させるための経営判断のポイントについて学んでいただきます。
 
○こんな人におすすめです!(業種は問いません)
・企業経営全体の流れや基本を実践的に体得したい方
・お金の流れを理解して計数感覚を高めたい方
・業績を伸ばすポイントや経営改善のヒントがほしい方
(※本コースは経営者、後継者、経営幹部、管理者、管理者候補などの方が対象です)

○講師のご紹介
 

伊豆田講師

伊豆田 功 (いずた いさお)
株式会社アイムサプライ 代表取締役

 後継者として13年間、商品企画・PB開発から営業、海外共同生産まで、アパレル会社の経営に従事し、2001年に社名と定款を変更、2003年に中小企業診断士を取得し、経営コンサルタント業務を開始する。
経営学と経営経験を活かした独自のスタイルで、流通業のマーケティングや組織開発を中心としたコンサルティング業務と、後継者育成やリーダーシップ能力の向上、大学の講師に至るまで、次世代のリーダー的人材の育成業務を中心に幅広く活躍中。

○伊豆田講師からのコメント
・この研修の特徴は、再現されたリアルなビジネス空間において、対人関係力やリーダーシップ、環境変化への適応力など、ビジネスで成果を上げるために必要な「核となる能力(コンピテンシー)」を測定し、
 一人ひとりに適した課題を明確にできることです。市場原理に則って動くゲームは、運営者でも予期せぬ方向へ向かうことがあります。競合他社の動きが変われば、自社の強みが陳腐化するかもしれません。
 そんなリアルなビジネス空間で、自社の経営資源をマネジメントし、最大の付加価値を上げるべく行動することが試されるビジネスゲームは、利益を獲得する源泉をあぶり出し、今までにない気づきをもたらすでしょう。
 「深いですね」「楽しかったです」「良い意味で疲れました」などなど沢山の声を頂いていますが、最も共通して多い意見は、「自分の強みを活かして何をするべきかが分かった」というものです。
 外部環境が激変し、専門性と多様性がますます高度化する中で、スピード経営に欠かせない「経営者力」を是非この機会に体感し、学んでみてはいかがでしょうか。

○研修の様子(経営管理者養成コース第30期より)

研修の様子
研修の様子

 

 

 

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ・資料請求・御意見

中小企業大学校 直方校
〒822-0005 福岡県直方市永満寺1463-2
電話:0949-28-1144
FAX:0949-28-4385
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/nogata/
E-mail:no-kenshu@smrj.go.jp